トップ > 映像DVD・BD > 商品・チケット情報 > 邦画 > 『罪とか罰とか』 ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督

『罪とか罰とか』 ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督

2009年3月2日 (月)

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
 
『罪とか罰とか』 

ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督 INTERVIEW



ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督ことKERAさんとお会いするのは、
グミ・チョコレート・パイン』以来、これが2回目になる。
自分のインタビュー史上でも、同じ方に再度お会いすることは初めての経験であり、記録的。

初"映画"監督作品『1980』の時から、KERAさんが愛する"モンティ・パイソン"っぽいテイストの映画を
作ることへの禁止令が出ていたそうだが、今作においては、それが何故か"解除"になったということで、
以前よりさらにも増して、KERAさんがやりたかったことをやってしまった感が多分!

成海璃子ちゃんが本格コメディに初挑戦!」と謳われていることが多い、この『罪とか罰とか』は、
冒頭からいきなり、意表をつかれることとなる。そしてそのまま・・・エンディングまで。

また、KERAワールドには欠かせないあの人この人はもちろん、「意外なところにあの人が!?」と
ちょっと役でも豪華な出演者の方々もお見逃しなきよう。

KERAさんにとっての犬山イヌコさんの存在についてやKERAさんの頭の中のソースを少しでも、
みなさまにお召し上がり頂ければ・・・ありがたきしあわせ。

テアトル新宿、シネマライズ他にて全国公開中!



INTERVIEW and TEXT and PHOT: 長澤玲美




ちょっと感動したり、何かプラスαがないと、
難しいのかなっていう風に思う中で、
『罪とか罰とか』は、よく踏み切ったなっていう(笑)。




---  『グミ・チョコレート・パイン』でインタビューをさせて頂いて以来になりますが・・・本日は改めまして、よろしくお願い致します。


ケラリーノ・サンドロヴィッチ(以下: KERA)  どうもどうも。まだあのページはやってるんですか?


---  ええ。フリーペーパーは連載中止になったんですけど・・・WEBでは、はい、まだやってますKERAさんのブログ、いつもたのしく拝見させて頂いてるんですが・・・あの・・・"伊達巻"を・・・(笑)。


KERA  嘘!(笑)。やったあ!ありがとーう(笑)。すんげえ気の利いた・・・(笑)。ありがとうございます。


---  そんなに喜んで頂けると・・・こちらもうれしいです(笑)。お正月に"伊達巻"を4本食べられたんですよね?(笑)。「大好きだ」って書かれてあったので、「お正月じゃないので売ってるかなあ」って思ったんですけど、六本木にはありました。


KERA  一年中あるのかなあ?


---  どうなんですかね・・・"鈴廣"のなんですけど、2本入ってますので・・・。


KERA  ありがとーう。ああ、すっごいうれしい(笑)。


---  (笑)。以前のインタビューの後少し経ってから、「BAND LIFE」の本の・・・。


KERA  うん、吉田(豪)君の。


---  ええ。それでわたし、吉田(豪)さんにインタビューのHOW TOをレクチャー頂いて・・・(笑)。


KERA  え、それはどういう経緯で?個人的にレクチャーしてもらったの?


---  あの・・・わたしは最近、インタビューのお仕事もいろいろさせて頂いていて・・・その時のものも、HMVの媒体に載ってるんですけど・・・。KERAさんが吉田(豪)さんのことを「インタビュアーはこうでなくっちゃ」と大絶賛されていたので・・・。


KERA  うん、うん。


---  わたしももっと、「インタビュー上手くなりたいなあ」って思って、吉田(豪)さんがラジオをされているそのオフィシャルのHPからメールをして。そしたら「何でもやりますよ!」って言って下さって。


KERA  へえええ、本当(笑)。それで、成果はあったの?


---  そうですね、自分なりですけど・・・自分の中では、多少は・・・(笑)。


KERA  それはそれは。あ、そういえば、明日「INU-KERA」やるんで、よかったら来て下さい。


---  えーっと、ロフトでですよね?


KERA  うん、ロフトプラスワンで隔月でやってます。で、今日オードリーがやってるの。


---  オードリー、今いちおしなんですよね?(笑)。


KERA  そう、いちおしなの。  


---  一緒にお仕事もされる・・・とか?


KERA  お仕事っていうか、これの試写会でゲストで来るんだって。(2月10日(火)の『罪とか罰とか』舞台挨拶付きプレミア試写会にて、オードリーのお2人がゲストで登壇されました)


---  ああー、そうなんですね。


KERA  うん。ちょっとうれしい。


---  ブログにそのことも書かれていたので、「ああ、KERAさん、オードリー好きなんだあ」って。


KERA  そう、そうなんですよ。願うと会えるんですね(笑)。


---  願うと会えますか?(笑)。でも、KERAさんはたくさんいろんな方とお会いになってるから、そういうのがよけいに・・・。


KERA  うーん、まあ別に・・・会いたくて会ってる人ばっかりじゃないからね(笑)。


---  そうですか(笑)。


KERA  うん(笑)。


---  氏神一番さんもそうですもんね、その「BAND LIFE」で彼のおもしろさを知って・・・。


KERA  そうそうそう。長年同じプロダクションにいたのに。


---  そのお話しも吉田(豪)さんとしてたんですけど・・・。


KERA  「BAND LIFE」の氏神(一番)は、おもしろかったもんね。


---  KERAさんのも面白かったですよ?(笑)。


KERA  ああ、本当?(笑)。俺、すごい後悔してるの。もっと頑張って面白いこと言えばよかったと思って。


---  そうですか?


KERA  うん。


---  わたしも願うと会いたい人に会えるかなあ・・・。


KERA  こうやってでも、取材でいろんな人に会ってるんでしょ?


---  はい。最近は、園子温監督にお会いしました。


KERA  ああ、園(子温)さん!(笑)。この前の取材でも、園(子温)さんと会った人としゃべった。


---  本当ですか?(笑)。『愛のむきだし』のお話しをさせて頂いて・・・。


KERA  あの映画、4時間くらいあるんでしょ、すごいよね。


---  初めは6時間くらいあったそうなんですけど・・・(笑)。マスコミの試写の時は、10分だけ休憩が途中で入ったんですよね。


KERA  4時間じゃね、トイレ行きたくなっちゃうもんね。あれ、どこでやるの?映画館。


---  あれは、えーっと、渋谷のユーロスペースです。


KERA  小屋もね、"2本立て"やるようなもんだもんね。


---  1日にほとんどかけられないそうで・・・。


KERA  2回くらいでしょ?


---  そうですよね。2回か、やって3回くらいですよね?(東京では1日3回の上映中で、3月6日までです)



 
蜷川幸雄さんみたいに、パンクなことをやる人がいると
すごく勇気づけられるっていうか、
やっちゃいけないことなんてないんだって思うね(笑)。






KERA  でもまあ、そういう無茶を・・・蜷川(幸雄)さんもそうだけどさ、蜷川(幸雄)さん、さいたまで終演したらもう、さいたまからの電車がないんだからさ(笑)。


---  「世界のニーナ!」(笑)。(この下りに関しても、ブログを)


KERA  そうそう、「世界のニーナ!」(笑)。やっぱり72、3歳でそういうね、パンクなことをやる人がいるとすごく勇気づけられるっていうか、やっちゃいけないことなんてないんだって思うね(笑)。


---  KERAさんも、いろんな"しがらみ"を・・・(笑)。


KERA  俺?(笑)。いやあ俺もねえー、その"しがらみ"をどうこうしてる時間がもったいなくて。"中身"だもんね。


---  そうですね(笑)。『1980』、『おいしい殺し方』、『グミ・チョコレート・パイン』で、最新作『罪とか罰とか』が2月28日から公開になりますけど、今まで"モンティ・パイソン禁止令"が出ていたのが・・・すごいやる気まんまんなプロデューサーの榎本さん?(この下りに関しても、ブログを)


KERA  うん、榎本さん。


---  その榎本さんがそれを"解除"されたんですよね?


KERA  うん、わかりやすく言うとそういうことなんだけど、まあ『1980』をやる時に「どんなものをやりたい?」って言われたから、「モンティ・パイソン!」って言ったら、「それはだめ!」って言われたの。で、それはまあ、だめなのはわかるんですよ。客入んないもん、モンティ・パイソン日本でやったって。モンティ・パイソン自体が(客)入んないんだから。だから、「それはもっともだ」って思ったんだけど、何で今回オーケーなのかよくわからないんですよね(笑)。でもまあ、やらせてくれるって言うから、「やったあ!」って思って(笑)。かなりハイブロウなナンセンスなんで、どう考えてもお客は入らないと思いますけど(笑)。


---  (笑)。イギリスでは、モンティ・パイソンは、BBCで普通にゴールデンタイムとかで放映されるくらい、お笑いに対しての理解がすごくありますよね?


KERA  ドリフだからね、イギリス人にとっては。あの・・・『スパマロット』って、3年くらい前かな?トニー賞獲ったのね。で、モンティ・パイソンの『(モンティ・パイソン・アンド)ホーリー・グレイル』を下敷きにしたミュージカルなんだけど、観に行ったんですよ、ロンドンまで。そしたら本当にドリフみたいな感じで(笑)、客席ももう本当に、志村(けん)や加藤茶に笑うような感じで笑ってて、「ああもう、文化が違うなあ」って。


---  日本も、テレビではお笑いのブームが多少あって、例えばKERAさんがいちおしのオードリーであったり、新しいお笑いがどんどん出てきてますよね?


KERA  そうだね。でも、映画だとどうなんだろう。例えば、昔みたいにじゃあ、コント55号が・・・あるいはドリフターズがだーって人気者になった。「じゃあ、コント55号の映画!」みたいな感じで、今、オードリーの映画やったって、客は来ないと思うわけ(笑)。だから何か、その・・・笑いに関してお金を・・・笑いだけでお金を取るっていうのはやっぱり、きびしいとは思うんですけどね。『時効警察』が盛り上がったからといって・・・まあ『時効警察』をやればね?そりゃあ、あれを観た客は来るけど、『時効警察』みたいなことをやっても、きびしいと思うんだよね。やっぱりちょっと感動したり、何かプラスαがないと、難しいのかなっていう風には思いますけどね。そんな中で、よく踏み切ったなっていう(笑)。   









罪とか罰とか 『罪とか罰とか』

2009年2月28日(土)より公開中!成海璃子×ケラリーノ・サンドロヴィッチ。キュートでミラクルな猛毒ポリス・コメディを完全ノベライズ。

   
グミ・チョコレート・パイン 『グミ・チョコレート・パイン』

脚本・監督:ケラリーノ・サンドロヴィッチ×原作:大槻ケンヂ×テーマ曲:電気グルーヴ!

   
1980 (イチキュウハチマル) 『1980 (イチキュウハチマル)』

1980年の東京を舞台に、そこに暮らす、三姉妹が織りなす人間模様を"1980年"の風俗、サブカル文化にこだわり、ノスタルジックに、ポップに切ないコメディ。

   
時効警察 『時効警察』

斬新な発想を軸にミステリー要素と散りばめられた笑いのエッセンスが共存するドラマ。脚本・ 監督には三木聡、岩松了、園子温、ケラリーノ・サンドロヴィッチら。

   
帰ってきた時効警察 『帰ってきた時効警察』

圧倒的な人気、驚異的なDVDセールスを記録した人気ドラマ『時効警察』が更にパワーアップして帰ってきた!TV未放送シーンを大量に復活させた特別本編!

   
犯さん哉 『犯さん哉』

最高のコンビ?最悪の組み合わせ?「大人の毒気」と「子供の奔放さ」を併せ持つ2人の中年、ケラリーノ・サンドロヴィッチと古田新太ががっつりタッグ!

   
Slapsticks 『Slapsticks』

作者のケラリーノ・サンドロヴィッチが「1920年代の偉大なるフィルム・メーカー達への感謝状。または、百年後には後片もなくなっている僕達自身への賛辞」と綴る、唯一のロマンス戯曲。

   
労働者 M 『労働者 M』

堤真一×小泉今日子×松尾スズキが集結!近未来と現代の日本を舞台に展開する、ケラリーノ・サンドロヴィッチ書き下ろしの傑作SF革命喜劇。

   
カメレオンズ リップ 『カメレオンズ リップ』

笑いとペーソスの絶妙なバランスを独特な感性で演出するケラリーノ・サンドロヴィッチの、シアターコクーン初登場作品。誰が何をねらっているのか、ウソの動機も結果も謎だらけの、「文系」クライム・コメディ!

   
Don't Trust Over 30 Horipro Xnylon 100c Special Session 『Don't Trust Over 30 Horipro Xnylon 100c Special Session』

現代からカントリー&ウエスタンが流行した1958年へ、さらに1968年へタイムスリップ!