HMVインタビュー:YZ

2008年12月1日 (月)

無題ドキュメント
YZ
YZ インタビュー
若干24歳にして既に7年目のキャリアを持つYZのフルデビューアルバムが、真性ウェッサイ・ファンなら知らぬ者はいない、あのG-HOUSE RECORDZからリリース!ゲストに詩音、山田マン(ラッパ我リヤ)、F.U.T.O.(風林火山)、さらに本場アメリカからXL Middleton(!)などなど、ビッグネームをフィーチャー!デビューからいきなり注目度大のジャパニーズ・ウェッサイ・シーンの最終兵器、YZにインタビュー!
「アルバムのタイトルにある通り、Rhymeにはこだわってます。」

--- まずは自己紹介をお願いします。

YZ  はじめまして、G-HOUSE RECORDZのYZと申します。 2002年から横浜でRAPしてます。よろしくお願いします!

--- DJ集団の中のG-HOUSE RECORDZのMCってどういう感じですか?

YZ そうですね、はじめGANGSTA RAPのMIX-CDで有名なG-HOUSE RECORDZでやらせてもら うってなった時、正直戸惑いもありました。 DJ集団のレーベルに入るってことは、必然的にSIDE MCも任されるってことじゃない ですか? 入った当初は、DJのSIDEもそれまで2、3回くらいしかやったことなかったし、いきな りそんな人たちのところでMCとしてやっていけるのかっていう不安はありましたね(笑)。 教えてくれる人も居なかったので、本当に手探りでとりあえずやりながら学んで覚え ていくって感じでした。当時は流れる曲も知らない曲ばっかりでしたし。 それで色んな現場に同行させてもらって、今では苦労の甲斐あってか、なんとか人前 でできるレベルにはなってると思います(笑)! まだまだこれからですけどね。 時々うちにももっとMCが居たらいいのにって思う事もあります。

--- 影響を受けたアーティストを教えてください。

YZ 影響を受けたアーティストはたくさんいるんですけど、俺は入りがJAPANESE HIPHOP だったんですよ。 初めてHIPHOPに触れたのはキングギドラとマイクロフォンペイジャーです。 中学生時代に、まだ赤レンガ倉庫が改装される前の頃フリーマーケットとかやってた んですけど、そこでたくさんCD売ってるお店があってなんとなくジャケ買いしたのが この2枚のアルバムなんです。当時は全く知りもしないで聴いてみたら「何だこの音 楽は!?」って感じでした。その時の俺には全てが新鮮で、HIPHOPの「カッコよさ」 にただ憧れてましたね。 WEST COASTで言うと、なんといっても2PAC、DR.DRE、SNOOP DOGG、ICE CUBE、WC、XZBIT だったり、やっぱり全盛期ど真ん中が一番好きです(笑)!

--- アルバムタイトル『45Rhymez』はどういう意味ですか?またコンセプトは?

YZ 45は横浜のエリアコード045から。あえてタイトルに「Rhyme」を入れたのは、そこへ のこだわりが人一倍強い部分があるので。 直訳すると、「横浜産のライムぎっしり詰まってます」って感じですかね(笑)。 アルバムコンセプトはリアルなHIPHOP。それが一番重要なところで、今の日本人が HIPHOPをどれだけ正しく認識できているのかって疑問はずっと持ってて、昔からした らHIPHOPの一般認知度はかなり上がっているとは思いますけど、結局まだ「HIPHOP= チェケラッチョ」的な感覚の人の方が多いのかなって。HIPHOPは自由な音楽だし、メ ジャーのシーンでやってるリアルな人たちもたくさんいるけど、たまにテレビとかラ ジオから流れてくるようなわけのわからない薄っぺらい音楽がHIPHOPだと勘違いして いる人には、そうじゃないってことを少しでも多くの人に伝えていけたらって思って ます。これからの日本を創っていく、若い世代の子たちにも。

--- 横浜へのこだわりはどういったところからですか?

YZ 理由はそれがHIPHOPだからです(笑)。地元をREPRESENTすることのカッコよさを教えてくれたのは、「BAYSQUAD」、DS455の 「BAYSIDE RAIDAZ」、OZROSAURUSの「Rollin'045」ですかね。横浜にはこうゆうヤバ い大先輩たちがいたから、横浜で生まれ育ったことも誇りに思えたし、地元に対する 愛情もよりいっそう強く持つことができました。

--- ゲストがかなり豪華ですが、どういったつながりで?

YZ 前の質問で名前をあげたBAYSQUADの中心核であった風林火山のF.U.T.O.さんだった り、ラッパ我リヤの山田マンさんだったり、トラック・リストを見てもらえればわかると思 うんですけど、本当にアリエナいゲストに参加してもらってます。 そのほとんどが、俺が今まで活動してきた中で、現場でのLIVEを見させてもらって間 違いないと思った人たちです。 F.U.T.O.さんはある知り合いつながりで紹介してもらったんですけど、ほとんどの人 はCLUBで繋がった感じで、ちなみに一番付き合いが長いのが詩音です。 俺の作品にこれだけのヤバいメンツが参加してくれるなんて、本当に光栄で、心から 感謝とRESPECTですね。

--- アルバムの製作秘話、苦労話などはありますか?

YZ 色々とても苦労しました(笑)。 G-HOUSE RECORDZとしても初のMC作品ってことで、すべてが手探り状態で。 曲数もGUESTも多かったので、スタジオでの作業にもとても時間がかかり、レコー ディング、ミックスダウン、アートワーク、プロモーションなど、全てにおいて自分 が納得するまでやらせてもらったので、社長(G-HOUSE03)には本当に感謝していま す。 CDのジャケやブックレットなど、アートワークはG-HOUSE RECORDZが昔からお世話に なっているISHIGOOKAさんにお願いし、何度も何度も一緒に試行錯誤を繰り返して作 り上げた作品です。 CDを買って頂いた方には、是非その辺もチェックしてもらいたいですね!

--- アルバムの中でも一押しの曲を教えてください。

YZ 全曲です!!!(笑)
自分としては一曲選ぶのも難しいんですが、旧友詩音とやっている自身初めて作った LUV SONG「4 evalastin'」や、自分の新たな可能性を見い出せた「Get In Real feat.Dirty R.A.Y and 山田マン fromラッパ我リヤ」もおすすめなんですけど、俺的 に一番聴いてもらいたい一押しの曲は、「Streetz Life 45 Remix feat.F.U.T.O. from風林火山」です。 この曲の元はソロMCとして、YZとして初めて作った曲なんですよ。 今までやってきたLIVE活動の中でも一番歌ってきている曲ですね。 そこにこのアルバムで、新たな息吹を風林火山のF.U.T.O.さんに吹き込んでもらう… 横浜でやってきたMCにとって、こんなに嬉しい事はないです。 レコーディングの時は鳥肌ものでした。

--- アーティストとしてのこだわり、ポリシーみたいなものを教えてください。

YZ アルバムのタイトルにある通り、Rhymeにはこだわってます。 説明しなきゃ気が付かないくらいのところまで考えてリリック書いてますから(笑)。 ポリシーは「自分の信念は曲げない」って事ですね。 これから先もずっと、自分が正しいと思った道を進んでいきます。

--- 今のこのウエッサイ(笑)シーンについてどう思いますか?

YZ  何年か前からしたらビックリするくらい盛り上がってますよね。 なんか今の若い子たち、まだCLUBに来れないくらいの年齢の子たちにまで広がってる じゃないですか? 今のこのシーンはWEST COASTのHIPHOPというより、別モノっていうかもう日本オリジ ナルのジャンルな気がします。 ただそれより年が少し上の世代の人たちがだいぶCLUB離れしちゃってるのが残念です ね。 どこのEVENTに行っても、とにかくみんな若い! 俺はまだ25ですけど、先輩方は本当に大変だろうと思います(笑)。若い子たちにはもちろん、「もうCLUBなんて行けないよ」って言うような世代の人た ちにも認めてもらえるようなアーティストになりたいですね。 それでこのシーンがもっと盛り上がって、海外にも誇れるような日本のウェッサイ シーンが確立されたらいいと思います。

--- リスナーにメッセージをください。

YZ  「有名だからカッコイイ」じゃなくて、その音楽に込められたメッセージや想いを、 リアルな音楽を聴いて下さい。 いつも俺のことを応援してくれてる皆さん、本当にありがとうございます。 本当にたくさんの人たちに支えられ、応援してくれる人たちが居てくれたおかげで、 今の自分があると思ってます。 今回俺のことを初めて知ってくれた皆さん、是非このアルバムを聴いてみて下さい。 そして俺のメッセージを受け取って下さい。 聴いてくれた人たちに「何か」を感じてもらえたら嬉しいです。 PEACE!!!!!


PAGE   1     



【関連サイト】
YZ オフィシャルブログ
YZ MySpace
G-House Recordz


ページTopへ戻る