DVD、CDの通販なら【HMV ONLINE】-ゲームや書籍、タレントの写真集も通販で-

Dose One (Subtle/Anticon)に直撃!

2006年6月14日 (水)


Subtle/*Dose One(右から3人目)

Subtleミニアルバム「Wishingbone」発売記念Dose Oneインタビュー

Anticonのなかでも人気の高いDose OneJel(=Themselves)参加の6人組バンドプロジェクト、Subtle

2004年のアルバム『New White』以来となるミニアルバムが登場。Mike PattonHrvatskiFogらの参加した待望の新曲、Beck "Farewell Ride"のリミックスなど話題だったリミックス楽曲、そしてPVを収録したDVDをセットにした2枚組仕様が限定盤で発売

気鋭アニメーター集団SSSRが制作し、British Animation Awardsでベストミュージックビデオ賞を獲得した"Swanmeat"など3曲を収録したDVDも見逃せません。

Subtleの中心人物であるDose Oneに話を伺うことが出来ました。
今作のことからヒップホップ観、「ナードヒップホップ」、そしてAnticonのことまで饒舌に語っています。


Interview with Dose One (Subtle / Anticon)

*Dose One
非常に多作なアーティストである彼は、Why?&Odd Nosdamと組んだcLOUDDEADのメンバーとして、またJelとのThemselvesとしても活動してきた。詩人としてポエトリーCD、通称ドーズ本『the PELT』の出版活動も行い、Boom Bipとのコラボレーションや、ソロ活動も活発に行っている。今までに数え切れないほどのライヴをこなし、過去には<Scribble Jam>の準決勝で当時無名だったEminemとMCバトルを行なった経験もある。独特のスタイル--唄うようなラップ/ラップのような歌--で人気。


あらためて、そもそもこのSubtleを始めたきっかけについて教えてください。2002年にまず「Summer」が出ていますね。2002年といえばDose OneはBoom Bipとの『Circle』、Greenthinkの『Blindfold』をリリースしています。このSubtleというバンドが始まったきっかけというのはどういったことだったのでしょうか?

Adam "Dose One" Drucker(以下DO):Subtleに関しては、すべてダックス(Dax Pierson)がパイプ役だったというか、彼を通じてすべてが繋がったんだ。ダックスがジェフ(Jeffrey Logan aka Jel)と俺に会った時、彼はもうジョーダン(Jordan Dalrymple)やアレックス(Alexander Kort)、マーティー(Marty Dowers)と知り合いでさ、それで全員で音楽を作るべきだって思ったらしいんだ。それから2年間、毎週木曜日に一緒にプレイして、やっとバンドになったんだよ。その毎週の演奏と、メンバー同志の友情が実を結んだのが、四季をテーマにしたEPシリーズだったんだ。それに、あの2年がなかったら今の自分達もなかっただろうしね。

あなたは他にもWhy?とのGreenthink、JelとのThem(Themselves)、Jel、Mr. DibbsとのPresage、活動休止となったcLOUDDEAD、13 & Godなどのグループ、そしてもちろんソロとしても活動されていますが、このSubtleとしての活動というのは他のものと比べどこが一番違いますか?Subtleに取り組む際に特に意識されることはどのようなことでしょうか?

DO:Subtleは俺にとって、生きている間にどんな風にものを見るべきか、ってことを体現しているバンドなんだ。Subtleのみんなと一緒にやっていたから、今まで以上に意味のある作品を書けたと思うし、ヴォーカルに関しても今までやっていなかったことに挑戦する勇気が出た。Subtleの曲を書いているときには、自分に何の制約もかけないでいられる。出来る限り自分のアイデアを頭に浮かんだ形に忠実に表現するように心がけていて、そのアイデアを、声と心という、二層構造のポエム生産マシーンを通して伝えるんだ。音楽的に見ても、Subtleは他の俺のプロジェクトと比べて、より幅広い演奏で充実したサウンドがあると思うよ。結局、俺は自分自身の創造性と、創造的な人間関係が指し示す道筋に従って進んでいるだけなんだ。つまり、なによりも優先するのは人と詩だからこそ、時には新しいグループ名が必要だったりする。それに、俺がやっているグループはどれも繋がっていて、ひとつのグループからまた別のグループへと派生していっては、最後にはまたもとのグループへと戻ってくるって感じだしね。

では今回の「Wishingbone」についてお聞きします。Beck "Farewell Ride"のリミックスは発表当初からウェブでの反応などで話題でしたが、そもそもBeckとはこれ以前に交流はあったのでしょうか?リミックスをすることになった経緯について教えてください。

DO:もともとBeckと交流があったわけじゃないよ。ただBeckのマネージャーとは仲の良い友達で、彼女が"Farewell Ride"のリミキサーにはSubtleがぴったりじゃないかって思ったみたいでさ。それで俺達もやることにしたんだ。Beckから曲のパーツをもらって、それを再解釈と彼の曲を再サンプリングすることによって、もともと新しいサウンドをさらに新しいものにした。それから、Beckの書いた死だとかそういうことに関する詩をバラバラにして、さらに曲をパワーアップするために、「two white horses in a line」ってところの元ネタになっているフォーク・ソングを探し出して、そこからまた新しいフレーズを引っ張ってきたりもしたよ。


Subtle/Dose One関連作品。左から:2004年のアルバム『New White』/2005年のソロアルバム『Ha』/13 & Godでのアルバム『13 & God』/Clouddeadの2004年作『Ten』


今回は新曲も入っていますが、Subtleでの曲作りの方法はどのように進められますか?バンドメンバーでのセッションによるものですか?それとも、バンドメンバーの誰かが曲の要素(たとえばJelがビート)を持ってきてそれを基本に進めたりするのでしょうか?

DO:どちらの方法もやるよ。曲のなかには、インプロから始まって、その後エディットしてちゃんとした曲のデモにしていったものもあるし、他の曲では最初からマルチトラックでデモを録音したのもある。そういう曲でも、その後にみんなでそのデモをベースに即興でセッションをして、いろんなパーツを足していくってこともあるしね。俺達は一定の方法で曲を書かないようにしているんだ。そのほうが、心も頭もフレッシュでいられるからさ。音楽が出来上がったら、今度は俺がその曲をお空にある自分の城に持ち込んで、ヴォーカルを重ねていくんだ。それが終わると、どの曲もオーヴァーダブと度重なるエディトを通して、完成するまで形を変えていくんだ。

新曲についてお聞きします。新曲にはMike Patton、Hrvatski、そしてFogが参加していますね。とりわけMike Pattonは非常に才能があるアーティストですが、残念なことに日本ではそれほど知られていません。Mike Pattonが新曲に参加した経緯と、あなたから見たMike Pattonの才能について教えてください。また、彼が関わった作品で特に好きなものがあれば教えてください。

DO:好きなのは『Adult Themes for Voice』だな。ワイルド過ぎて、聞いているとイライラしてくる。マイクとは、Jelがミュージシャンのネットワークを通じて知り合ったんだ。もとから、遠くからお互いに尊敬し合ってるような関係だったから、直接会ってみたらすぐにその距離を縮められた。マイクと一緒にやるのは自然なことだったし、とてもインスパイアされる経験だったよ。俺達の、リミックスではなくリメイクする、つまり既に出来上がっている曲の形だとかフォームに基づいて、全く新しい音楽を作るっていうやり方にも共感してくれたし。会った時にピンと来るっていうか、まるで生き別れになった双子同士みたいに感じるひとってたまにいるけど、まさにそういう感じだった。それに俺たちの音楽との関わりかたとか、美学とかっていうのも共通点になって、マイクとはすぐに友達になれたよ。


「Wishingbone」関連作品。左から:Dose OneイチオシのMike Pattonアルバム『Adult Themes for Voice』/Beck "Farewell Ride"オリジナル収録のアルバム『Guero』/新曲"Swan Song Meat"に参加しているFogの新EP「Loss Leader Ep」/同じく新曲"I Love LA 2"に参加しているHrvatskiのアルバム『Swarm & Dither』


「Wishingbone」ではビデオクリップも大きな話題ですね。SSSRが手がけたビデオはとてもクオリティが高く、そしてオリジナリティ溢れるものだと思います。彼らと仕事をするようになった経緯を教えてください。また、彼らのビデオから、サウンド的にSubtleが影響を与えられるということはありますか?

DO:"SSSRとは、<Lex>のオーナー、トムを介して知り合ったんだ。彼らがトムにコンタクトしてきて、レックスのヴィジュアルをやってみたいって言ってきたらしい。それで、トムがSSSRのヴィジョンと、俺達の世界観がぴったりなんじゃないかって思いついたんだ。やってみたら、すごく面白かったよ。ストーリーボードと詩や散文、ちょっとしたフレーズなんかをやり取りしていった。そうやって、SSSRとSubtleっていうふたつの異なる美意識を繋げる世界みたいなものが生まれてきて、最終的にああいう形になったんだ。


DVD収録、SSSR制作のビデオ"Long Vein Of The Law"から

Subtleでのあなたの役割は「主にヴォーカル」となっています。以前からあなたはポエトリーリーディングなどにも参加していましたが、「ラップ」というアートフォーマットにはもうそれほどこだわりはないのでしょうか?

DO:ヴォーカルだけじゃなく、曲のパーツを書いたりもするし、厳密に言うとプロダクションやサウンド・レコーディングを手掛けたり、あとはキーボードやサンプラーも担当してる。それから自分の歌詞を使って楽曲を構成しているとも言えるね。ラップっていうアート・フォームに関しては、俺はラップっていうのは、言葉と喉を司る術っていう、もっと大きなアート・フォームの一部に過ぎないと思ってる。詩を書くときには凄く気を使うし、それから「これだ」って思えるまで、曲にあわせてあらゆる方法でその詩を歌ったり、ラップしたり、喋ったりっていう風に試してみるんだ。

同様に、「ヒップホップ」というフォーマットに対してもお聞きします。あなたの表現のなかで、ヒップホップというものが重要な位置を占めていたことは確かだと思いますが、ここ数年の動きを見ていると意識的にヒップホップから離れているような印象を受けます(一方で枠に収まりきらないことをやるのがヒップホップだという見方も出来ますが)。それは意識的なことですか?現在あなたが持っている「ヒップホップ」というアートフォーマットに対する思いを教えてください。

DO:音楽のジャンルってすごく主観的なものだし、色んな見えないルールみたいなものが重なりあって、ジャンルとジャンルを分けているんだと思う。形の上では、ヒップホップっていうのは再サンプリングされたラップ、ロック、ファンク、ブルースに載って、誰かが喋ってるってことだよね。そして、ラップやロック、ファンク、ブルースも、元々は他の何か別の音楽から派生して出来たものなんだ。だから、ひとによっては俺達のやっていることは、ヒップホップへ続く黄金の道を逸脱しているって思うかもしれない。けれど俺達はただ、自分達の時代やそれ以前の時代のものを取り入れることによって、全く新しいサウンド、自分達がどうしても作らなければって思えるサウンドを作り出すっていう、伝統的なステップを踏んでいるとも言える。それに、もしも俺がヒップホップから学んだこと、アーティストとして引き出しをひとつ増したことがあるとすれば、それはただひとつ。唯一のルールは、ルールなんて存在しないってことなんだ。

ここ数年、一部では「ナード」というスタイルが広まってきています。枠にとどまらないラップ(ヒップホップ)のスタイルとしてあなたのスタイルがその先駆にも上がるかとも思いますが、ご自身でそのことについてはどう思われますか?

DO:別にナードには悪いイメージはないね。ナードって呼ばれたこともないし、ひとのことを色んな名前で呼びたがる暇なやつらにそう呼ばれたいとも思ったこともないよ。ただ単に、俺は電話で喋るときの普通の声を音楽のなかで使うことも厭わないし、ファルセットだって怖くないだけだ。それから、俺が書く詩の内容は確かに観想的だし、根深いとは思う。動物に関する意外な事実とか、炭素系生物の分子の重さだとかについて書いてるわけじゃない。よく魔法使いやビデオゲームのアニメ・キャラを刈るストリート・エルフについて書いているとか、そういう風に思われてるみたいだけど、そうじゃないんだ。俺達の音楽には新しいジャンル名をつけるべきなんだよ、知性的な人間を、そんな侮辱的な蔑称で呼ぶべきじゃない。


Anticon関連作品。左から:Jelの『Soft Money』/Why?の『Elephant Eyelash』/『Anticon Sampler 1999-2004』/『Anticon Presents Music For The Advancement Of Hip Hop』


そして、Anticonについてお聞きします。各メンバーそれぞれに独自の活動を続けていますね。Anticonとしてまとまって活動する予定などはもうないのでしょうか?

DO:クルー全員でなにかをやるっていうのは、ずっと俺の夢でもあるんだ。できれば、いつか実現すればいいなと思うよ。

では最後です。この後に出る予定だというSubtleのアルバムはどのようなものになりそうですか?日本のリスナーへのメッセージとあわせてお願いします。

DO:アルバムは、俺達の子供みたいなものなんだ。『For Hero: For Fool』ってタイトルなんだけど、自分達の持てるもの全てを注ぎ込んだし、それが表れてると思う。音楽的にも詩的にも、『New White』の続編的なものになっているよ。サウンドも歌詞も『New White』で扱ったテーマの延長線上というか、それが変化を遂げたものって言える。不規則なビートにのったロウなラップから、ポップソング的な骨組みでダークな雰囲気のポエムみたいなものまで、あらゆるものが入ってるんだ。自分達が得意な部分は更に強化しつつ、今までやりたいと思っていたサウンドにも挑戦したつもり。アルバムのアナログ盤には、実際に遊べる『For Hero: For Fool』ボードゲームが付いてくるんだ。とはいえ、ゲームに使うカードとかルール、それからゲームのやり方を知るには、実際にライヴに来なければいけないんだよ。ま、それも面白いかなと思って。それから日本に住んでいるファンのみんなには、とにかく感謝の気持ちしかないよ、本当にありがとう。今まで訪れたことのある場所の中で日本は一番遠いところでもあり、一番歓迎してくれた場所でもあるんだ。 自販機の暖かい飲み物とか、みんなが俺達の音楽を真摯に受け止めてくれるところとか、とにかく俺達にとってパーフェクトなところだって思う。

どうもありがとうございました。

協力:Hostess Entertainment


Subtle/Wishingbone
ミニアルバムがようやく国内盤で登場。多方面で話題となったBeck "Farewell Ride"のリミックス、Ms John Sodaのリミックス、そしてMike Patton、Hrvatski、Fogらの参加した待望の新曲も収録。DVDにはBritish Animation Awardsでベストミュージックビデオ賞を獲得した"Swanmeat"など3曲を収録。気鋭アニメーター集団SSSR制作のビデオも必見。DVD付きは限定盤なのでお早めに。


Subtle/New White
2002年頃にミニ・アルバム形式で作品を自主にて発表していた彼らの<Lex>からの2004年のフル・アルバム。サウンドはとにかくもはやカテゴライズ出来ない。ClouddeadやThemselvesもそのような要素はあったものの、ここではすでにJelによるSP1200系の音もDoseによる高速ラッピンも主ではなく、楽器演奏のなかですべてが渾然一体として進んでいく。不穏と穏やかさを交互に鳴らしているかのようなサウンドは、まったくもってオリジナルとしか言いようがないもの。



関連
Anticon作品集 - 増殖するアリさんたち
レーベルカタログ <Side Road>
レーベルカタログ <HUE>




▼hmv.co.jp ダンス&ソウル アーティストインタビュー集


※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

Wishingbone

CD

Wishingbone

Subtle

ユーザー評価 : 5点 (1件のレビュー) ★★★★★

通常価格(税込) : ¥2,678
セール価格(税込) : ¥2,411

発売日:2006年06月17日

  • 販売終了

%%header%%閉じる

%%message%%

Subtle/Dose One

  • Wishingbone

    CD 限定盤 コレクション 輸入盤

    Wishingbone

    Subtle

    ユーザー評価 : 5点 (1件のレビュー)
    ★★★★★

    通常価格(税込) : ¥2,689
    セール価格(税込) : ¥2,286

    発売日:2006年05月09日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • New White

    CD

    New White

    Subtle

    通常価格(税込) : ¥2,376
    セール価格(税込) : ¥2,138

    発売日:2006年03月01日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Soft Money

    CD 輸入盤

    Soft Money

    Jel

    ユーザー評価 : 4点 (1件のレビュー)
    ★★★★☆

    通常価格(税込) : ¥2,473
    セール価格(税込) : ¥2,226
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,930

    発売日:2006年02月28日


    • お気に入りリストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Ha

    CD 輸入盤

    Ha

    Dose One

    通常価格(税込) : ¥2,905
    セール価格(税込) : ¥2,470

    発売日:2005年08月10日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Them

    CD 輸入盤

    Them

    Themselves

    ユーザー評価 : 4.5点 (3件のレビュー)
    ★★★★★

    通常価格(税込) : ¥2,365
    セール価格(税込) : ¥2,129
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,869

    発売日:2003年03月11日


    • お気に入りリストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Ten

    CD 輸入盤

    Ten

    Clouddead

    ユーザー評価 : 5点 (2件のレビュー)
    ★★★★★

    通常価格(税込) : ¥2,905
    セール価格(税込) : ¥2,470
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,179

    発売日:2004年03月01日


    • お気に入りリストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です

関連作

  • Brookland / Oaklyn

    CD 輸入盤

    Brookland / Oaklyn

    Alias / Tarsier

    通常価格(税込) : ¥3,013
    セール価格(税込) : ¥2,712
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,441

    発売日:2006年05月23日


    • お気に入りリストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Blue Eyed In The Red Room

    CD 輸入盤

    Blue Eyed In The Red Room

    Boom Bip

    通常価格(税込) : ¥926
    セール価格(税込) : ¥834

    発売日:2005年03月05日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • 10th Avenue Freakout

    CD 輸入盤

    10th Avenue Freakout

    Fog

    通常価格(税込) : ¥2,365
    セール価格(税込) : ¥2,129
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,987

    発売日:2005年03月22日


    • お気に入りリストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Dj Kicks

    CD 輸入盤

    Dj Kicks

    Four Tet

    通常価格(税込) : ¥2,257
    セール価格(税込) : ¥1,604
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,604

    発売日:2006年06月24日


    • お気に入りリストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Exchange Session: Vol.2

    CD 輸入盤

    Exchange Session: Vol.2

    Kieran Hebden / Steve Reid

    通常価格(税込) : ¥2,473
    セール価格(税込) : ¥2,226
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,978

    発売日:2006年06月06日


    • お気に入りリストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Exchange Sessions: Vol.1

    CD 輸入盤

    Exchange Sessions: Vol.1

    Kieran Hebden / Steve Reid

    通常価格(税込) : ¥2,268
    セール価格(税込) : ¥1,500
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,500

    発売日:2006年02月27日


    • お気に入りリストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Disconnected

    CD 輸入盤

    Disconnected

    Funkstorung

    通常価格(税込) : ¥2,473
    セール価格(税込) : ¥2,226
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,930

    発売日:2004年03月27日


    • お気に入りリストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Midriff Music

    CD

    Midriff Music

    Josh Martinez

    ユーザー評価 : 4.5点 (2件のレビュー)
    ★★★★★

    通常価格(税込) : ¥2,462
    セール価格(税込) : ¥2,216
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,970

    発売日:2005年03月20日


    • お気に入りリストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • One Way Ticket

    CD 輸入盤

    One Way Ticket

    Paranoid Castle

    通常価格(税込) : ¥2,473
    セール価格(税込) : ¥2,103
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,855

    発売日:2004年11月25日


    • お気に入りリストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Heights

    CD 輸入盤

    Heights

    Factor

    通常価格(税込) : ¥2,473
    セール価格(税込) : ¥2,103
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,855

    発売日:2005年03月25日


    • お気に入りリストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Lemon Tea

    CD

    Lemon Tea

    Nomad

    通常価格(税込) : ¥2,263
    セール価格(税込) : ¥2,036
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,810

    発売日:2006年05月21日


    • お気に入りリストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Hue And Laugh And Cry: Soundsof Humming Hip Hop

    CD コレクション

    Hue And Laugh And Cry: Soundsof Humming Hip Hop

    ユーザー評価 : 4点 (1件のレビュー)
    ★★★★☆

    通常価格(税込) : ¥2,052
    セール価格(税込) : ¥1,847
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,642

    発売日:2006年04月16日


    • お気に入りリストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Being Kurtwood

    CD

    Being Kurtwood

    Zucchini Drive

    通常価格(税込) : ¥2,462
    セール価格(税込) : ¥2,216
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,970

    発売日:2006年01月22日


    • お気に入りリストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • When Pigs Fly

    CD

    When Pigs Fly

    Chicharones

    通常価格(税込) : ¥2,462
    セール価格(税込) : ¥2,216
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,970

    発売日:2005年09月24日


    • お気に入りリストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Red All Over

    CD

    Red All Over

    Nolto / Factor

    通常価格(税込) : ¥2,462

    発売日:2005年09月04日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Tenth Street And Clarence

    CD

    Tenth Street And Clarence

    Soso

    ユーザー評価 : 4点 (1件のレビュー)
    ★★★★☆

    通常価格(税込) : ¥2,462
    セール価格(税込) : ¥2,216
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,970

    発売日:2005年07月16日


    • お気に入りリストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Burner

    CD 輸入盤

    Burner

    Odd Nosdam

    通常価格(税込) : ¥3,013
    セール価格(税込) : ¥2,712
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,441

    発売日:2005年06月14日


    • お気に入りリストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Live From Rome

    CD 輸入盤

    Live From Rome

    Sole

    ユーザー評価 : 4.5点 (2件のレビュー)
    ★★★★★

    通常価格(税込) : ¥3,013
    セール価格(税込) : ¥2,712
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,441

    発売日:2005年03月05日


    • お気に入りリストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です
1/5まで!厳選国内CD単品10%オフ/2点で20%オフ このアイコンの商品は、 1/5まで!厳選国内CD単品10%オフ/2点で20%オフ 対象商品です

Dose One (Subtle/Anticon)に直撃!のページをご覧の皆様へ
HMV.co.jpでは、CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなど税込2,500円以上のお買い上げで、国内一括配送の配送料が無料となります。(一部送料有料指定商品を含む場合は有料となります)
本・雑誌・コミックを含むお買い上げ合計税込1000円以上のご注文も、国内一括配送料無料となります。(非会員購入は対象外)
国内最大級のECサイトです!Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

HMV.co.jp

情報の一部は(C)2014 Rovi Corporation., japan music data.により提供されています。
また、書誌データの一部は「BOOKデータベース」(著作権者:(株)トーハン/日本出版販売(株)/(株)紀伊國屋書店/日外アソシエーツ(株))の情報です。

HMV.co.jpの表示価格はオンラインでの買物のみに適用され、HMV店舗の表示価格と異なる場合がございます。

株式会社ローソンHMVエンタテイメント 東京都公安委員会 古物商許可 第302171105567号
Copyright © 1998-2014 Lawson HMV Entertainment, Inc