トップ > 音楽CD・DVD > 商品・チケット情報 > ロック > ストレンジ・デイズ 創刊100号記念!

ストレンジ・デイズ 創刊100号記念!

2007年11月20日 (火)


 ストレンジ・デイズ 創刊100号記念!HMVオンライン特設ページ

ストレンジ・デイズ
遂に創刊100号を迎えたストレンジ・デイズ誌。
目玉の特集『紙ジャケで聴くロック・ビッグ・バンの100枚(1967-1971)』をHMVオンラインでもちょっぴり紹介させていただきます! この特集は、100号、101号連続で編集長が自ら書き下ろす2号連続企画です(101号の『ロック・ビッグ・バンの100枚(1972〜1976)』もご期待ください!)。

ロック・ビッグ・バンとは……
ビートルズが67年6月に発表したアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』は、様々なジャンルを融合させた音楽性やアートワークなどで、ロックの歴史を一夜にして塗り替えてしまったアルバムだと言ってもいいだろう。そこで、このアルバムの発表を宇宙の始まりになぞらえ、“ロック・ビッグ・バン(ROCK BIG BANG)”と称することにした。そして、その影響が色濃く残る67年から71年にかけての5年間に発表された、時代を映し出す100枚を選出するとともに、ロック・ビッグ・バンとは何だったのか検証してみた。また、メーカーとライセンスの関係を述べることによって、近年ブームとなっている紙ジャケットとカタログの復刻がなぜ旺盛になっているのかを分析するとともに、“ロック・ビッグ・バン”の奥深い魅力を少しでも伝えることができれば、と考えた。(岩本晃市郎)

ストレンジ・デイズ創刊100号 - 11月20日発売
表紙:ザ・ビートルズ
■100号&101号特集増ページ
■購入者特典 ※2号連続で特典が付きます
1. CD付き(100号はクランプス・レーベル・スペシャルサンプラー)
2. 2号連続購入者全員にロジャー・ディーン・オリジナル・ロゴ入りTシャツプレゼント

 紙ジャケで聴くロック・ビッグ・バンの100枚(1967-1971)

クリムゾン キングの宮殿
No.1: > King Crimson『クリムゾン キングの宮殿』
 67年に始まるカラフルでポップなサイケデリック・ムーヴメントはそれまでのモノクロームのシーンを一瞬にして原色の世界へと変えた。そしてそのサイケデリック・ムーヴメントが収束し始める頃、ゴシックでクールなサウンドが新たな時代の幕開けを飾る。69年10月に突如出現したグループ、キング・クリムゾンによってもたらされたデビュー・アルバム『クリムゾン・キングの宮殿』はまさに原色で彩られたシーンを一瞬のうちに闇の中に葬ってしまった。『サージェント・ペパーズ〜』が紙ジャケ化されていない今、本作は紙ジャケットで持っていたいアルバムのナンバーワンだろう。ジャズ、クラシック、実験音楽、ヘヴィ・メタルまでを内包し、メロトロンやモーグを駆使した斬新なサウンドは真の意味でプログレッシヴ・ロックと呼ぶに相応しいアルバムだ。
★仕様 : ダブル・ジャケ
★original: Island / ILPS 9111 / 1969.10



Space Oddity
No.2: > David Bowie『Space Oddity』
 70年代になり、デヴィッド・ボウイの人気に火がついた頃、ジャケットを変えて『SPACE ODDITY』のタイトルで再発される本作は、69年に発表されたセカンド・アルバム。グラム・ロック・ムーヴメントの中、“ジギー”を演じてトップ・スターとなったボウイはファッション性や中性的な容姿を語られることが多く、その高い音楽性について触れられ始めたのは“ジギー”と決別して以降のことである。しかし、本作が69年11月にリリースされていたことを考えると、彼がいかに時代の先端にいたかがわかる。宇宙というテーマやメロトロン、モーグを使った斬新なサウンドはまさにプログレッシヴ・ロックのコンセプトだ。
★仕様 : ダブル・ジャケ
★original: Philips / SBL 7912 / 1969.11



Soft Machine
No.3: > Soft Machine『Soft Machine』 廃盤 
 ワイルド・フラワーズを母体にケヴィン・エアーズ、ロバート・ワイアット、マイク・ラトリッジ、デヴィッド・アレンによって結成された、ソフト・マシーンのファースト・アルバム(ただしアレンはゴング結成のために早々に脱退し、本作には不参加)。ジャズとロックを融合させ、加えて英国人らしいユーモアとウィットに富んだサウンドは、いつ聴いても素晴らしい。その後のブリティッシュ・ロックの一角を成すカンタベリー・シーンの源泉としての威光を放ち続ける1枚。フロントが円形に繰り抜かれ、その中に入れられた厚紙が回転するという複雑な仕掛けから、紙ジャケ化は無理とされてきたが、なんと、仕掛けを限りなく再現した仕様で復刻!!
★仕様 : ダブル&ダイカット・ジャケ
★original: Probe / CPLP 4500 / 1968.12



Gorilla
No.4: > Bonzo Dog Band『Gorilla』
 まさにイギリスの音楽界におけるつわものどもの集合体、ボンゾ・ドッグ“ドゥー・ダー”バンドのファースト・アルバム。ボンゾズはビートルズやモンティ・パイソンとも縁が深く、演劇的で、アイロニカルで、コミカルで、それでいてクオリティの高い音楽を作り上げるという、他に類を見ないバンドでもある。はっきり言ってなんでもあり。大道芸風あり、お笑いありのごった煮的1枚は、ある側面では『サージェント・ペパーズ〜』を越えているかもしれない。ヴィヴィアン・スタンシャル、ニール・イネス、ロジャー・ラスキン・スピア、“レッグス”ラリー・スミスらによる真面目な冗談音楽が満載された、英国ならではのグループの名盤にして怪作。
★仕様 : シングル・ジャケ/オリジナル・ブックレット付き/ボーナス・トラック7曲
★original: Liberty / LBL/LBS 83056 / 1967.10



Birth Day Party
No.5: > Idle Race『Birth Day Party』
 ジェフ・リンが60年代に率いていたアイドル・レースの1作目。本作を聴いた当時の多くの評論家は、ビートルズに次ぐグループとして彼らの名を挙げたと言われている。しかしグループはチャートを賑わすことなく終わり、次作『アイドル・レース』発表後、ジェフ・リンは同郷の友人ロイ・ウッドのグループ、ザ・ムーヴへと加入する。07年に紙ジャケで復刻されるまで、きちんとした形でCD化もされていなかったことが不思議でしょうがない。リマスタリングで向上した音質で幻のポップ・アルバムを聴こう!!
★仕様 : セミダブル・ジャケ
★original: Liberty / LBL/LBS 83132 / 1968.11



Led Zeppelin
No.6: > Led Zeppelin『Led Zeppelin』 廃盤 
 ビート〜サイケ〜プログレへと目まぐるしく移り変わる時代に、轟音とともに突如現れた鉛の飛行船。ハード・ロックという言葉もヘヴィ・メタルという言葉もない時代に、ツェッペリンの登場はまさに驚異だったに違いない。本作が発表された頃、日本人はまだ誰もチョーキングさえ知らなかったのだ。知名度と内容では『W』に軍配が上がるが、衝撃度については本作が優位だ。40年近く前に作られたとは思えない内容に脱帽だ。
★仕様 : シングル・ジャケ/国内盤復刻帯付き
★original: Atlantic / 588 171 / 1969.3



Pentangle
No.7: > Pentangle『Pentangle』
 トラッドにジャズのフィーリングを取り入れたらどうなるのか? その答えがこのアルバムの中にある。本作は、それまでソロとして活躍していたふたりの天才ギタリスト、ジョン・レンボーンとバート・ヤンシュが中心となり結成されたペンタングルのファースト・アルバム。デビュー当時は、トラッド界から“何やってんだ?”と酷評されたらしいが、いま聴き直すと当時としてはかなり革新的な作品だった。紙ジャケットでの復刻は細心の注意が払われたと思われる点をいくつも発見することができる。ジャンルを越えてすべての音楽ファンに贈る1枚だ。紙ジャケ復刻では、ジャケットの背の上下を絞った仕様も再現。
★仕様 : シングル・ジャケ/ボーナス・トラック7曲
★original: Transatlantic / TRA 162 / 1968.7



Piper At The Gates Of Dawn: 夜明けの口笛吹き
No.8: > Pink Floyd『Piper At The Gates Of Dawn: 夜明けの口笛吹き』 廃盤 
 ビート・ブームの後期、アンダーグラウンド・シーンではサイケ・ムーヴメントが始まろうとしていた。そしていち早くその波をキャッチしたアート・スクールの学生たちによって結成されたのがピンク・フロイドだ。彼らは67年3月に「アーノルド・レーン」でデビューすると、スライドを使用した幻惑的なステージと斬新なサウンドで瞬く間にシーンを牽引する存在となった。本作は今は亡き天才シド・バレットの感性が爆発した、彼らのファースト・アルバム。フロイド・サウンドの原点「星空のドライヴ」を収録。
★仕様: シングル・ジャケ
★original: Columbia / S(C)X 6157 / 1967.8



Butterfly Plus
No.9: > Hollies『Butterfly Plus』 廃盤
 これも“サージェント・ペパーズ・シンドローム”の1枚。ただし、コーラス・ワークとメロディ・センスの両方を兼ね備えたグループだけに、他のグループの同時期の作品を圧倒する内容を誇っている。グループ内での音楽的方向性の違いからメロディ・メイカーだったグレアム・ナッシュが本作を最後にグループを離脱。直後にアメリカで、デヴィッド・クロスビー、スティーヴン・スティルスらとともにCS&Nを結成する。
★仕様: シングル・ジャケ/ボーナス・トラック4曲
★original: Parlophone / PMC/PCS 7039 / 1967.10



Babbacome Lee
No.10: > Fairport Convention『Babbacome Lee』 廃盤
 フェアポート・コンヴェンションが実話に基づいた悲劇の男の人生を歌ったアルバム。フェアポートは、71年に発表したこの7枚目のアルバムにたどり着くまでに『アンハーフブリッキング』(69年)、『リージ・アンド・リーフ』(69年)、『フル・ハウス』(70年)といった名作を立て続けに残し、そのどれもが甲乙つけ難いほどの内容を誇っている。だから実は、どのアルバムを上位に選んでもおかしくはない。今回は“紙ジャケットで復刻された”という企画性を重視して本作を選んだ。復刻に際し、オリジナル・アナログ盤に付いていたブックレット、新聞記事の複製、円形のステッカー、インナー・スリーヴ、それらの付属物を入れる内ポケットまでを再現。アナログ盤ではすべてが揃っているものを見つけ出すことは至難の業なので、紙ジャケでオリジナル盤の仕様を確かめるには最適な復刻だ。
★仕様 : セミダブル・ジャケ/オリジナル・ブックレット、カスタム・スリーヴ、ポスター、ステッカー付き/ボーナス・トラック2曲
★original: Island / ILPS 9176 / 1971.11