【インタビュー】ザ・スカタライツ

2016年09月21日 (水) 19:25

|

ローチケHMV - 洋楽


結成50年周年後、初となるアルバム『PLATINUM SKA』をリリースするジャマイカ・ミュージックの至宝、ザ・スカタライツがが東名阪ツアー&朝霧Jam出演のために2年ぶりに来日する。リコ・ロドリゲスやプリンス・バスター等、レゲエ界のレジェンドが次々と天に召される中、若いメンバーのサポートを受けながらオリジネイターとして活動を続けている彼らに話を聞いた。答えてくれたのはキーボードのケン・スチュワートだ。

--- ニューアルバム『PLATINUM SKA』は、西アフリカのマリの伝説のミュージシャン「Assaba Dramé」 と「Madou Sidiki Diabaté」をゲスト・ミュージシャンとして招いてマリの音楽をミックスしていますが、なぜこのような形をとったのですか?

今作は、ニューヨークのいくつかのスタジオ、そして1曲はアルゼンチンでレコーディングしたんだ。ちょうどマリでミックスをする機会があったので、このような形をとったんだよ。ミックスをしてくれたManjulは、2人と同じ地域に住んでいてミックスに興味を持ってくれて参加してくれることになり、アルバムにとても良いスパイスを加えてくれたよ。

--- また、今作はロイド・ニブ(オリジナル・メンバーでドラマー。2011年に死去)の最後のレコーディングセッションを収録しています。レコーディングはどうでしたか?

彼は、1964年からバンドを始めて2011年5月に亡くなる2週間前までライブやレコーディングを行っていた。彼はスカのドラミングのトレンドを作り出し、そしてまた多くの人に知られている"one-drop riddim"を作り出した功績もある。多くのドラマーが彼を知り、彼のドラミングをプレイしてくれることはとても名誉なことだね。

--- リコ・ロドリゲスに捧げる「Requiem for Rico」は、どのように作ったのですか?

彼は、スカのパイオニアで最後までミュージシャンであり続けていた。オレ達は、彼のすべてを愛し、大いにリスペクトすると共に、敬意を払うためにこの曲を作ることを決めたんだ。

--- ドリーン・シェイファーをフィーチャーしたカバーソング「Conside Me」は、どのように選曲したのですか?

オリジナル曲のシンガー、ジェニファー・ララの残した作品があまり多くの人に知れわたっていないから、最近彼女が亡くなった後に、敬意を捧げる意味でこの曲をドリーンが選曲したんだ。

--- 2014年に迎えた50周年はどうでしたか? また、その後の活動も教えてください。

50周年ツアーは、2014年2月の日本ツアーからスタートして、昨年の12月まで行っていたんだ。 いろいろな場所にいって、世界中のファンや友人達と共に祝ってライブを楽しんだよ。そして今は60周年へ向けて伝説を作り続けているんだ。

--- 先日亡くなられたプリンス・バスターとの思い出を教えてください。

彼には"The Voice of The People(人々の声)"というぴったりの呼び名があった。 彼は、一般人の為やストリートにいる人たちの為に音楽をプロデュースしてきたし、ステージ上でもそうでない時でも偉大なエンターテイナーだった。頻繁に彼と共演することはなかったけれど、たくさんのメンバーが彼の曲に参加していたし、アルトサックスのレスター・スターリングは彼の作品のソロのメインとして参加していたから、共演したときはいつもまるでバンドが再結成した感じになったよね。 彼の未発表曲はたくさん存在していると思うので、いつかリリースされることを願っているよ。 ジャマイカンミュージックを発展させた彼の努力は、世界中の人が感じている。彼がいなくなったことは本当に惜しまれるけど、彼の音楽は永遠に生き続けている。

--- 2014年の日本ツアーはどうでしたか?

前回もだけれど、毎回日本ツアーは素晴らしいね。2014年には2月のブルーノート、そして7月のフジロックと2回行ったんだ。2月のツアーでは、大雪に見舞われたにもかかわらずたくさんのファンが来てくれて、楽しんでくれたよ。

--- 最後に日本のファンへメッセージをお願いします。

1989年の初来日から常に日本ツアーをエンジョイしているよ。日本のオーディエンスは最高だし、たくさんの場所で多くのカルチャーも楽しんでいる。日本は、スカを愛しているし、世界中のたくさんのスカミュージシャンが日本を愛している。 実際、リコ・ロドリゲス、ロイド・ニブ、ロイド・ブレヴェット、ローランド・アルフォンソ等たくさんのミュージシャンにとって日本はお気に入りの国だ。 ザ・スカ・フレイムス、デタミネーションズ、東京スカパラダイスオーケストラといった日本のミュージシャンにも敬意を評したい。彼らはスカミュージックを彼らの心と魂で受けて、彼らの伝説をこの音楽で作り出していっている。そして、長年、ザ・スカタライツを日本でサポートしてくれているUKのギャズとジェイソン・メイオールとSMASHには特に感謝を伝えたい。



リリース情報


ザ・スカタライツ『Platinum Ska』
10月2日発売
Lloyd Knibb が生前スカタライツでの最後のレコーディングとなった「Bamako Ska」、Doreen Schaffer をフィーチャーしたロックステディ・ナンバー「Consider Me」のカバー、親愛なるRico Rodriguez に捧げた「Requiem for Rico」など、聴きどころ満載。2014年に迎えた結成50周年記念後、初のアルバム。

ニューアルバム

Platinum Ska

CD

Platinum Ska

Skatalites

価格(税込) : ¥2,484

発売日: 2016年10月02日

購入不可

来日情報




THE SKATALITES JAPAN TOUR 2016
10月5日(水) Umeda CLUB QUATTRO DJ: MASAYA HAYASHI (DRUM & BASS RECORDS)
10月6日(木) Nagoya CLUB QUATTRO DJ: SAL (CHANT DOWN BABYLON)
10月8日(土) Shibuya CLUB QUATTRO スペシャル・ゲスト: THE SKA FLAMES



Camp in 朝霧 Jam
10月8日(土)〜10月9日(日) 静岡県富士宮市朝霧アリーナ
※スカタライツの出演は10月9日(日)



朝霧JAM詳細はこちら

朝霧JAM 出演者全24組&タイムテーブル発表

毎年人気のフェス、朝霧JAMが2016年も開催。海外アーティスト8組を含む出演者全24組&タイムテーブル発表。

ローチケHMV-音楽フェス|2016年09月15日 (木) 11:20

%%message%%


このニュースが気に入ったらいいね!をしよう!

ローチケHMVは、国内・国外の厳選した音楽、映像、アニメ、ゲームなどの
エンタメ最新情報をお届します!

ローチケHMV最新ニュース

最新ニュース一覧を見る