蝶野正洋『ガルパン』を語る

2015年11月20日 (金) 14:00

|

ローチケHMV - アニメ・キャラクター , ローチケHMV - 映画・TV

いよいよ11月21日(土)公開となる『ガールズ&パンツァー 劇場版』。その公開に先駆けての11月19日、都内某所にて関係者向け試写会が開催された。本編上映終了後には、招待者とともに客席で観覧していた"ガルパン応援大使"プロレスラー・蝶野正洋が登壇した舞台挨拶が行われ、劇場版の感想を語った。


――劇場版をご覧になっていかがでしたか?

実は大洗でこの『ガールズ&パンツァー』さんと繋がったんですけれども、今日この劇場版を見てさらにハマりました!最後のほうはもう思わず拍手をするほど素晴らしかったです。やっぱり設定が奇抜な作品なんで、最初のほうは「何なんだろう?」って部分もあったんですが、そんなの途中から吹っ飛びました。

劇場版はやっぱり迫力が違いますね!これはさらに戦車マニアになってしまいそうです(笑)。どの戦車が一番強いんだろう…小さいときにプラモデルを作って庭や公園で遊んでいたことを思い出しましたし、それがもっとリアルに描写されていてすごかったです。

今日の試写会が始まる前に、制作関係の方にちょっと話を聞いていたんですけれど、300名以上のスタッフが2年かけて作った作品とのことで、アニメーションの世界のすごさ、大変さを感じながら見ていましたが…何というか説明できない、見ないとわからない世界ですねこれは。

この間、大洗のあんこう祭りで初めて『ガルパン』さんと組ませてもらって参加したんですけれど、どちらかというと自分に近い世代の人たちがいっぱい居て「こいつら何やってるんだ!?」と思っていたんですけれど、今日の劇場版を見て、自分も見方が変わりましたね。この迫力といい、時折のコミカルさといい、すべてが詰まっている感じです。良いものを見たり、良いものを食べたりしたときの説明不要の満足感というか。もしこの劇場版から『ガルパン』を見始めるっていう人がいたら、もう離れられなくなるくらいのインパクトがあると思いますね。

――改めて大洗の町の様子やガルパンファンに関してどのような印象を持ちましたか?

あれだけの人が集まって、そして皆さんがものすごく礼儀正しい方々でびっくりしました。もう本当に圧倒的に男性が多くてね(笑)。「お前ら何やってんだ!」って一言言いたかったんですけれど、これはまぁしょうがない!やっぱり男はね、乗り物…戦車はもちろん、車とかもそうですかね、そういったものの機能性とかに惹かれるものなんでしょうね。

ガルパンファンの皆さんは、本当にマナーの良い方々ばかりで、ちゃんと普段からお仕事をされている皆さん、といった印象ですね。この『ガルパン』という番組は深夜に放送されていたそうで、真面目に仕事をしている皆さんが帰宅してからのリフレッシュになっていたんでしょうね。プロレスファンもそういう方々が多いんですけれども、真面目に何かに打ち込んでいる人は、好きなものに対しても真面目で熱心なんですよね。次に自分がイベントに出るときは彼らをもっと弾けさせたいですね!みんながひっくり返るくらい叫ばせたいです。

――TVシリーズ、劇場版とご覧になって、『ガールズ&パンツァー』という作品全体についてどのようなお考えをお持ちですか?

ひとことで言うと「何だこりゃ!?」って感じですよね。もうわけわからないうちに引っ張りこまれちゃったんですけれど、見終わったあとには思わず拍手をしてしまっている。最初は「こんなに大洗の町を壊して回って、大洗の人たちから文句言われないのかな?」みたいに見ていたりもしたんですけど、そういうのを通り越して引きずり込まれたというか…この面白さは女性にわかるのかなぁ?男は見たら絶対にハマると思うんですが。戦車であったり勝負であったり友情であったり、いろんなものがすべて入ってますよね。その熱さに飲み込まれてしまいました!

――今回のご縁もありまして「ガールズ&パンツァー タンソンミニアルバム」に参加いただきましたが、その感想をお聞かせください。

このアルバムのCM撮影では1/1の戦車模型と共演させていただきまして、その大きさにびっくりしました。これを所有している人がいるなんて、世の中にはまだまだクレイジーな奴がいっぱいいるんだなと思いました。歌のほうはねぇ…(笑)。自分、音楽とか得意じゃないし最初「無理です!」って言ったんですけれど、「現代には素晴らしい編集テクニックがある」と騙されまして(笑)。素晴らしい音楽になっていると思いますので、是非聴いてみていただきたいなと思います!

――最後にお集まりの皆さんへ向けてメッセージを一言よろしくお願いいたします。

いよいよ明日前夜祭、明後日公開ということで、『ガールズ&パンツァー 劇場版』本当に長い時間をかけてのスタートなります。まずは見てもらえれば、そのすごさが分かる世界だと思いますので、みんな友達に、なるべく多くの野郎たちに声をかけて、全国77ヶ所、見に来ていただければと思います。ここに居る皆さんはガルパン仲間ですから、周りのみんなに見に行くよう宣伝して、仲間を10倍20倍30倍と増やしていきましょう!よろしくお願いいたします!!



『ガールズ&パンツァー 劇場版』2015年11月21日(土)全国ロードショー



【本予告映像】



【あらすじ】


大洗女子学園、決断の時―
新たな試合(たたかい)が始まる!

学校の存続を懸けた第63回戦車道全国高校生大会を優勝で終え、平穏な日常が戻ってきた大洗女子学園。ある日、大洗町でエキシビジョンマッチが開催されることに。大洗女子学園と知波単学園の混成チームと対戦するのは、聖グロリアーナ女学院とプラウダ高校の混成チーム。今やすっかり大洗町の人気者となった大洗女子学園戦車道チームに町民から熱い声援が送られた。

戦いを通じて友情が芽生えた選手たち。試合が終われば一緒に温泉に浸かり、お喋りに華が咲く。そんな時、生徒会長の角谷杏が「急用」で学園艦に呼び戻される。いぶかしがる大洗女子のメンバーたち。果たして「急用」とは…?

【スタッフ】


・監督:水島努
・脚本:吉田玲子
・考証・スーパーバイザー:鈴木貴昭
・キャラクター原案:島田フミカネ
・キャラクターデザイン/総作画監督:杉本功
・キャラクター原案協力:野上武志
・ミリタリーワークス:伊藤岳史
・プロップデザイン:竹上貴雄・小倉典子・牧内ももこ・鈴木勘太
・モデリング原案:原田啓至
・モデリング原案:Arkpilot
・3D監督:柳野啓一郎
・音響監督:岩浪美和
・音響効果:小山恭生
・音楽:浜口史郎
・3DCGI:グラフィニカ
・アニメーション制作:アクタス
・製作:「ガールズ&パンツァー劇場版」製作委員会
・配給:ショウゲート

【キャスト】


・西住みほ:渕上 舞
・武部沙織:茅野愛衣
・五十鈴 華:尾崎真実
・秋山優花里:中上育実
・冷泉麻子:井口裕香
・角谷 杏:福圓美里
・小山柚子:高橋美佳子
・河嶋 桃:植田佳奈
・磯辺典子:菊地美香
・近藤妙子:吉岡麻耶
・河西 忍:桐村まり
・佐々木あけび:中村 桜
・カエサル:仙台エリ
・エルヴィン:森谷里美
・左衛門佐:井上優佳
・おりょう:大橋歩夕
・澤 梓:竹内仁美
・山郷あゆみ:中里 望
・丸山紗希:小松未可子
・阪口桂利奈:多田このみ
・宇津木優季:山岡ゆり
・大野あや:秋奈
・園みどり子:井澤詩織
・ナカジマ:山本希望
・ねこにゃー:葉山いくみ
 他

【関連サイト】


『ガールズ&パンツァー』公式サイト
http://girls-und-panzer.jp/
『ガールズ&パンツァー』公式Twitterアカウント
https://twitter.com/garupan

【関連商品】


ローチケHMVレコメンド

『ガールズ&パンツァー』タンソンミニアルバム

CD

『ガールズ&パンツァー』タンソンミニアルバム

ガールズ&パンツァー

価格(税込) : ¥2,376

まとめ買い価格(税込) : ¥2,020

会員価格(税込) : ¥2,186

発売日: 2015年12月02日




©GIRLS und PANZER Film Projekt

このニュースが気に入ったらいいね!をしよう!

ローチケHMVは、国内・国外の厳選した音楽、映像、アニメ、ゲームなどの
エンタメ最新情報をお届します!

ローチケHMV最新ニュース

最新ニュース一覧を見る