【インタビュー】BLOOD STAIN CHILD / RYU (後編)

2016年09月09日 (金) 22:00

|

ローチケHMV - ヘヴィーメタル

L to R: G.S.R (Guitar), Yakky(Bass), SAIKA (Vocal)
GAMI (Drums), RYU (Guitar, Composer)

新生BLOOD STAIN CHILDが放ったシングル『NEXUS』。昨今はヘヴィなバンド・サウンドにEDM要素を採り入れるバンドも多いが、国内において、その先駆者的存在として、BSCは後続に様々な影響を与えてきた。本作はその音楽性が継承されているのはもちろんだが、新メンバーを迎えたバンドがいかに良好な状態にあるのかが、よくわかる仕上がりと言っていい。作詞作曲を手がけるRYU(g)は、どのような思いで制作に臨んでいたのか。このインタビュー【後編】では、『NEXUS』の全貌を大いに語ってもらった。
――新たなラインナップでの第一弾音源という意味でも注目度の高いシングルですが、タイトル・トラックの「NEXUS」は、どのように生まれた楽曲だったんですか?

RYU:これは最初にMVの構想があったんですよ。クリエイターと一緒に、どういうシーンを入れようかとか、どんな雰囲気にしようかとか、すごく時間をかけて話し合っていたんですね。僕も1から関わっていたんですけど、映像と曲で一つの作品なる、そういうイメージで「NEXUS」という曲を作りましたね。

――今までそういう作り方をしたことはありましたっけ?

RYU:してなかったんですよ。通常はまず曲があって、後からMVを作る感じですからね。今回はホントに映像と同時進行で、クリエイターと意見交換をしているうちに、こういう映像があるんだったら、こんな音を入れたほうがいいとか、こういうスピードにしたほうがいいとか、逆にこういう展開に持っていったほうが、こんな映像を入れやすいだろうなとか、今までとはまた違った作り方になりましたね。

――となると、過去の作品とは異なる手応えを感じているのではないですか?

RYU:そうですね。BSCの持ち味のトランス・メタルであることはもちろんですけど、まずは映像に合うような、スケール感の大きい曲にしなきゃいけないというのは頭の中にあって、印象的なギター・ソロや速いリフ……とにかく、考え得るものを詰め込んだという感じですよね。それにクリーンもシャウトも両方できるSAIKAの魅力も表現したかったので、ヴォーカル・ラインの組み立てに関しては、ライヴでの歌い方も想定して作りましたし。

――いくつか選択肢はあったと思いますが、新生BLOOD STAIN CHILDを表現するにはこの曲だったんでしょうね。トランス・メタルという言葉も出てきましたが、昨今、EDM要素を採り入れるバンドもすごく増えてきていますよね。

RYU:最近はホントに多いですよね。

――そういった傾向については、どのように見えるんでしょう? 早くからエレクトロ要素を採り入れてきたBSCにしてみれば、「今さら?」といった感覚かもしれませんが(笑)。

RYU:いやいや(笑)、そういうネガティヴな思考はないんですけど、流行なんだろうなという思いはあります。僕たちは「FREEDOM」(2007年発表のアルバム『MOZAIQ』収録)の時点で、ある種のエポックメイキング的なことができましたし、もともと流行に乗っかったものではない。BSCは昔も今もこの先も、これだというものを持っているので、他とは違うという自信はありますし、別に気にしてないですね。

――その時々のダンス・ミュージックの音ってありますよね。そういった要素を積極的に採り入れていかないと、いわゆる“最新型”にはなり得ない。作り手としては、そういう悩みも抱えるものなのかなと思うんですよ。

RYU:でもね、逆に流行のときにそれをやっちゃうと、時が経つと古臭くなっちゃうんですよ。たとえば、ある音源を5年経ってから聴いてみると、「こういうの流行ってたね」って印象になってしまう。でも、BSCはBSCのオリジナリティという核を持っていさえすれば、何も問題はない。だから、多分、『IDOLATOR』や『MOZAIQ』を聴いても、古臭いとは感じないと思うんですよ。これからもそういう部分は大切にしていきたいですし、変わらないと思います。

――“先鋭的”であることは、あえて意識するものではないと。

RYU:そうですね。でも、実験的なことはいっぱいやっていきたいですよ。誰もやっていないことをやっていく。それがBSCだなと思いますし、何を言われようが、常に音楽の最先端にいる。音楽に限らず、いつの時代でも、突拍子もないことをやったら、結局、誰かからは何か言われるんですよ。それは全然、構わないし(笑)、僕たちは僕たちの好きなことをやるだけですからね。

――歌詞もすべてRYUくんが書いているようですが、「NEXUS」を筆頭に、このシングルを通して、“光”もしくは“light”が、一つのキーワードなっていますよね。

RYU:各曲それぞれニュアンスは違うんですけど、全体的なコンセプトとしては、現代がディストピア、どこか廃れた世界といったものであって、BSCを応援してくれるみんなと一緒に、明るい未来、“光(light)”を目指して旅立っていこうと。無限に挑戦するじゃないですけど、そういった内容を「NEXUS」「INSIGNIA」「METEOR-LIGHT」の3曲には持たせています。

――それはどの時点で生まれたアイデアだったんですか? というのは、「METEOR-LIGHT」は少なくとも2年前にはライヴでやっているからなんですよ。

RYU:そうですね。実は当時のもののイントロ部分がすごく気に入っていて、この曲を何とか表に出したいという思いはずっとあったんですよ。そこで、今回のリリースに向けて、それ以外の部分はすべて作り替えたんですね。もちろん、歌詞もすべて書き直しているんですが、そういう暗い時代から羽ばたいていこうといったテーマは、初期の頃から常に自分の中であるものなんです。

――先ほど、ディストピアという言葉が出ていましたが、ここ1〜2年、そこに目を向けるミュージシャンがとても多い印象があるんですよ。

RYU:はい。CDが売れないからですかね?(笑)

――それは現実としてあるでしょうけれど(笑)、メタルの世界に限っても、MEGADETHであったり、DREAM THEATERであったり、国内でも浜田麻里さんやNoGoDなども採り上げていましたね。

RYU:特にメタルとかロックって、アンチテーゼ的な部分が多いので、今流行っているものなどに対する気持ちが、必然的に出てくるところがあると思うんですよね。そこがディストピアという言葉につながりやすいんじゃないかなとは思ってます。僕もそうですけど、ファースト(『SILENCE OF NORTHERN HELL』/2002年)の頃は、とにかくメタル以外は音楽じゃないぐらいの気持ちでやってたんで(笑)、直接、メジャー・シーンに対する不満とかそういうものがあったと思うんです。今はまた違った見方もありますけど、さっきも話したように、今回の歌詞には、現実を踏まえながら、さらに上に行くという意味も全体に込められていますね。

――「METEOR-LIGHT」は、改めてどのような曲に仕上げようという狙いだったんですか?

RYU:今までBSCの曲にあまりなかった、ライヴにおいて、お客さんとのやりとりができる曲にしたいというのがまずあって。サビの終わり辺りにある“オーオーオー♪”ってところも、ライヴでお客さんが歌う光景を想像しながら作ってましたね。そういった勢いのある曲、のれる曲、ライヴ映えのする曲にしようと思って。今回もAKI(現在はスタジオワークでの参加となっている、初期からのメンバー)がすごくいい仕事をしてくれて、フューチャー・ベースっていうジャンルをちょっと入れてみたんですね。これによって、すごく新鮮な仕上がりになったなと思います。他の曲との差別化もできていますし。今後もお客さんがライヴで直接参加できる曲はどんどん増やしていきたいですね。

――そういったモチベーションは、やはり今のバンドの雰囲気がすごく影響を及ぼしているんでしょうね。

RYU:そうですね。みんなで盛り上げていくムードなんですよ。これはBSCのずっと持っているライヴのテーマというか、望んでいることなんですけど、バンドがただ演奏して、お客さんが盛り上がって終わるというだけじゃなくて、参加できるエンターテイメントにしたい気持ちがすごく強くて。だから、曲だけに限らず、いろいろ楽しめるものにしていけたらなと考えています。


――それが可能な状態だということですね。「INSIGNIA」はパッと聴いて、BLOOD STAIN CHILDらしい曲だなという第一印象でしたね。

RYU:ありがとうございます。この曲もかなりのハイ・トーンですし、シャウトを含めて、SAIKAのいい部分を全面的に出せる曲にしようと思って作ったんですね。ミドル・テンポから、若干速い感じの曲ではありますけど、すごくライヴ映えするだろうな、絶対に盛り上がるだろうなというのは、わかりますね。

――初期から応援してきた人は、イントロを聴いただけでグッと掴まれるんじゃないかなと思いますよ。

RYU:はい(笑)。今回の3曲プラス1曲は、メロディックな部分をかなり押し出した曲たちではあるんですけど、今後はもっといろいろな曲を……ヴォーカルだけで言っても、シャウトだけの曲もクリーンだけの曲もあるかもしれないし、すでに頭の中にアイデアがたくさんあるんですよ。それは音楽だけではないんです。言ってみれば、ライヴの打ち出し方やヴィジュアル面だったり、MVだったり、誰も予想だにしなかったような(笑)、新鮮で面白いことをどんどんやっていこうという計画はすでにあります。賛否両論になって、また「何やってんだよ?」という声も起こると思いますけど、それもすでにわかっているんです。でも、やるんですよ。常に改革というか(笑)、挑戦をしていきたいと思ってます。

――それこそメンバー全員がRYUくんと同じような衣装を着て、ツイン・テールに……。

RYU:それは実験的じゃなくて破滅的(笑)。まぁ、言っちゃうとネタバレにもなりますけど、ホントにいろんなことを企んでますから(笑)。

――話を戻しましょう(笑)。「INSIGNIA」はヴォーカルも興味深いですよ。このグロウルを耳にするだけで、SAIKAくんが多彩な声を使える人物であることがよくわかる。

RYU:はい。ホントに器用で、高いシャウトを出していたかと思えば、パッと低いシャウトに切り替えたり、グロウルからすっごいハイ・トーンで歌い出したり。どうなってるんだろうなと思うんですよね、彼の喉は(笑)。そこはすごく尊敬するところですね。

――歌詞の書き方が特徴的ですよね。<光findゆくmind>とか、最初に歌詞だけをパッと眺めたときに驚かされましたよ。

RYU:そう。日本語をちょっとわからない感じで織り交ぜたりしてて。今まではずっと英語でやってきてましたけど、日本語の曲もあっていいんじゃないかという考えもあって。ただ、普通に歌うだけでは面白くないので、ちょっと変化球的なもので、それでいて意味も通じるような入れ方をしていこうかなと。その意味では実験的とは言えるんですけども、今後、もっといろいろ出していきたいなと思いますね。

――この織り交ぜ方によって、歌詞に綴られたフレーズが、何か記号的にも見えてくるんですね。

RYU:そうなんです。メカニカルというか、近未来的というか、そういった要素もBSCの持ち味だと思うんですよ。曲だけではなく、歌詞でもそこを表現していきたいなと思っていて。だから、その点で言えば、英語や日本語だけではなく、ロシア語でもドイツ語でも、さらには造語でもいいと思うんですよ。そういうアプローチでも、BSCの世界観をより一層深めていけたらいいなと思ってます。でも、言葉選びにはすごく時間もかかるんですね。さっきの<光findゆくmind>も、一連のものとしてつながってはいて、意味もわかるとは思うんですけど、メロディとの兼ね合いや響きも考えなければならない。今まで以上に歌詞にも注目してもらいたいなと思いますね。

――4曲目の「@EVERYTHING」はこのCDのみに収録されているもので、配信はされていないということですね。

RYU:ボーナス・トラックでもないんですけども、たとえばオートチューンとかをちょっと使ったりして、新しい部分を出せてる曲だなと思いますね。クリーン・ヴォーカルにもすごく高いキーのところがあって、レコーディングのときも、出るか、出ないかのところで頑張ってもらって(笑)。「@EVERYTHING」というタイトルは、人間だけじゃなくて、地球も含めて地球上のすべてのもののために……僕らは地球に、自然に生かされているというか、そういう意味合いも込めて作った曲ですね。

――そのテーマの根源になるものは何だったんですか?

RYU:何かがあったということではないんですけど、僕自身、結構、地球愛的なものを持ってるんですね。動物とか、自然とかがすごく好きですし、忘れちゃいけないものっていうのがあるんだというのをちょっと言いたくて。地球のありがたさを感じろよっていうテーマなんですよ(笑)。

――シングル全体を通じて、ギターもよりメロディを意識した作りになっている気がしますね。

RYU:そうですね。ただ、以前よりもギター・リフと言われる部分が増えたと思うんですよ。そこは意識として最初からあって、なかなかシンセとの兼ね合いが難しかったりするんですけど、これからもどんどんギターが前面に出てくる曲は増えてくると思います。

――なるほど。リフを前面に押し出す分、メロディックな要素が結果的に際立ってくるんですね。ことさらリフに目を向けたのはなぜなんですか?

RYU:今まではコードを鳴らしていたり、ただ刻みを入れている曲は多かったんですけど、ライヴをやっていて、あまりギター・プレイ的に面白くないなって感じてたんですよ(笑)。だから、僕はコンポーザーでもあるんですけど、もうちょっとギタリスト的な視点から面白いものを入れていきたいなと思ってて。

――それがなぜ今のタイミングだったんでしょう?

RYU:特にSOPHIAやKiKi時代はクリーン・ヴォーカルなんで、メロディをより重視しなければいけない。そこにヘヴィで激しいギター・リフまで同時に詰め込んじゃうと、どっちを聴かせたいのかわからなくなりますし。でも、クリーンやシャウトも器用にできるヴォーカルが入ったことで、自由度が増したところはありますね。だからこそ、ギターの攻撃性やテクニカルな部分もどんどん出していきたいなと思えるんです。

――さて、本作に触れればライヴを観たくなると思いますが、現時点で新体制でのライヴは名古屋と大阪の2本のみですね。

RYU:そうですね。実際に2本やってみて、自分たち的にもすごく楽しかったし、お客さんの反応もすごくいいんです。ホントに今まで何だったんだろうって感覚なんですよ(笑)。9月25日には東京(四谷LOTUS)で発売記念ライヴがありますけど、みんなの予想を超えるものになると思います。その後もワンマンだけではなく、対バン形式のものもいくつか決まっていますが、ライヴ活動もどんどん積極的にやっていこうと思ってます。

――それと同時に気になるのは、『epsilon』(2011年)以来となる次のアルバムが、いつ頃リリースされるのかということですよね。

RYU:そうですね。まぁ、あまりにもBSCのリリースが少なすぎるので……みなさんもそう感じているかとは思うんですけど(笑)、レーベルの問題だったりとかもありましたからね。そこは大人の事情で、僕もそういう部分ではストレスを感じてはいたんですよ。でも、これからは短期間にリリースを重ねていって、どんどんBSCの名前を広めていきたいなと思ってます。

 新体制になって不安な人たちもいてるとは思うんですけど、ライヴを観に来てくれれば、カッコいいとしか言いようのないパフォーマンスをお見せできる自信はあるんです。実際に今までにはなかったものが見えてますし。僕たちも新しいスタートですけど、今までのBSCに絶対に負けない布陣でありますので、ぜひぜひご参戦いただいて、これからも応援していただければと思いますし、今回初めて知ったという方とも、新しいBSCの物語を一緒に築けていければなと思います。

取材・文●土屋京輔

【インタビュー前編は こちら

■NEXUS [Official Music Video]

HMV限定特典アリ

NEXUS

CDシングル

NEXUS

BLOOD STAIN CHILD

価格(税込) : ¥1,404

まとめ買い価格(税込) : ¥1,193

会員価格(税込) : ¥1,292

発売日: 2016年09月07日

RYUさんからコメント

BLOOD STAIN CHILD / RYU からコメント

待望のニューシングルを9月7日にリリースする BLOOD STAIN CHILD のギタリスト、RYUさんからコメントを頂きました。

ローチケHMV-ヘヴィーメタル|2016年08月24日 (水) 14:00

%%message%%

アーティスト情報をフォロー


このニュースが気に入ったらいいね!をしよう!

HMV&BOOKS onlineは、国内・国外の厳選した音楽、映像、アニメ、ゲームなどの
エンタメ最新情報をお届します!

BLOOD STAIN CHILDに関するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る