押忍!パンク道場〜第47回

2009年7月16日 (木)

 
『オスパン』


音楽 ロック&ポップス 押忍!パンク道場トップ 押忍!パンク道場 第47回

 

押忍! 第47回〜 MAROON新作!!! BLOODAXE FESTIVAL 2009こそ夏フェス決定版!!! 特集

Text by Dr Doom
DOOM PATROL FOUNDATION

BLOODAXEって何? BLOODAXE FESTIVALって何??

まずBLOODAXEとは何か。
その昔、90年代後半の頃のことです。State Craft (現Loyal To The Graveのメンバーが在籍していたバンド) を中心に隆盛を極めた東京のニュースクール・ハードコア激震地、杉並区つまりは郵便番号168エリアで始まったディストロ (通販) なのでございます。マニアックなCD、レコード、デモ・テープなどの在庫を抱え、カタログをDIYで印刷し (当時はインターネットが普及していない時代なので)、アンダーグラウンドな客層のハートをガッチリ掴んでおりました。 

ディストロから始まったBLOODAXEは徐々に様々な活動を始めます。BLOODAXE FESTIVALは当初、日本のバンドのみの企画だったのですが、00年にはアメリカはネバダ州リノのFall Silentを、その後はイタリアのReprisal、xDestroy Babylonxや、アメリカはテキサスのDie Youngなど、ことごとくマニアックなハードコア・バンドをDIYで招聘し、次第に勢力を伸ばして行ったのです。 やがてディストロとしての機能は、現在のRETRIBUTION NETWORK (http://retribution.ocnk.net) に継承され、07、08年にはジャーマン・メタル/ハードコアの顔とも言えるHeaven Shall Burn、Caliban、そしてアメリカはインディアナポリスのRisenを立て続けに呼び寄せます。イベントの勢いは興行面にも現れており、チケットは必ずソールドアウト。こうしてBLOODAXE FESTIVALは、コアなファンの間で夏のイベント、否、夏フェスとして確固たる地位を確立したのです!

というわけで今回の『押忍! パンク道場』では、今年行われるBLOODAXE FESTIVALに照準を合わせて特集しちゃいます。
東京、大阪と2公演を行い、招集される海外バンドは3バンド! アメリカのThe Acacia Strain、ドイツのMaroon、そしてアメリカのBishopが来ちゃいます。それに加えて、国内からはLoyal To The Graveを筆頭に、東京では8バンド、大阪では5バンドが、海外勢を迎え撃つ形になります。 日本盤がリリースされていないようなマニアックなバンドを毎年呼んでくれちゃうところがこの夏フェスの醍醐味。ではこれをきっかけに、それぞれのバンドの音源を今から予習してみましょう!

『Acacia Strain』 【BLOODAXE FESTIVAL 2009】

●8月29日(土)@東京 渋谷 CLUB ASIA
THE ACACIA STRAIN (US/PROSTHETIC RECORDS)
MAROON (GER/CENTURY MEDIA RECORDS)
BISHOP (US/DEAD TRUTH RECORDINGS)
LOYAL TO THE GRAVE/BIRTHPLACE/CRYSTAL LAKE/THE TRUE PATH/CANOPUS/GENESIS/DOGGY HOODS/BREAK YOUR FIST/AS WE LET GO

●8月30日(日)@大阪 心斎橋 SUNHALL
THE ACACIA STRAIN (US/PROSTHETIC RECORDS)
MAROON (GER/CENTURY MEDIA RECORDS)
BISHOP (US/DEAD TRUTH RECORDINGS)
LOYAL TO THE GRAVE/AT ONE STROKE/EXTINGUISH THE FIRE/BLOOD CALLS WE DIE/B.D. UNION/GATES OF HOPELESS/DJ 顕-AKIRA(激ロック)
INFO:
www.myspace.com/bloodaxefes 
www.loyaltothegrave.com
www.retribution.ocnk.net

 

出演バンド!

The Acacia Strain

『Acacia Strain』 アメリカはマサチューセッツ州のブルータル・ハードコア・バンドです。ダルダルのダウン・チューニングのギターにウルトラ・モッシーなビートダウンをカマしまくり、死ぬほどヘヴィーなサウンドなんですが、PVなどで垣間見れるメンバーのキャラクターはかなりおバカでファニー。
音も人間もガチガチのバンドとは違って、その辺のギャップに完全にヤラれちまうわけです。

Myspace



  • Acacia Strain

    『Continent』

    最新4thアルバム。前作で築いた路線をさらに押し進め、これ以上ないくらいヘヴィー。チューニングを落とし、ビートも落とし、ある意味ストイックな美学を感じます。

  • Acacia Strain

    『Dead Walk』

    MAメタルなフレイヴァーをかなぐり捨てて、徹底的にブルータルな方向へ向かった3rdアルバム。今のシンプルなTAS節はこの作品で確立されました。

  • Acacia Strain

    『3750』

    地元MA州の大先輩、AFTeRSHOCKの影響丸出しの北欧メロデスと、ブルータルなヘヴィー・ギターを融合させた衝撃的なスタイルで、地味にフォロワーを増殖。

Maroon

『Maroon』 ジャーマン・メタルコア3巨頭と言ったら、Heaven Shall Burn、Calibanと、このMaroon。ヨーロピアンなメロディック・デスメタルとアメリカンなメタルコアが頂点で融合したサウンドでございます。
慟哭メロディーが疾走するパートでは号泣、ギター・ソロを弾き倒すパートではヘッドバンギング、ソリッドなモッシュ・パートではひたすら腕を振り回す、というのがMaroonの正しい聴き方です。彼らの最新エクスクルーシブ・インタビューはこちらから⇒(Maroon インタビュー
Myspace

  • Acacia Strain

    『Order』

    前作と同じ路線でレベル・アップを図った最新5thアルバム。深みを増したメロディーと研ぎすまされたブルータリティー、そしてそれらの配分が絶妙なのです。 

  • Acacia Strain

    『Cold Heart Of The Sun』

    メロデスの凶暴性にスポットを当てた4thアルバム。悲壮なメロディーを携え、ブラスト・ビートや2ビートを使い分けて疾走しまくるのが心地良いです。

  • Acacia Strain

    『When Worlds Collide』

    ピュアなヘヴィー・メタル然としたメロディーを盛り込み、象さんジャケも衝撃大の3rdアルバム。リリース直前にINDEPENDENCE-D 2006にて初来日しました。

  • Acacia Strain

    『Endorsed By Hate』

    突如メタル化した2ndアルバム。サウンド・プロダクション、楽曲構成ともに飛躍的に進化、というより劇的にメロディック・デスラッシュに接近してます。

  • Acacia Strain

    『Antagonist』

    まだ彼らがニュースクール・ハードコアな音楽性だった頃の1stアルバム。このきわどいショボさの良さがわかればあなたも立派なニュースクーラーです。

Bishop

『Bishop』 アメリカはフロリダ州が地元のストレート・エッジ・ハードコア。Until The End、Remembering Neverのカリスマ・フロントマン、Mean Peteを中心に、xReign Of Terrorx、Suffocate Fasterなどでプレイしていたメンバーが在籍しています。アンガー、ファスト、かつモッシーな彼らのサウンドは、今時のモダン・ハードコア好きからストイックなタフガイ好きまで一気にイケちゃいます!

Myspace


  • Acacia Strain

    『Drugs』

    FERRETからDEAD TRUTHへと移籍しての2ndアルバム。不変のブチギレ・アンガー・スタイルで、ある種、ファスト・コアにも通じる潔さを感じます。

  • Acacia Strain

    『Suicide Party』

    Terrorのようにブルータルに前のめりな1stアルバム。ファストなパートからモッシュ・パートへ流れるシンプルすぎるハードコアですが、怒りに満ち溢れてます。

  • Acacia Strain

    『Xbishopx / Red Baron : SPLIT』

    地元フロリダつながりのスプリットCDで、それぞれ5曲ずつを収録してます。残念ながらTHE RED BARONは7月をもって解散しちゃいました。

 

 |  次ページへ |