ビートルズ リマスター!

The Beatles

2009年10月15日 (木)

Beatles

2009年4月7日(火)ロンドンにて、英アップル社(Apple Corps Ltd.)と英EMIミュージックは、ザ・ビートルズのオリジナル・アルバム全12枚と、『マジカル・ミステリー・ツアー』、そして今回1タイトルにまとめられた編集盤の『パスト・マスターズvol.1』と『同Vol.2』の計14タイトル(16枚)が、1987年の初CD化以来、初めてデジタル・リマスターされ、2009年9月9日に世界同時発売!

詳しい内容につきましてはこちらをご覧ください

21世紀に最高の音質でよみがえるザ・ビートルズ!


【全オリジナル・アルバム、CD化以来初のデジタル・リマスター!初期のアルバム4作品が初ステレオCD化】
リマスターはロンドンにあるEMIのアビイ・ロード・スタジオでエンジニアのチームが、4年がかりで行い、最も原音に近いサウンドを実現しました。
CDはいずれもオリジナルUK盤を模したジャケットに包まれ、オリジナルのライナーノーツと 解説、そしてレアな写真を収めたブックレット付。又、『パスト・マスターズ』以外の 作品は、それぞれのアルバムに関するミニ・ドキュメンタリーをクイックタイムのファイル(CDエキストラ)で収録されます。
さらに、ビートルズの初期のアルバム4枚が、全曲ステレオでCD化されるのは今回が初となります!

【ボックス・セットも登場!】
上記14タイトルのステレオ盤は、ドキュメンタリーを収めたDVDつきでボックス・セットとしても発売されます!

【コレクターのためのモノラル・ボックス・セットも発売】  ※モノラル・ボックス・セットは完売しました
モノラルのリリース用にミックスされたビートルズのレコーディングを集大成した「The Beatles in Mono」も!オリジナル・モノ・ミックスのアルバム10枚と、2枚組の「モノ・マスターズ」(ステレオ盤の「パスト・マスターズ」に対応したアルバム未収録集)で構成され、「ヘルプ!」と「ラバー・ソウル」には未CD化だった1965年版のオリジナル・ステレオ・ミックスもボーナスとして収録されます。



「ステレオ」ボックスセットはDVD付き!「モノ」ボックスセットは初回生産限定!


※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

Beatles (Long Card Box With Bonus Dvd)

『Beatles (Long Card Box With Bonus Dvd) 』      輸入盤      国内盤

ステレオ盤12タイトルと『MAGICAL MYSTERY TOUR』、『PAST MASTERS』の14タイトル、トータル16枚に、それぞれのCDにボーナス映像として収録されたミニ・ドキュメンタリー映像を1枚にまとめたDVDがセットとなったボックス・セット。
※国内盤ボーナスDVDは日本語字幕つき。輸入盤ボーナスDVDには字幕がつきません。

Beatles (Long Card Box With Bonus Dvd)

『Beatles In Mono』      輸入盤      国内盤(アンコールプレス)

オリジナル・モノ・ミックスのアルバム10タイトルと2枚組『モノ・マスターズ』の11タイトル、13枚入りのボックス・セット。『Help!』、『Rubber Soul』、『Revolver』、『Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band』、『Magical Mystery Tour』、『The Beatles (White Album)』はモノ・ヴァージョン初CD化!さらに『Help!』、『Rubber Soul』は1965年当時のオリジナル・ステレオ・ミックスも収録。 アートワークはオリジナルLPを忠実に再現した紙ジャケット仕様。
※MONOボックスはCD、ジャケット、外箱のすべてが日本でプレスされヨーロッパ経由で世界中に流通するため海外プレスされたものはございません。

Beatles


オリジナル・アルバム14タイトル + 『Past Masters 1 & 2 』


<初回生産限定盤>
● CD-EXTRA:それぞれのアルバムにまつわるレア映像、未発表映像、スタジオでの会話等から構成された5分間映像を収録。(通常盤はCD-EXTRAなし)
● 初回限定スペシャル・パッケージ(なくなり次第シンプルなケースに切り替わります)

<価格>
● 国内盤:2600円(税込み) ※2枚組みの2タイトルは3700円(税込み)


  • Beatles

    『Please Please Me』      輸入盤      国内盤

    ワン、トゥ、スリー、フォー! というポールの活きのいいカウントで幕を開ける、ビートルズの記念すべきデビュー・アルバム。ファン気質丸出しの偉大なるアメリカン・ポップス、R&Rのカヴァーに初々しさを感じるが、既にビートルズ流にアレンジして自分達のモノにしているから驚きだ。M3の荒れた迫力あるジョンのヴォーカルもイイし、圧巻は何といってもたったの2テイクで録ってしまったという伝説のM14、ヒット・シングルM7、8を収録。


  • Beatles

    『With The Beatles』      輸入盤      国内盤

    英国での1stの成功により気を良くしたバンドが、更にたたみかけるようにして作った本作は勢いを感じる好作品だ。全体的には彼らが好んだR&B色の濃いアルバムと言える。彼ららしい掛け合いが楽しいM1、ポールの初期の名作M3、ストーンズに贈ったM11、ジョンが持つ、切なさと同時に甘さを感じさせる個性の出た名曲M13ジョンのパワフルなヴォーカルが印象的なモータウン・ナンバーM14など、充実した内容を持つ一枚。


  • Beatles

    『Hard Day's Night -ビートルズがやってくるヤア! ヤア!ヤア! 』      輸入盤      国内盤

    初期ビートルズの魅力の全てが詰まった、全曲オリジナルによる初期の集大成的アルバム。これが同名映画(邦題は「ビートルズがやってくるヤァ!ヤァ!ヤァ!」)の撮影と同時にレコーディングされたというから驚異的。音楽的にはマイナー・コード使用による泣きのメロとメジャー・コード部分との対比が見事な曲が多く、彼らのソング・ライティングの技が早くもひとつの頂点に達していることに注目。名曲M1M7は勿論、M3,M13の美しいハーモニー、M8 Aメロ(=サビ!)のジョンのシャウトなど、聴き所がいっぱい。 


  • Beatles

    『For Sale』      輸入盤      国内盤

    彼らが受けた多大なる影響の一つ、カントリー、ロカビリー的な米ホワイト・ルーツ・ミュージックの匂いを強く感じさせる一枚。カール・パーキンスのカヴァーやジョージのギター奏法にそれを感じるが、他にもフォーキーかつジョンのボーカルが素晴らしいM1、2などの曲も作品にアコースティックな印象を与えている。他にも名曲M8、ハーモニーが美しいM3、日本のオールド・ファンには”あの頃”を思い出させるナンバーM6も収録。 


  • Beatles

    『Help』      輸入盤      国内盤

    ビートルズ2作目の映画のサントラとして発表されたアルバム。白眉は何といってもM1「ヘルプ」。アップ・テンポな演奏と性急なメッセージ、絶妙なハーモニーが格好イイ(後にジョンは速すぎたと語っていますが)。M3はよくボブ・ディラン、フォーク・ロックの影響を指摘される名曲。アコースティック・ギターの響きとリズムのノリが面白い仕上がり。キャッチーなイントロのフレーズとドラムが特徴的な作品M7「涙の乗車券」。ストリングスを使ったM13は世界で最もカヴァーされたことの多いポールの名作。


  • Beatles

    『Rubber Soul』      輸入盤      国内盤

    "陽気なファブ・フォー"といったそれまでのビートルズのイメージを打ち破り、アーティスティックな地平を目指した彼らの意欲を感じる優れた一枚。切なくなるようなラブ・ソングが多く収録されたアルバムでもあり、特にジョン作のM2、9は胸に響くスロー・ナンバー。シュールで物悲しいM4、間奏でバロック風に細工したジョージ・マーティンの弾くピアノが美しい、郷愁をそそるM11、ポールの名バラードM7、刺激を与えたバーズからの逆影響、12弦ギター使用のフレーズが印象的なジョージ作M13などなど。来るべきサイケ時代を予見するジャケも秀逸。


  • Beatles

    『Revolver』      輸入盤      国内盤

    熱心なビートルズ・フリークから最高傑作と呼び声の高い本作『リヴォルヴァー』は1966年4月6日から6月22日までの2ヶ月半もの長い期間をかけて録音された。スタジオでの実験が始まったと同時に、メンバーがこの頃常用していたというLSDなどドラッグの影響を色濃く反映した、複雑な曲が目立つ。ポールはメロディ・メイカーとしての才能に磨きをかけている。“エリナー・リグビー”や“ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア”などは後世に残るほどの美しさを誇るメロディと言っても過言ではない。


  • Beatles

    『Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band』      輸入盤      国内盤

    ライヴ活動を停止しスタジオ・ワークでの実験に没頭できるようになったビートルズが1967年に作り上げたトータル・アルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』。この作品はサマー・オブ・ラヴを象徴するサイケデリックな作品、ロック史上初のコンセプト・アルバムとしても有名で、ジャケット、サウンド・プロダクトを含め、同時代の多くのアーティストに影響を与えた。特にローリング・ストーンズの『ザ・サタニック・マジェスティーズ・リクエスト』はこの作品に対抗して作られてものとしては最も有名。


  • Beatles

    『Magical Mystery Tour』           輸入盤      国内盤

    テレビ映画「マジカル・ミステリー・ツアー」のサントラというよりも、どのオリジナル・アルバムにも負けない程、完成度の高い曲が詰まった好作品として紹介したい一枚。M1〜6はサントラとして使用された曲で、残りは当時のヒット・シングル集となっている。どの曲も当時としては最高のスタジオ・ワークを駆使して作られているが、不思議な雰囲気のM6や、ジョン作M8、ポールのM9は特筆すべき名曲。最強の両A面シングル(M8、9)。M11は史上初の全世界衛星中継で発表された。 


  • Beatles

    『Beatles (White Album) 』      輸入盤      国内盤

    68年に発表された唯一の2枚組スタジオ盤。大作「サージェント・ペパーズ」の後だけに、非常にプライベートな印象を受ける内容となっています。「オブ・ラ・ディ・オブ・ラダ」のようなポップな曲から、「ヘルター・スケルター」のようなヘヴィーな曲まで様々な曲調がある。ジョージの名曲「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリーウィーヴス」収録。 。


  • Beatles

    『Yellow Submarine』      輸入盤      国内盤

    ファンタジックな内容であり、かつシュールなアニメーションが印象深い映画『イエロー・サブマリン』のサウンドトラック盤。浮遊感あるサイケデリック・ナンバー、ジョージのM2、5、キャンプファイヤー・ソングのような(?)ポールの茶目っ気たっぷりのM3、そしてピアノによる力強いリフのイントロで始まる、ジョンの個性的な曲M4と理屈抜きに楽しめるナンバーばかり。この時期に特徴的なリンゴのドラム、パーカッション類の使い方が凄い。半分はジョージ・マーティンによるインスト。


  • Beatles

    『Abbey Road 』      輸入盤      国内盤

    発表は「レット・イット・ビー」より先だが実質的ラスト・アルバム。ジョンのヘヴィさが際立つM1に始まり、ジョージの作曲の成長ぶりを示すM2、M7、アナログ時代はB面でメドレー風に一気に聴かせるM10〜16何度聴き返しても興奮する見事なシンフォニーで、アルバムは幕を閉じる。続くM17はユーモアに富んだビートルズの最期をシメるにふさわしい小品。感動的な一枚。余談だが、’89年発表のストーン・ローゼズ1stのラストはM16にヒントを得ている、と思わずにはいられない。


  • Beatles

    『Let It Be』      輸入盤      国内盤

    解散騒動のさなか、有名なWゲット・バック・セッションWからの音源をフィル・スペクターのプロデュースにより完成させた同名映画のサウンドトラック。ポールの切ないメロディーが胸に迫るM6、10、オーケストラが加えられたジョン作M3、ビートルズの前身、クウォリーメンのレパートリーとして作られたという、初期オリジナル曲のリメイクM9、「戻っておいで〜取り戻そう」と歌われるM12は、皮肉にも解散を強く印象づける曲となってしまいました。


  • Beatles

    『Past Masters 1 & 2 Past Masters 1 & 2』      輸入盤      国内盤

    【Past Masters 1】 :
    アルバムからもれたシングル、EPからの音源から構成された本作が、これ程までに優れた作品集になってしまうとは! やはり恐るべしビートルズ。アメリカ、日本でのデビュー曲M6「抱きしめたい」、名曲M4「シー・ラヴズ・ユー」、ファンに人気の高いM7、17、ギター・リフもノリの良いM14「アイ・フィール・ファイン」、ポールには意外と珍しいストレートなR&B調のM15「シーズ・ア・ウーマン」。ヒットしたシングル曲は勿論、どの曲からも全力で曲作りに挑んだ彼らの熱気が伝わってくる。 

    【Past Masters 2】 :
    ビートルズが発表したシングル、EPから集められた名曲の宝箱、パストマスターズの第二集。ギターのリフが強烈なM1、ジョン、ポールの個性が見事に掛け合わされた名競作曲M2、コーラスのユニークなM3、サイケデリックな作風とリンゴのドラミングがカッコイイ名曲M4、ジョンの息子ジュリアンに捧げられたポール作のM7、ジョンのヘヴィな作品M10、アコギの響きと鳥のさえずりが美しいM13、ビートルズのジョーク好きを示すM15と、全曲駄曲ナシ!