ローチケHMV > HMV > 音楽CD・DVD > 商品・チケット情報 > ジャパニーズポップス > Top 100 Japanese pops Artists - No.95

Top 100 Japanese pops Artists - No.95

2003年8月28日 (木)

日本を代表するサウンドクリエイター大沢伸一。 その彼のユニットMondo Grosso
そもそもMondo Grosso(イタリヤ語で「大きな世界」の意)は京都で91年に結成され、 大沢伸一がリーダー兼ベーシストのバンドであり、 中村雅人(Sax/現Sleep Walker) 吉澤はじめ(key/Cosmic Village)、フランス系黒人のB-BANDJ(RAP)を中心メンバーに、 共同プロデューサー/マネージメントにKyoto Jazz Massive沖野修也を迎え、地元のクラブを 拠点に活動するユニットだった。

DJとして活動するアーティストがほとんどだった日本のアシッド・ジャズ・シーンで、 唯一ライブも熱い実力派バンドとして注目を集め、93年、アルバムMondo Grossoでメジャーよりデビュー。 海外でも高い評価を得て、ヨーロッパやアメリカでもアルバムや12インチがリリースされ、ヨーロッパツアーを 敢行。

95年にはセカンドアルバムBorn Freeをリリース。そのツアー後、96年大沢以外のメンバーが脱退し、 以降は大沢が楽曲によって様々なシンガーやミュージシャンを起用するというコラボレーション・ユニットの 形態となる。97年には大沢1人としては初のアルバム、通算ではサードアルバムとなるCloserをリリース。 このアルバムの完成度の高さは、のちの大沢伸一の活躍の決定打となった。

そのアルバムの成功から、大沢は一気にプロデューサーとしての活躍をみせるようになる。有名なところでは、UAリズムCharaJunior Sweet、 そしてMonday満ちるYou Make Meなどの作品を 手掛け、、メジャーシーンにおいてもプロデューサーとしての手腕を発揮。

さらにソニーに移籍して設立した『REALEYES』から、彼のフル・プロデュースによる女性をデビューさせる。 それはもちろん、あのBird。デビューアルバムとなったBirdは、70万枚のヒットを記録し、一躍プロデューサー 大沢伸一の名を知らしめた。

さらに、そのBirdをフューチャリングしたLifeを 2000年にMondo Grosso名義でヒットさせ、 その後名作の誉れ高き4枚目のアルバムMG4をリリース。このアルバムはアメリカやヨーロッパをはじめ、世界25カ国で リリースされるという異例の世界規模の活躍をみせる。

その後、日本人アーティストとしては初めジャミロクワイのリミックスを手掛けたり、 2002年にFIFAワールドカップ(フランス大会です)のインターナショナル公式アルバムFever Pitchに 日本人で唯一楽曲提供するなど、さらに世界的評価は高まった。

さらに、自身の活動へとシフトチャンジした大沢伸一は、2002年にBoAをフューチャリングしたシングル Everything Needs Loveを、続いて03年5月Dragon AshKjを フューチャリングしたShinninをスマッシュヒットさせる。 また、中島美嘉をクラブジャズに挑戦させたシングルLove Addictなど、様々な分野のアーティストを新境地へ 導くプロデュースワークも積極的に行っている。
そして、待望の5thアルバムNext Waveをリリース。今作では盟友テイトウワをはじめ、リズム以来となる UAを迎えて壮大な楽曲を披露したり、海外からも数々の有名アーティストを迎え、渾身の作品を披露!
大沢伸一ここにあり、といえる凄まじいアルバムを完成させ、あらためて彼のサウンドワークの素晴らしさを 世に知らしめる結果となった。

※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

Top 100 Japanese pops Artists The List So Far....