「アイドルと恋をする乙女ゲームではありません」――バンダイの女性向けプロジェクト『ドリフェス!』仕掛け人に直撃

2016年02月22日 (月) 15:00

|

ファミ通 - ゲーム , ファミ通 - アニメ・キャラクター

●本日よりゲームアプリの事前登録がスタート

 子ども向けトレーディングカードなどを展開するバンダイ カード事業部が全8社と共同で展開する、“2.5次元アイドル応援プロジェクト”『ドリフェス!』が、2016年2月より本格始動。同社で『アイカツ!』などを手掛け、『ドリフェス!』でもプロジェクトの中心となるゲームアプリ&カードを統括する原田真史氏と、プロデュースを担当する猿舘修氏にインタビューを実施! 女性のハイターゲット(大人向け)プロジェクトを展開する理由や、『ドリフェス!』プロジェクトの特徴を訊いた。

 また、本日2月22日よりゲームアプリの事前登録が開始されたことを記念して、読者10名に、抽選で『ドリフェス!』特製缶バッジ全6種セットをプレゼント。応募方法などは記事の最後でチェック!


TN4_0735_R

▲写真左:バンダイ カード事業部 デピュティゼネラルマネージャー兼事業開発チーム マネージャー 原田真史氏(文中は原田)
写真右:バンダイ カード事業部 事業開発チーム リーダー 猿舘修氏(文中は猿舘)

[関連記事]
新“2.5次元”男性アイドル応援プロジェクト『ドリフェス!』発足! スマホアプリやCD、イベントなどメディア展開も続々決定
2.5次元アイドル応援プロジェクト『ドリフェス!』内ユニット“DearDream”お披露目! フレッシュすぎるイケメン5人に注目
2.5次元アイドル応援プロジェクト『ドリフェス!』ライブリズムゲームアプリの事前登録がスタート

 インタビューの前に、まずは『ドリフェス!』プロジェクトの軸となる3つの要素をおさらいしておこう。


55efa920ec7fb

◆『ドリフェス!』とは
 『ドリフェス!』は、二次元の男性5人組アイドル“DearDream”と、実際のキャストが連動したプロジェクト。新人アイドルの成長ストーリーが描かれ、10代〜30代の女性をおもなターゲットとして、アプリゲームやCD、グッズ、イベントなど、多彩なメディアで展開予定。ファンは、二次元と三次元をまたいで展開する“2.5次元”アイドルと一丸となり、彼らを一人前のアイドルへと導いていく。バンダイナムコグループにランティス、アミューズ、ビームスなどが参加する全8社共同企画。

【参加企業】バンダイナムコピクチャーズ/バンダイ/バンダイナムコライツマーケティング/ランティス/アミューズ/バンダイナムコエンターテインメント/バンプレスト/ビームス


◆(1)ドリフェス!カード
 プロジェクトのメイン商材は、公式応援アイテムとして2016年春発売予定の“ドリフェス!カード”(通称“ドリカ”)。表面はキャラクターのイラスト、裏面はトップス、ボトムス、シューズなどの衣装が描かれており、ゲームアプリとの連動では、裏面の二次元コードをアプリに登録することで、カードの衣装がゲームに反映。キャラクターの衣装を変更できる、特別な演出が現れるなどの効果を発揮する。ちなみにこの“ドリフェス!カード”はアイドルのブロマイドをイメージしており、サイズも一般のトレーディングカードより大きめ。イラストはすべて新規描き下ろしのキラ仕様で、コレクションカードとしても楽しめる。


DFP01_001DFP01b_001

◆(2)アプリゲーム
 “ドリフェス!カード”の発売に併せ、2016年春配信予定のゲームアプリは“アイドル応援型ライブリズムゲーム”。全楽曲で、3DCGのキャラクターが最大5人で同時にステージパフォーマンスをくり広げる。スコアに応じて特別演出が発生するほか、プレイ回数が増えると新たなエピソードが開放。“ドリフェス!カード”の組み合わせによって、ライブのスコアが変化することもあるという。キャストが歌う楽曲は、すべてランティスが制作したオリジナル。アプリは2月22日より事前登録が受付中だ(詳細はこちら)。


11_アプリ画面
88297

◆(3)キャスト“DearDream”
 作中の新人アイドル“DearDream”のキャストを務めるのは、アミューズ所属の5人の若手タレント、石原壮馬、溝口琢矢、富田健太郎、太田将熙、正木郁。ゲームでは声優を担当し、5人組ユニット“DearDream”として歌やダンスを披露する。3月16日、ランティスよりデビューシングル『NEW STAR EVOLUTION』が発売予定。二次元と連動する“2.5次元ユニット”として活動を行う。詳細は『ドリフェス!』公式サイトへ。


※第3弾PVは2月26日(金)公開予定


●イケメンと恋をする乙女ゲームではありません

TN4_0702_R

――まずはカード事業部が主導で『ドリフェス!』を立ち上げることになった経緯を教えていただけますか。
原田 もともとのきっかけは、2014年秋ごろに行われた社内の企画コンテストで、若手社員が提案した企画から始まりました。カード事業部としてIP(知的財産)を活用した展開をやらせていただいているなかで、二次元コンテンツが好きな女性が多くいることはわかっていたものの、バンダイは子ども向けがメインの会社ですので、なかなか意識的に向かうことができていませんでした。そこで、カード事業部として挑戦しよう、というところから始まった企画です。カード事業部が展開するプロジェクトですので、もちろんカードを商品展開の軸と位置づけました。いかにカードという商品の魅力が伝わる女性向けの世界観を作れるかをチームメンバーと考え、『ドリフェス!』の“アイドルをカードで応援する”という形が生まれたのです。そのなかで、カードは“オフィシャル応援アイテム”という位置づけになります。

――まずは実際のカードありきで、アイドルをテーマにした世界観が生まれたのですね。
原田 女性ユーザーが魅力を感じるキャラクターがいる、カードという商品の魅力が立つ、というふたつのパズルをどう組み合わせるかを突き詰めた結果、男性アイドルになりました。『アイカツ!』はアイドルが自分でカードを使う物語ですが、『ドリフェス!』はカードを使って応援する物語です。実際にアイドルを応援している女性の話を聞くと、見返りを求めているのではなく、純粋にアイドルを応援をしているんですね。たとえば「あの高校のバスケ部にかっこいい男の子がいるから、放課後見にいこう」というような気持ちの延長線上に、アイドルを応援することがあるんだろうな、と。ですので、『ドリフェス!』は男性キャラクターと恋愛をする“乙女ゲーム”ではありません。


●『ドリフェス!』はプロジェクトの広がりを楽しむコンテンツ

TN4_0582_R

――プロジェクト自体は2015年9月に発表されました。発表時の反響はいかがでしたか。
原田 いま多くある女性向けコンテンツは、著名なイラストレーターさんと人気声優さんのふたつの要素から成り立っている作品が多いと思いますが、『ドリフェス!』は“ここからいっしょに応援して、プロジェクトの広がりを楽しんでいこう”というテーマで生まれましたから、完成されたプロジェクトではないんですね。そうは言っても発表の段階では何もプロジェクトが始まっていないので、正直、当初は“カードを使ってアイドルを応援する”という世界観が『アイカツ!』に似てるなどといった点が注目されていました。アプリの事前登録が始まり、カード商品やCDの発売、イベントの開催までは決まっていますから、『ドリフェス!』がやりたかったことが、ようやくここから体感いただけるのではないでしょうか。

――アプリやカードが今春リリースされることを考えると、昨年の発表は少し早いようにも思いましたが。
原田 正直、ちょっと早かったかなと思っています(苦笑)。ですが、出来上がりのものを提供するのではなく、皆さんといっしょに進んでいきましょうというプロジェクトにしたかったのです。アウトプットが追い付かず、結果として具体的な『ドリフェス!』プロジェクトの魅力をお伝えしきれない期間になってしまいましたが、ここからの本格始動にご期待ください。


――プロジェクトに参加する各社とは、どのように話を進めていったのですか。
原田 まず原案として、アニメ『アイカツ!』でシリーズ構成を担当された脚本家の加藤陽一さんと、CGムービーを製作していただくイルカさんと世界観を固めていきました。ただ原案と原作は少し違いますから、作品を“原作”レベルに昇華するにあたり、グループのバンダイナムコピクチャーズさんにお声掛けをしました。このようにグループの力を最大限発揮しつつも、グループだけではできないキャストの部分などを、各社と協力しています。

――原案を原作として具体化し、そのほかに必要な部分で協力を仰いだということですね。
原田 フィクションとリアルがリンクする“2.5次元”というキーワードがありましたから、アパレルのビームスさんや芸能事務所のアミューズさんはパートナーとしてすばらしいのではないか、と。


●おもしろいコンテンツには大きな“嘘”が必要

TN4_0606_R

――昨今、男性アイドルをテーマにした女性向けコンテンツが多く生まれています。原田さんはこの市場をどうご覧になっていますか。
原田 ここ1年で競争率が激しくなったなと感じています。ですが、『ドリフェス!』は恋愛コンテンツではありませんし、バンダイが展開する以上、中高生やハイターゲットはもちろん、親子で応援できるようなアイドルを作ろうという目的が原点にありますので、あまり市場にはとらわれていません。

――それでは、男性アイドルコンテンツ市場における『ドリフェス!』の強みや独自性とはどこにあるのでしょうか。
原田 ターゲットはどうであれ、女の子であろうと男の子であろうと、おもしろいものは誰が見てもおもしろいですから、入口と演出は違えど、きっちりおもしろいものを作れば道は拓けると感じています。自分たちがそれを作れるかは別にして、その思いの強さは負けていません。

――“おもしろい”とひとことに言っても、さまざまなおもしろさがありますよね。
原田 “広義のゲームとしてきちんと成り立っているか”ですね。おもしろい、達成感がある、続きが気になる……というような形になっているかが重要だと思います。
猿舘 ソフト面で言えば、アプリは3DCGのキャラクターがちゃんと歌って踊る点が強みです。実際に行き、自分がその場でライブを楽しんでいるかのように感じていただけるように、ディテールを追求しています。
原田 やはり“2.5次元”を表現するからには、キャラクターがきっちりゲームの中で踊っていることが必要でした。当然、開発費はかかりますが(苦笑)。2.5次元という以上、やるべきことだったと思います。


――加えて、バンダイナムコグループならではのターゲット層の広さも強みであるように感じます。
原田 もちろんそれも強みです。幅広いお客様に触れていただけるチャンスを持っている会社ですので。

――ところで、原田さんが『アイカツ!』で培ったノウハウは『ドリフェス!』にどう活かされているのでしょうか。
原田 よく言われるように、コンテンツにおもしろい要素を入れるには“嘘”をつかなければいけないのですが、大きな“嘘”はひとつにしよう、という点ですね。“嘘”をたくさんつくと、嘘を嘘で埋めなければいけなくなりますし、できあがるものがファンタジーになる。ですが、僕はあまりフルファンタジーが得意ではありません。ですので、世界のなかでひとつ大きな“嘘”をドーンをつくことが重要です。そして“嘘”のまわりをリアルに仕上げることで、共感を呼びやすくなるのではないか、と。

――“嘘”とは具体的にどのようなものですか?
原田 『アイカツ!』で言うと、キャッチコピーにもなった「芸能人はカードが命!」ですね(笑)。一方の『ドリフェス!』では「エールはカードで示すもの」です。
猿舘 このような大きな“嘘”以外はリアルにしていかないと、コスプレになってしまい、“2.5次元”となじまないのではと考えました。


●アイドルの魅力を見せるメディアとしてのアプリ

TN4_0632_R

――さて、“イケメンアイドルを応援する”という『ドリフェス!』のテーマを表現するにあたり、スマートフォン用のゲームアプリという形を採られたのはなぜでしょうか。
原田 女性のハイターゲット向けに展開するにあたり、昨今はアプリ自体がひとつのメディアであり、いちばん強いメディアなのではないかと想定して、アプリとカードの組み合わせで伝えることができないかと考えました。
猿舘 『ドリフェス!』プロジェクトはアプリがメディアミックスの中心にあるプロジェクトで、アプリがメディアの役割を果たす必要がありました。では、そのメディアを介してアピールするIP(知的財産)が何かというと、作中に登場する“DearDream”というユニットです。“IPを好きになってもらうためのアプリ”という役割を考えると、歌番組やバラエティー番組がアイドルの最大のプロモーションであると想定し、曲とそれを見せるライブ、彼らの人となりが見えるストーリー、そして彼らのかっこよさがわかるビジュアルが表現できる形式でなければ、メディアの役割を果たせません。ですので、注目していただきたいのは、ライブシーンがどれくらいしっかり作られていて、彼らの魅力を体現しているかというところ。『ドリフェス!』のアプリは、リズムゲームの間にドリームアピールという時間があります。そこではリズムゲームが一度止まり、プレイヤーに対してアピールをするタイミングがあり、ユーザーをドキッとさせるのです。そういう仕掛けを入れて、キャラクターを少しずつ好きになってもらいたいですね。そのためにリズムゲームと言うジャンルに落とし込みました。


2_アプリ画面3_アプリ画面

――確かに歌やダンス、ストーリーをすべて見せるとすると、ノベルゲームでもアドベンチャーゲームでも何か足りないなと感じますね。
原田 リズムゲームをする、つまりライブに行くと、ファンレベルが上がり、さらに彼らの情報を知ることができます。そこで我々がこだわっているのは、アイドルとは直接しゃべれないという設定です(笑)。あくまでも応援プロジェクトですから、アイドルとの距離が直接的に縮まるわけではありません。これも『ドリフェス!』の特徴です。

――開発状況や、リリース時期を教えていただけますか。
猿舘 メインのリズムゲームは楽しいものができているなと、実機で遊んで見えてきた状況です。いまは全体のプレイサイクルなど、全体を整える段階に入っているところですね。リリースの時期は、春の終わりくらいを予定しています。まずは事前登録をしていただければ。

――プロジェクトの軸となる“ドリフェス!カード”ですが、これはどのような特徴があるのでしょうか。
猿舘 カード1枚1枚が衣装になっており、これをアプリに登録すると、カードの衣装がゲーム内のキャラクターに反映されます。ですので、“好きなアイドルにこの衣装を着せたい”といカードを集めていただいて、その衣装を着せてライブを楽しんでください。それから、『アイカツ!』同様、リアルでのタッチポイントが作れる点が“ドリフェス!カード”の大きな魅力ですね。イベント会場でカードを配布したり、バンダイナムコグループの各事業部で企画している商材にもそれぞれオリジナルのカードをつけたりと、さまざまなタッチポイントを作ることができます。そして、実際のライブでは、カードを振って世界観に浸っていただきたいですね。リアルなカードであることは、デジタルコンテンツよりも絶対にリアリティーを出しやすいと思うんですよ。デジタルだけだと“なりきる”ではなく“鑑賞する”になってしまうと思うので、子どもが変身ベルトでごっこ遊びをするように、没入感を出す演出をしていきたいです。


TN4_0583_R

――カード、アプリに加えて、“DearDream”として実際に活動を行うキャストも『ドリフェス!』の特徴です。彼らの選出のポイントは?
原田 メンバーは、アミューズさん主催のオーディションで選出しました。“いっしょに応援したくなる若手”という意味では申し分ないかな、と。
猿舘 『ドリフェス!』では、キャラクターの歌が出るというレベルではなく、彼らが本当に実在していて、キャラクターが完全連動するところまで持っていきたいのです。それを人気声優さんでやろうとすると、歌って踊れる方が限られますし、いざ応援するときに、すでに人気のある方を応援する気持ちになるかと言われると、必ずしもそうではない。いちばんは“応援”というキーワードですね。そのためには、彼らでなければいけなかったのです。

――最後に、『ドリフェス!』の今後の展開を教えてください。
原田 我々がよかれと思うこと、そしておもしろいと思うことを詰め込んでいるので、あとは皆さんにどう味わっていただくかです。飽きさせることはないプロジェクトだと自負していますので、ぜひ注目していただければ。ぜひTwitterのフォローもお願いします!
猿舘 アプリを楽しんでいただけば、キャラクターや世界観などがおわかりいただけると思いますので、まずはぜひ一度プレイしていただきたいです。CDやイベント、それ以外のメディアミックスでも、「いままでの2.5次元とはちょっと違うぞ」という印象を受けていただけると思うので、さまざまな展開を楽しみにしていただければ。

――ありがとうございました!



●読者プレゼント

 『ドリフェス!』アプリの事前登録開始を記念して、抽選で10名様に特製缶バッジ全6個セットをプレゼント! 賞品を希望の方は、注意事項を確認し、応募フォームに必要事項を記入のうえ、送信ボタンを押してください。

<注意事項>
◎応募期間は2016年2月29日(月)23時59分までとなります。
◎おひとりで複数の応募が可能ですが、賞品の当選はおひとりにつき1回までとさせていただきます。
◎郵便番号、住所、氏名、電話番号、メールアドレス(パソコンのメールアドレスのみ)は必須項目です。 入力漏れや誤入力がある場合は、応募を受け付けられません。
◎当選者の発表は、賞品の発送(2016年3月中旬予定)をもって代えさせていただきます。
◎賞品の発送先は日本国内に限らせていただきます。
◎賞品を譲渡(転売、オークション出品を含む)しないことが応募・当選の条件となります。譲渡が明らかになった場合、当選は取り消され賞品をお返しいただく場合があります。
◎ご応募に際しご提供いただいた個人情報につきましては、弊社のプライバシーポリシーの定めるところにより取り扱わせていただきます。


kan_dammy_1kan_dammy_2kan_dammy_3
kan_dammy_4kan_dammy_5kan_dammy_6
■応募フォーム
賞品
郵便番号
住所
氏名
年齢
性別
男 女
電話番号
メールアドレス
ファミ通.comへのご意見など
このプレゼント情報をどこで知りましたか?


(C)BNP/BANDAI, DF PROJECT
※画面は開発中のものです。

このニュースが気に入ったらいいね!をしよう!

ローチケHMVは、国内・国外の厳選した音楽、映像、アニメ、ゲームなどの
エンタメ最新情報をお届します!

ローチケHMV最新ニュース

最新ニュース一覧を見る