We Are The Arsenal インタビュー

2009年2月17日 (火)

 

We Are The Arsenal インタビュー
     





哀愁がかったエモーショナルなサウンドにメタリックなギターでここ日本でもプレイしたことがある“WESTER”、 Fueled By Ramenと契約し“PARAMORE”とも来日公演を行ったことがある美メロ・ピアノ・ロック“OCTOBER FALL”のメンバーが中心となって結成されたオレンジ・カウンティ出身の“We Are The Arsenal”。エモーショナルなサウンドはそのままに新人バンドとは思えない完成度を聴かせる1stアルバムをリリースした彼らに話しを聞くことができました!

パンク/エモ/スクリーモ系を熱心に追いかけてきたリスナーにとって正にど真ん中なサウンドな彼ら、それでは張り切ってどうぞ!!



−とてもパワフル且つエモーショナルなアルバムのリリースおめでとう!何が君たちの音楽をそうさせているんだろう?



ライアン(Vo&Gt) 最高のほめ言葉だよね、ありがとう!こうやって日本でまたリリースできて本当にうれしいよ。
俺たち4人はみんな生まれてきてからずっと熱狂的な音楽ファンなんだ。見たいライブの前には6時間前からそわそわしながら準備して出かけるようなガキだった(笑)
俺たちの曲は俺たちにしか歌えないし、作ったアルバムが人生を変えるかもしれない。いいと思える曲には素晴らしいメロディーと歌詞があると信じているからそんな曲を作りたいんだ。今回のアルバム『They Worshipped The Trees』は聴いてくれた人に何かを伝えることができればって思って作ったからパワフルに感じてくれたんだと思うよ。



− ライアンとクリスはWESTER、アランはOCTOBER FALLでそれぞれ成功していたと思うけど、どうやってWATAは結成されたの?



ライアン 俺とクリスにとって“WESTER”は初めて本格的に活動したバンドだった。
日本でアルバムも出せたし、ツアーできたのもすごくいい思い出で一生忘れることはないだろうね。でも日本ツアーが終わってからすぐに他のメンバーはバンドじゃない他のことが大事になったんだ。それで活動は終わった。
俺は音楽が大好きだったからクリスを誘ってジャムってて、そこにアラン、ピーターが加わった。WATAの結成を通じて俺たち4人は本当に信頼しあって活動している親友だよね。ステージに一緒に立つことで何かが始まってるんだ。



−日本でプレイして何か印象に残っていることってある?

ライアン  毎日エキサイティングしてて、印象が薄まることってないよ!今でも日本に行ったなんて信じられないくらいさ。
FUJISAN(富士山)からはびっくりするくらいの景色が見れたし、食べ物も最高だった。全く異なった文化を経験しながら、自分たちの曲をプレイできるなんてすごい経験だよね。またいつかWATAとしてプレイできたらっていつも思うよ。



−曲はどうやって書いてるの?

ライアン 意外かと思うけど、俺たちの曲は全てアコースティック・ギターから生まれてるんだよ。俺が最初家で簡単なデモを録音してスタジオでみんなに聴かせるんだ。
で、みんなが何か感じることがあればそこからジャムを始めて肉付けしていく。みんながそれぞれのパートを最高なものに仕上げてROCKな曲になるんだよね。

−バンドとして一番影響を受けたアーティストって?

ライアン もちろん好きなアーティスト、影響を受けたアーティストっているけど一番は人生そのものかな。
俺たちはさっきも言ったけど、ただ音楽のファンなんだ。今の主流になっているシーンに身を置いてるけど、昔から聴いてるもの含めて今までの聴いてきたもの全ての曲から影響を受けてると思うよ。

−これからWATAはどうなっていくのかな?

ライアン 2009年は俺たちの年さ。日本でリリースしたあと、アメリカでもリリースするし。、ほかの国でもリリースしたいと思ってる。
これからも多くの人たちが気にいってくれるような曲を作りたいし、俺たちのテーマを具現化していきたいね。

−最後に日本のファンへ一言メッセージをお願いします。

ライアン みんな本当にありがとう!みんなの前でプレイできるのを楽しみにしているし、俺たちのアルバムを楽しんでもらえるとうれしいな。
もし、まだ俺たちの曲を聴いていなかったら、一度チェックしてくれ! みんなすぐに会おう!!

−ありがとうございました!





ページTopへ戻る

最新インタビュー

最強のデビュー作!!

We Are The Arsenal『They Worshipped The Trees』

 CD  
They Worshipped The Trees


【CD】
01.The Truth (An Introduction)
02. Sound The Alarms
03. Airwaves
04. So Long
05. Skeletons
06. Like My Body
07. The New Society
08. If I Had Know
09.At An End
10. Oxygen
11. Lost Cause
12. Heroes For Sale
13. If I Did It