Norwegian Black Metal Fest 開催

2016年11月02日 (水) 20:00

|

ローチケHMV - ヘヴィーメタル


 以前に比べれば、ブラック・メタル系の来日公演も決して珍しいものではなくなったが、11月13日(日)の東京を皮切りに、名古屋、大阪で行われる「Norwegian Black Metal Fest」は、一味も二味も違うイベントだ。何しろノルウェーからまとめて3組ものバンドがやって来るのだ!しかもうち2組が初来日である。


 初来日組のうち、Solefaldは地元ヨーロッパでもあまりライブを見ることができないバンドだ。結成は95年にさかのぼるので、経歴自体は20年以上になるのだが、ライブをやった回数はおそらく20年間のトータルで20回程度というカルトぶり。正式なメンバーは2人だけ、元々はスタジオ・プロジェクトであるため、あまりステージに立つことはないのだ。アヴァンギャルド・ブラック・メタルとカテゴライズされる特異なスタイルを持つSolefaldだが、演奏に合わせてアーティストが即興で絵を描くというパフォーマンスを披露するなど、そのステージングも普通ではない。今回見逃すと、再来日どころか、ヨーロッパに出向いても見られるかどうか怪しいというレベルのレアなステージ。アヴァンギャルドな楽曲群を、どのようにライブで再現するのかも見ものだ。一体何人編成で来るのか。ペインターもやって来るのか。どんなステージになるのか、まったく想像もつかない!


 こちらも初来日のKeep of Kalessinは、3組の中で最もブラック・メタル然としたバンドだ。過去にはSatyriconのFrostや、MayhemのAttilaなども在籍していたことがある。途中一度解散しているが、やはり結成を95年に遡るベテランである。凄まじいブラスト・ビートにメロディックなギター、シンフォニックなアレンジ、そして朗々と歌い上げるクリーン・パートが交錯する様は、まさに皆が思い描くノルウェーらしいシンフォニック・ブラック・メタルである。もし彼らの音楽に馴染みがなければ、今のところの最新作、15年発表の『Epistemology』を聴いてみよう。イントロ明け、いきなり9分の大曲のエピックさにノックアウトされること間違い無し。シンフォニック・ブラック・メタルが好きならば、Keep of Kalessinを見逃すのは一生の後悔になりかねない。


 トリを務めるVreidは、これでもうすでに3度目の来日となるので、ステージを見たことがある方も少なくないだろう。90年代終わり頃に大きな話題となったメロディック・ブラック・メタル・バンドWindirを母体として生まれた、やはりメロディックなスタイルのバンドだ。実にノルウェー、北欧らしい寒々しいメロディが、日本人の心を打つ。04年に結成以来、すでにアルバム7枚をリリースという、21世紀基準からすると非常にハイペースな活動をするバンド。ツアーも頻繁に行っており、25か国で500回以上のステージを経験している。前回、前々回の来日で彼らのショウを見た方は、そのクオリティの高さを良くご存じのことと思う。

Vreid最新ビデオ

そしてVreidからは日本のファンへ、ビデオ・メッセージも届いている。

 という訳で、こんな組み合わせのライブ、ヨーロッパでも、地元のノルウェーでもそうそう見られない。まさかノルウェーのブラック・メタル・バンドを3つまとめて見られる日が来るなんて、20世紀には想像もできなかったこと。本当、素晴らしい時代になったものです。皆さん、こんなレアな機会を逃さぬようにしましょう。私ももちろん見に行きます。会場でお会いしましょう。

Norwegian Black Metal Fest
11月13日(日) 東京 渋谷CHELSEA HOTEL
11月14日(月) 名古屋 APOLLO BASE
11月15日(火) 大阪 LIVE HOUSE SOMA
11月16日(水) 東京 吉祥寺CLUB SETA


%%message%%

川嶋未来氏による Vreid インタビュー

【インタビュー】Vreid

先日、初来日した Kalmah のスペシャルゲストとして2度目の来日を果たしたノルウェーのメロディック・ブラックメタル・バンド Vreid のベーシスト、Hvállに SIGH / 川嶋未来氏が行ったインタビュー。

ローチケHMV-ヘヴィーメタル|2016年03月29日 (火) 20:15


このニュースが気に入ったらいいね!をしよう!

ローチケHMVは、国内・国外の厳選した音楽、映像、アニメ、ゲームなどの
エンタメ最新情報をお届します!

Vreidに関するニュース

ローチケHMV最新ニュース

最新ニュース一覧を見る