トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > ジャパニーズポップス > インディーズ > 【インタビュー】土生 “TICO” 剛 (Little Tempo)

【インタビュー】土生 “TICO” 剛 (Little Tempo)

2009年9月1日 (火)


tico

     
   
 

リトテンのワイワイ祭りスペシャルが!

昨年の8 月、リトルテンポの結成15 周年を記念して行われた『真夏のワイワイ祭りスペシャル!』がDVD+CDで蘇る!その発売を記念してTICOさんにインタビュー!
TICOさんのインタビューは今回で2回目。前回同様、今回も吉祥寺でTICOさんと落ち合い、“どこでやろっか?”なんて場所も決めずに吉祥寺をブラリ。そして井の頭公園そばのネコが番をするカフェにゆるりと決定。TICOさんの放つゆるりとしたヴァイブにやられながら、ゆるりとインタビューをしてきました。
そしてまずはTICOさんからの業務連絡!第二回 ワイワイ祭りスペシャルに参加される方は(特に女子!)必ず浴衣で!(マジですよ!)
それではインタビューをお読み下さい!

オフィシャルサイトはコチラ
 
   

インタビュー 土生 “TICO” 剛 

■もりやんはロック!(笑)で、必然的によっちゃんもロック(笑)

HMVまずは、DVDの発売おめでとうございます!

土生 “TICO” 剛  (以下TICO) : ありがとうございます。

HMV(昨年)結成15周年のイベントということで開催されたのですが、元々これをやろうと思ったきっかけは何ですか?

TICO : きっかけは、もりやん(EGO-WRAPPN’ 森雅樹)と浅草合コンしていて(笑)「やろうか」って。「宴もたけなわなんで」って。そんな感じですかね?

HMVユルい感じで(笑) ユルーい感じの中で盛り上がってきて…って感じなんですね。

TICO : 野音とかって俺らからすると敷居が高いっていうか…取るのも難しいし。で、ちょうどその時にEGOのマネージャーと仲良くしてて、彼が野音を取ってきてくれて。そういう経緯があってやろうかって。本当に構想とか全然なくて、バカ話してたらそうなってしまったみたいのがあって…で、あーだこーだ言っているうちにみんな集まってきてくれて。

HMVその話が一番最初に出たのは、どれくらいのタイミングだったんですか?

TICO : どれぐらいだろう… 覚えてないっすね、ぶっちゃけ(笑) その浅草合コンだったんじゃないかっていう、俺の推測ですね。

HMVそこからいったんじゃないかっていう(笑)

TICO : なんかうまくいったんですよね。15周年っていうのはあったんですよね、元々。15周年っていう意識はあって。野音どうのこうのじゃなくて。

HMV 15周年だからなんかやろうか、っていう話だったんですね。その時はメンバーも全然決まってないですよね?

TICO : 決まってないですね。

HMVメンバーとかってどういうふうに選んでいったんですか?

TICO : まず、もりやんはミーティングがあったから…

HMVもう絶対って感じで(笑)

TICO : 「お前はロック!」みたいな(笑) で、必然的によっちゃん(EGO-WRAPPIN’ 中納良恵)もロック(笑)あとは繋がってる人?俺らの周りの地元の人とか… そんな感じっすねー。選んだっていう感覚は別になくて、自然にそうなっちゃったみたいな。

HMV「じゃあ、あいつも呼ぼうよ」みたいな感じで、どんどん増えていった?

TICO : そうだねー。で、TAN TAN(EDDIE "TAN TAN" THORNTON )がたまたま日本に来てるタイミングで…

HMVその前のフジロックにも来てたんですよね。

TICO : COOL WISE MENのセッションかなんかで来てて…で、ちょうどそこ空いてるっていうから、じゃあTAN TANに直接言って。

HMV去年TAN TANの名前をCOOL WISE MENだったりいろんなところで見たので、日本に住んでるんじゃないかなーって(笑) それにしても、豪華なメンバーですよね!

TICO : 良かったよね!

■構成は紙に書くとかそういう弱い精神力ではなく(笑)俺が全部叩きこんで(笑)

HMV曲を決めていくのもそれぞれのバンドだったり、出てくれたメンバーと話しながら決まっていった感じですか?

TICO : とりあえず会合が必ずありますね(笑) 電話ではできないという。会って話をして。

HMVそうやって話が盛り上がると、やることが1日じゃ収まらないってことになってくるじゃないですか。

TICO : オールナイトくらいでやりたい感じだけど…マジで!

HMV(笑)すごいっすね! それもう、出ずっぱりじゃないですか!

TICO : 出ずっぱりですよ。

HMVDVDがリハの風景から入ってたんですけど、すごい良い感じっぽくて… あの時はどういう感じだったんですか?

TICO : あの時はね… なんか、あんまり考えてなかったですね。

HMVその時は1日の構成はある程度決まってたんですか?

TICO : 一応、俺の頭の中にはバッチリ入ってて…

HMV紙とかあるわけでもなく(笑)

TICO :俺に頼ってる(笑) (紙に書くという)そういう弱い精神力ではなく(笑) 俺が全部叩きこんでて、間違ったら間違ったで…そんな感じでした(笑)

HMV他の人はなんとなくわかってる感じなんですよね?

TICO :一応みんなわかってるんだけど、保険でこう…構成表置いたりとか。チョロチョロやってましたよ(笑)

HMV弱い精神力っていうのが(笑)

TICO :DVDとかって作ろうと思って映像撮っていた訳じゃなくて、記録としてなんかあったらいいかなって思ってて。で、俺の友達とかも撮ってくれてたりして。結局それも良かったかなって。お金かけてカメラをガンガン入れてないし、ハンディカムで撮るっていうのも。ただ、撮ってるネタが少ない中で「誰が編集するんだよ」みたいになっちゃって(笑) 知り合いの担当がいたから、丸投げで(笑)

HMV大学時代の友達の方って聞きました。

TICO :そうですね。ちょうど今映画やってたりしてて。

HMVずっとお付き合いがあって依頼したんですか?

TICO : しばらく間が空いてたりしてたことはあったけど、何だか知らないけど縁で。最近も一緒に仕事するようになったりとか。逆に向こうから丸投げされたりすることもあったので(笑) 当然こっちも(笑) 有無を言わせない。

■盆踊りにライブがくっついてるようなやつがやりたい

HMVそして、ライブがスタートして雨だったじゃないですか。初めリハーサルのときは雨降ってなかったですよね?

TICO :まぁ、チョロチョロ降ってたけど、最初開場した時はザーッと降ってて…ま、それも伝説の呼び声高いシチュエーションだったので(笑) ちょっと感電でもしてやろうかなと思って(笑)

HMVそうですね!(笑) 完全に伝説ですよ!! …お客さんも雨とか関係ないですもんね。

TICO :そうですね。逆に雨がすごい印象に残って…

HMVDVDにも良い感じで雨が映ってましたよね。

TICO :結局後半晴れてるっていう流れがあって。

HMVそこで、言っちゃいますけど… 「Over The Rainbow」がかかって。

TICO :ね。これはきちゃいましたね。「出来過ぎ」みたいな(笑)

HMV本当ですよ!なんかやりました?って感じで!絶対アガリますからね。そういうのがあると。

TICO :なんか…本当にそういうふうになってたのかなって。演出とかじゃないもんね。

HMVさすがにそこは出来ないところですもんね。その瞬間、お客さんはどういう感じでした?

TICO :もう目が真っ赤でしたね(笑) 瞳孔開いてた。全員(笑) …でも、雨が上がったときは合羽脱いで「ええじゃないか」状態。

HMVなんか、日本の祭り感みたいなものがすごいありましたよね。

TICO :ね。ありそうでないもんね。盆踊りは盆踊りで、フェスはフェスで。なんか、一緒になっちゃったら楽しいよね。

HMV最初からコンセプト的にはあったんですか?

TICO :盆踊りにライブがくっついてるようなやつがやりたいっつって… 本当は屋台とかたくさん出したかったんですよ。

HMVあぁ〜!縁日みたいな感じで!

TICO :でも、あそこはなかなかそれが出来ないから…

HMVDVDで観ると、EGO-WRAPPIN’が出た時はもうすごい盛り上がりになっていたのですが、TAN TANとICCHIEさんが出てきたあたりでブチ上がり状態になっていたんですけど… 会場の雰囲気はどんなものでしたか?

TICO :なんか最初はみんな雨に打たれて弱くなってるというか…

HMV軽く凹んじゃってる的な…

TICO :なんかこう、「ダメじゃないの?」みたいな。なんだけど、それが徐々に開放されていく時間軸の流れがあって… それを感じましたね。だんだん振り切っていくっていうか…

HMV「ここまで濡れたら大丈夫じゃねえか?」って感じの。

TICO :そうそうそう。「濡れてナンボでしょ〜」みたいな(笑) そういう部分も楽しめないとね、やっぱり外でやってる意味がないし。そこで雨が降っちゃったからダメみたいな、そういう弱い精神じゃダメだぞっていう。俺は言いたい(笑)

HMVでもお客さん全員、最終的には強い精神力持ってましたよね。

TICO :ほんと、良かったっすよ〜

HMV映像で観たらすごいですよね。すごい盛り上がってた。 最後に出演者の皆さんが入り乱れて大セッションを行うわけですが、あれで終わりなのかな?と思ったら次に「東京ドドンパ娘」が入るわけじゃないですか。あれも初めに言っていた日本の盆踊りのような要素を考えて、あの選曲にしたんですか?

TICO :まぁ、選曲はなんかね… 別に考えて考えてっていう感じじゃなくて。よっちゃんとPUSHIMとマイちゃん(LIKKLE MAI)3人並ばせて歌わせたいなっていうのがあって。で、レゲエのカヴァーだとちょっと惜しいかな、と思って。もっとピンとくるやつないかなと思って。…ドドンパ娘しかないでしょう!っていう。

HMVあの3人が歌っているのはスゴいと思います!他じゃ観れないですもんね。

TICO :打ち上げもすごかったですよ(笑)

HMV 打ち上げ気になりますね(笑) …時間ってどれくらいやってたんですか?

TICO :4時間くらいやってましたね。オープンからケツまで言うと。

■本当に人と人との繋がりっすよね。それだけ(笑)。

HMV 終わった後の楽屋で…ステージ裏のカメラが入っているのを観たのですが、あれもすごくいいですよね。みんな握手とかしてて。

TICO :みんな、ほんとアガッってたからねー。

HMV 本当にハッピーですよね。そのまま打ち上げに流れていったんですか?

TICO :そのまま打ち上げに行って… 打ち上げゆるかったですよ。小さい座敷みたいなところにみんなで入って。よっちゃんやPUSHIMもマイちゃんもみんな並んでて。

HMV へぇー!!

TICO :なかなかあっちに入っていけない!みたいな(笑)その横でTAN TANがギャルを口説いてみたいな。そういう良いシーンもあります(笑)

HMV その映像欲しかったですねー!(笑)

TICO :結局最後カラオケ行って。

HMV えぇっ、それすごいなぁ!…皆さん、どんな歌を歌うんですか?

TICO :その時はね…何歌ってたかなぁ。 その時チエコちゃん(CHIEKO BEAUTY)も来てて。「赤いスイートピー」歌ってた(笑)

HMV それは聴いてみたいなぁ…(惜)

TICO :でしょ?…それは映像ないっすよ、さすがに(笑)

HMV 土生さん、何を歌ったんですか?

TICO :俺、何かなぁ… テレサ・テンかな? たぶん「時の流れに身をまかせ」だと思うんですけど。それか「つぐない」(笑)

HMV おお!キラーチューンですね!!(笑)

TICO :2曲歌った気がする。

HMV 本当、最後の最後まで最高ですね!これを終えた感想ってどんなかんじでした?

TICO :いや〜なんかほっとしたっていうか、嬉しいっていうか。とりあえず笑ってるだけみたいな(笑)。みんなそうでしたよ。

HMV とは言え、やってるほうは大変じゃないですか?

TICO :でも練習もけっこうしたし、当日そんなこと言ってらんないから、もうやるだけ(笑)。

HMV そういう思いがなかったら、2回目やろうとは思わないですよね。

TICO :うん。一回やって味しめたからね(笑)。自分達でイベントやって、のっかてるだけじゃ他と同じだから、夏はコレを定着させて。毎回野音じゃなくてもいいと思うんですけど、続けていきたいなと思って。

HMV こういうイベントって、誰でもできるというわけじゃないと思うんですよね。出演者がみんな繋がってるのに、やってることはみんな違う。しかも一緒に演奏できるっていうのはリトルテンポならではだなっていうのを強く感じますね。

TICO :まあ、本当に人と人との繋がりっすよね。それだけ(笑)。

HMV そうですね。狭いシーンだけでやってるわけじゃなく、それぞれが独自に活躍している、で実は繋がっているっていうのはいいですよね。観るほうも楽しいですしね。そして今年は晴れますかね?(笑)

TICO :ねえ(笑)?台風じゃないですかね笑)?

HMV 去年よりどしゃ降り(笑)?それでも、なんかいいような感じですよね(笑)。

TICO :恒例のみたいなね(笑)。

HMV そもそも、色んなアーティストを集めてイベントみたいなのをやりたいっていうのは、結構昔から考えてたんですか?

TICO :いや〜こんなのは全然想像してなくって、クリスマスにやってるような、ちょっとゲスト呼んで、リトテンやって、ハウスバンドやってみたいなのは考えたんですけど。ここまでのは考えてなかったですね。これは本当に自然になっちゃったていうか、当初もこんなこと全然考えてなかったし。

HMV これはぜひ続けて欲しいですね。では最後に第二回に向けての締めの一言をお願いします!

TICO :みんな浴衣を着て遊ぼう!

HMV (笑)どうもありがとうございました! 

 

リトテン NEW DVD

結成15周年「真夏のワイワイ祭りスペシャル!!」at 東京 日比谷野外音楽堂
『結成15周年「真夏のワイワイ祭りスペシャル!!」at 東京 日比谷野外音楽堂 』
Little Tempo

超豪華ゲスト陣が次々と登場するリトルテンポライブDVD+CD 登場!!! GUEST MUSICIAN 総勢13 名以上!!! 昨年リリースしたCD「山と海」は、「リミックス」、「RIDDIM」、「EYESCREAM」等の年間ベスト・アルバムに選ばれ、ライブ活動でも全国10 箇所のフェスに出演するなど人気・評価とも只今絶好調のリトテルテンポ!! リトルテンポのレーベル< Sunshine Records >からの第3 弾となるリリース!!昨年の8 月、リトルテンポの結成15 周年を記念して行われた『真夏のワイワイ祭りスペシャル!』@日比谷野外大音楽堂のDVD 映像(1 時間30 分) + CD( その時のライブ音源3 曲) を収録した、超お得盤。
よくあるフェスとは違うのは、総勢13 名以上に及ぶゲスト・ミュージシャンが、この日の為の楽曲でリトルテンポと一緒に演奏( 共演) するという!!超豪華、絶対ここでしか見る事ができない、考えられない最高のメンツ!アドレナリン出まくりのシーン続出の、一生の思い出となる瞬間!奇跡の一夜をDVD + CD 化!!

Feauture Item

山と海
『山と海』
Little Tempo



Sunrise
『Sunrise』
Sunshine Love Steel Orchestra


LIVE INFO

豪華絢爛!夢の共演目白押し!あの感動が蘇る!!
リトルテンポ Presents
第二回 ワイワイ祭りスペシャル

出演:LITTLE TEMPO

共演ゲスト:
EGO-WRAPPIN' (中納良恵、森雅樹)
ゴンチチ
こだま和文 (DUB STATION)
松竹谷清
icchie (ex. DETERMINATIONS)
大野由美子 (Buffalo Daughter /Sunshine Love Steel Orchestra)
PJ (Dubsensemania)
RANKIN TAXI
Kenji Suzuki A.K.A. Kenji Jammer

DJ : HIKARU (Blast Head)

※追加スペシャルゲスト有り

リトルテンポとゲスト・ミュージシャンが創り上げる極上の音 楽空間。
絶対ここでしか見る事ができない、一日限りのスペシャル・セ ッション!
歌って踊って楽しいほんとにピュアな音楽祭り!!

日時:9月13日(日曜日) ※雨天決行

会場:日比谷野外大音楽堂

開場:15:00 / 開演:16:00

前売券:自由席 ¥4,000(整理番号付)
※6歳未満入場無料

チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード: 330-920)
ローソンチケット0570-084-003 (Lコード:73044)
CNプレイガイド 0570-08-9999
e+(イープラス) http://eplus.jp

お問い合わせ:サンライズプロモーション東京TEL 0570-00-3337
Info:www.littletempo.com