トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > ジャズ > ジャズヴォーカル > ウーター・ヘメル インタビュー【2】

ウーター・ヘメル インタビュー【2】

2009年2月5日 (木)

Wouter Hamel Interview






Nobody's Tune
4 Wouter Hamel
    『Nobody's Tune』
 «New«

2007年のデビュー・アルバムで大ブレイクを果たした“ミスター・ジェントル・ヴォイス”、ウーター・ヘメル待望のセカンド・アルバム登場。天才ベニー・シングスを再びプロデューサーに迎えた世紀の大傑作。「Breezy」、「Don't Ask」、「Details」など数々のヒット・シングルを生んだ『Hamel』を上回る、最高にブリージーなポップ・チューンがぎっしり。


  



『Nobody's Tune』購入者限定!
ウーター・ヘメルのスペシャル・ビデオ・メッセージとiPod nano 8GB、
さらには、オリジナル・ポスト・カードをセットでプレゼント!


ウーター・ヘメル『Nobody's Tune』を2009年4月30日正午までの期間にご購入のお客様の中から抽選で5名の方に、ウーター・ヘメルのスペシャル・ビデオ・メッセージと iPod nano 8GB (注:保証対象外、パッケージ開封済、ケース有り、ユーザー未登録)、さらには、オリジナル・ポスト・カード(4枚1組)をセットでプレゼント!

・オンライン・モバイルでお買い上げのお客様→商品出荷時にメールにてご案内します。
・HMVストアでお買い上げのお客様→ご購入日より2〜3日以内にメールにてご案内します。

詳細はこちらから

購入対象期間 (2009年4月30日まで)
応募対象期間 (2009年3月3日〜2009月5月10日まで)
(当選は賞品の発送をもってかえさせていただきます)
※応募方法:対象商品ご購入後に、メールで応募フォームのURLをお知らせ致します。
※HMV本サイト及びHMVモバイルサイト以外からのご購入、非会員でのご購入は特典対象外となります。

≪店頭でお買い上げの際のご注意≫
※ 購入時にメンバーズカードをご提示いただいた方に限ります。
※ 購入当日(の23時59分)までにメンバーズカードの登録がお済みの方に限ります。
※ 購入当日(の23時59分)までにメルマガの登録がお済みの方に限ります。
※ お客様の携帯にて指定着信許可をされている場合は、”@hmv.co.jp”のドメイン指定許可設定が必要になります。

当キャペーンはAppleの提供・協賛によるものではありません。



■ウーター・ヘメル 来日公演スケジュール

・5月19日(火)・20日(水)Billboard Live TOKYO
料金:サービスエリア:7,000yen / カジュアルエリア:5,000yen(1ドリンク付き)
お問い合わせ:Billboard Live TOKYO(03-3405-1133)  

・5月22日(金)・23日(土)Billboard Live OSAKA
料金:サービスエリア:6,500yen / カジュアルエリア:5,000yen(1ドリンク付き)
お問い合わせ:Billboard Live OSAKA(06-6342-7722)




   
今回のアルバムを
一言で言い表したら
“シンガー・ソングライター”
っていう表現がピッタリなんじゃないかな



--- では、3/4リリースになる最新アルバム『Nobody's Tune』についてお伺いします。前作から1年余り経つわけなのですが、ご自身のソングライティングの方法などに変化はありましたか?


ウーター  『Hamel』の時には、時間的にも余裕があったから、ものすごい量の曲の山から、最終的な楽曲を選んで、アルバムが出来上がったって感じだったんだけど、今回のアルバムに関しては、オランダで評価的にも期待されている部分があったし、こうして日本のプレスに注目してもらったりもして、本当にスペシャルなアルバムを作りたいっていうのがまずあったんだ。


『Nobody’s Home』は、前作以上にバラエティに富んでいて、ミディアム・テンポの曲があれば、スローもあるし、リズムの部分でも、3/3のワルツ調があれば、速い曲もあるんだ。実際のソングライティングにおいては、前作はギターをメインに曲を作ったんだけど、今回は、ギターの代わりにピアノを使って、ほとんどの曲を書いたんだ。


--- タイトル曲の「Nobody's Tune」は、『Live@Home』ですでに披露されている曲なのですが、テリー・キャリアーのようなフォーキーで、少し“吟遊詩人”的なアプローチが新鮮でした。


ウーター  実は、この曲は、歌詞を書くのに10分もかからなくて、わりとサラッとできたんだ(笑)。


  これは、『Hamel』をリリースした時の話なんだけど・・・ヒット・リスト(セールス・ランキング表)のトップ20っていうのは、大抵、大手のメジャー・レコード会社のアーティストが占めているんだよね。そんな状況の中で、去年、ボクのアルバム『Hamel』がヒットして、インディペンデントのDoxレコードのアーティストの名前が、ヒット・リストにポンッて入ってきてさ(笑)。それから、業界の人たちがみんな、「Doxレコードって何だ!?」って騒ぎ出して、注目し始めたんだよね。


  『Hamel』で成功を収めてからは、メジャー・レーベルからのオファーもちょくちょくあったんだ。「ちょっとランチでもしながら、次のアルバムの契約についてでも話さないか?」って。実際、話だけを聞きに行ったりもしてたんだ(笑)。でも、そういった話には・・・何かしっくりこないというか・・・グッとこなかったんだよね(笑)。そういう中で、この「Nobody's Tune」は生まれたんだ。やっぱり、メジャーが関わってくると、「こういう作品を作って欲しい」だとか、ある種の“縛り”みたいなものが出てくるから、“誰の曲でもない、自分だけの曲”を書きたいなって思ってね。


  誰かから制約を受けて作るっていうことじゃなくて、自分のやりたいことに実直になって作っていきたい。そういった思いから生まれた曲なんだ。




Live @ Home
4 Wouter Hamel 『Live @ Home』

 日本限定スペシャル・ミニ・アルバム。この時点での新曲だった「Nobody's Tune」を中心に、5曲をアコースティックに歌ったアットホーム・セッション。さらには、日本未発曲「While I'll Be Gone」も収録。





--- 「One More Time On The Merry-Go-Round」は、ドリーミーでポップ、前作の「Breezy」、「Don’t Ask」の延長線上にあるような曲といえそうですね。


ウーター  長いタイトルだよね(笑)。この曲は、アーティストである自分自身の状況を歌ったようなものなんだ。『Hamel』を出した去年は、年間120回のライヴをやったぐらい本当に忙しくて、週末が終わるとクッタクタでさ(笑)。特に、週明けの月曜・火曜なんか、体はボロボロ(笑)。でも、徐々に復活してきて、また新しい一週間が始まって、また同じように週末にはライヴをするっていう感じで、メリーゴーランドみたいにグルグル回っていくんだよね。「wake me up by friday」っていう歌詞では、金曜日には完全復活を遂げて、ステージで輝くんだってね(笑)。


--- 実際、ウーターさんは、週末に照準を定めたライフ・スタイルなんですか?

Wouter Hamel
ウーター  『Hamel』のリリースから昨年末までの半年間ぐらいは、週5回ぐらいのライヴ活動と、今回のアルバムの制作とを同時進行させなきゃいけなかったから、曲を書いたり、ライヴをやったりって超過密スケジュールだったんだ。だから、友達とパーティをしたりする時間っていうのが全くなかったんだ。今もだけどね。だけど、自分にとってライヴをすること自体が、多分パーティなんだろうって思ってるよ。


  昨日は大阪だったんだけど、帰りの新幹線の中で、みんなで「終わったー!」って、ビール飲んだりしてね(笑)。ボクは、時間的に余裕さえあれば、いくらでも飲みたい人間なんだ(笑)。


--- 「Sir Henry」では、スティール・パンがよいアクセントになっていますね。今後、このように、トロピカル、ラテン・タッチ、カリブ的な要素を含んだ楽曲も増えていきそうでしょうか?


ウーター  ベニーと話し合っていた時に、「スティール・パンを使って、ちょっとカリビアンで、トロピカルな感じに仕上げてみようよ」ってなって、曲を書き上げたんだ。バンドのギタリストにロリーっていうのがいて、彼の父親がスティール・パンの奏者なんだ。名前が“ヘンリー”っていうんだよ(笑)。もちろん、あのスティール・パンは、ヘンリーが叩いてくれて、タイトルが「Sir Henry」ってなったんだ。


今後もこういったタイプの曲を書くことがあるとは思うけど、何か特別に意識して作ろうっていうのはないかな・・・色々なタイプの曲がある中のひとつでってことだね。


--- 「Once In A Lifetime」は、同名の曲で、サミー・デイヴィスJr.や、デラ・リースなどが歌う有名なスタンダードもありますが、こちらは、ウーターさん流の“一度しかない人生論”を書いたものと解釈してもよいのでしょうか?


ウーター  曲のタイトルを付ける時って、必ずGoogleで検索して調べるんだけど、この曲に関しては、やっぱり、同名の曲がものすごくヒットしたよ、フォークとかのね。ジャズでやってるっていうのは知らなかったよ。


  これは、自分の好きな人と離れ離れになってしまう、「自分が旅に出て戻って来た時に、待っていてくれて、扉を開けて迎えてくれるだろうか?」っていう意味合いの恋愛の曲なんだ。


--- アルバム・ラストの「Amsterdam」は、ホームタウンへの想いを綴った特別な曲になるのでしょうか?とても内省的な曲のようですが・・・


Wouter Hamel
ウーター  コールドプレイにも同じタイトルの曲が確かあったよね?この曲は、「アムステルダムの夜が更けて・・・」って、本当にそういった状況をそのままを歌ってる感じで、特別、アムステルダムへの感情なりを歌ったわけじゃないんだ。説明するのがちょっと難しいんだけど、言うなれば・・・そうだなぁ・・・ジェフ・バックリーについて(笑)。これ以上は、説明できないんだよ(笑)。


--- 前回、お話を伺った際に、アルバム『Hamel』を一言で言い表したら、“ジャズ・ポップ”もしくは“ポップ・ジャズ”というお答えを頂きました。今回の『Nobody's Tune』を一言で言い表すとしたら、どう表現されますか?


ウーター  今回は、“シンガー・ソングライター”って言えるんじゃないかな。この言葉は、実はすごく幅広い意味を持っていて、ジャズだけに限らず、ポップ、フォーク、どんなジャンルでもあてはまるものだからね。今回のアルバムの仕上がりからすると、そういった意味でも“シンガー・ソングライター”っていう表現がピッタリなんじゃないかな。


でもまぁ、これはボク個人の見解だから、ミュージック・ジャーナリストのみなさんが、それぞれで考えてもらって構わないことだよ(笑)。


--- “シンガー・ソングライター”という表現は、確かに的を得ているかもしれませんね。私個人も、今回のアルバムには、例えば、マーク・ジョーダンやマイケル・フランクスなどの作品に近いテイストを強く感じました。


ウーター  マイケル・フランクスは、“陰と陽”を持ち合わせたアーティストで、ボクもベニー・シングスも大好きだからね。そう言ってくれると、とても嬉しいよ。


--- 前回の来日の際、たしか、ネイティヴの『Just Four』や、白木秀雄『祭りの幻想』をプレゼントさせて頂いたかと思いますが、これらを含めて、日本のジャズに対してはどのような印象をお持ちになりましたか?


ウーター  『祭りの幻想』は、すごいトラディショナルな感じだよね。ネイティヴっていうグループのアルバムも良かったよ。新しい感じで、すごく好きだよ。


  日本のジャズに対する印象は、みんなものすごい才能に溢れていて、演奏のテクニックがとにかく高いよね。総じて、ジャズに対するモチベーションが高いって感じたよ。


--- 今年は、大々的なツアーを予定されているのですよね?最後に、今後のご予定をお聞かせください。併せて、HMVオンラインをご覧のファンの皆さんにメッセージをお願い致します。


ウーター  オランダに帰ったら、すぐにシアター・ツアーが始まるんだ。スタンディングじゃなくて、シッティング・タイプのライヴになるんだけど、オランダ国内を回って、2ヶ月で40公演もやる大規模なツアーなんだ。これまでスタンディングのライヴが多くて、シアター・ツアーは初めての経験だから、すごい楽しみだよ。実際、ツアーをやってる合間に、『Nobody’s Tune』のプロモーションをオランダでやるから、かなり忙しいんだけどね(笑)。同時に、スタンディングのクラブ・ツアーも始まるしね。


  シアター・ツアーが終わったら、ヨーロッパのサマー・フェスに多分出演することになると思うよ。オランダのノース・シー・フェスティヴァルとかね。そのちょっと前、5月には、また日本に戻ってきて、ビルボードでライヴをするよ。それと、韓国にも行くしね。


  10月に少し休暇をとって、今、アムステルダムに住んでるんだけど、他の都市に引っ越そうかなって考えているんだ。ベルリンかもしれないし、まだどこか決めてないんだけど、その時期に移住して、また新作の制作に取り掛かろうかなって思ってるよ。  


  で、ここからがメッセージ(笑)。新しいアルバム『Nobody’s Tune』を是非聴いてみてください。前作と較べて、だいぶ変わったところもあるかもしれないけど、ウーター・ヘメルっていうボク自身の音っていうところで変わりはないし、すごくいい仕上がりになっているから、チェックしてみてください。5月のビルボード・ライヴでみなさん会いましょう。


--- 本日はありがとうございました。


ウーター  アリガトウゴザイマス。 


【取材協力:blues interactions,inc./Victor Entertainment】






 





Come Fly With Me
4 Frank Sinatra 『Come Fly With Me』

 20世紀を代表するエンターテイナーを引き合いに、”新世代のフランク・シナトラ”と一部メディアに称されるウーターの負荷も相当な筈。ただ、名編曲家ビリー・メイとの初コラボとなる本作品(58年)では、ウーターのパフォーマンスにも多大な影響を与えたであろう、バラエティ豊かにスウィングする御大の”懐の深さ”をたっぷりと味わえる。「旅客機による世界旅行」をコンセプトに、トランス・ワールド航空とタイアップ。




That's Amore
4 Dean Martin 『That's Amore』

 シナトラつながりで、もうひとり。ラット・パック(シナトラ・ファミリー)の一員としてもおなじみのディーン・マーティンは、俳優業だけでなく、シンガーとしても、その粋なスタイルと洒落っ気のあるユーモア・センスを際立たせた。スウィング、ラテン、カントリー等あらゆるジャンルの曲を取り上げる器用さと、甘く優しいディノの歌声は、世の女性をたちまち虜にし、53年、陽気なラブ・ソング「That's Amore」は空前の大ヒットを記録。本盤は、同曲をはじめ、「Everybody Loves Somebody」、「Volare」といった代表曲を網羅したベスト・アルバム。




Gershwin Plays Gershwin
4 George Gershwin 『Gershwin Plays Gershwin』

 コール・ポーターと並び、ウーターに最も大きな影響を与えたという(2007年インタビュー参照)ティン・パン・アレー系作曲家のジョージ・ガーシュウィン。ガーシュウィンが残した自動ピアノ用の録音ロールをYAMAHAのテクノロジーで再生したという、彼の作曲スキル、演奏テクニックをたっぷりと窺い知れる1枚。「Rhapsody In Blue」をはじめ、第一次世界大戦後の1910年代後半、”ミュージカル・映画音楽を母体とするポピュラー音楽”と”ジャズ”が一卵性双生児のように誕生し、やがてくる”エンターテインメント・ソングライター”新時代を見据え、共振し合った、ポピュラー音楽史において最も重要とされる楽曲がずらりと並ぶ。




Pick Yourself Up
4 Anita O'day 『Pick Yourself Up』

 ハリー・エディソン楽団をバックにした56年12月15日録音と、バディ・ブレグマン楽団をバックにした同年12月17日録音分の21曲を収録した、絶頂期のアニタ・オデイによる代表作。「Stompin' At The Savoy」、そして、映画『真夏の夜のジャズ』でも披露された「Sweet Georgia Brown」を収録。

  



King Pleasure Sings / Annie Ross
4 King Pleasure / Annie Ross
   『King Pleasure Sings / Annie Ross』


 プレスティッジによるヴォーカル作品。チャーリー・パーカーやジェイムス・ムーディの楽曲を素材に、自ら歌詞を付け歌ったヴォーカリーズ・スタイルを乗せた、52年から54年の複数のセッションからなる、キング・プレジャーが12曲、代表曲「Twisted」など、アニー・ロス4曲を収録。プレジャー「I'm In The Mood For Love」では、ブロッサム・ディアリーとの共演も聴ける。

 



Grace -Special Edition
4 Jeff Buckley 『Grace -Special Edition』

 ウーターもさることながら、あのトム・ヨークにも多大な影響を与えた、ジェフ・バックリー。97年、不慮の事故死を遂げ伝説となった。本盤は、94年のSSW不朽の名作、ジェフ・バックリーの1stアルバム『Grace』の発売10周年記念デラックス・エディション。未発表ボーナス・ディスクにDVDを加えた3枚組仕様。胸が詰まるほどに美しく不安定なジェフの奇跡の歌声は・・・永遠です。




Art Of Tea
4 Michael Franks 『Art Of Tea』

 AORの古典として知られるマイケル・フランクスの75年名作。シティ感覚溢れるクールでジャジーなポップ・ミュージック。洒落たセンスときらめく知性が散りばめられた本作のサウンドは、AORサウンドのひとつの理想的な極点を示しているといっても過言ではない。参加ミュージシャンは、デヴィッド・サンボーン(sax)、ジョー・サンプル(key)、ラリー・カールトン(g)、ウィルトン・フェルダー(b)など。