トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > ダンス&ソウル > 100人の偉大なアーティスト - No.24

100人の偉大なアーティスト - No.24

2003年5月29日 (木)

’67年、まだ26歳という若さでこの世を去ってしまった偉大なるR&Bシンガー、オーティス・レディング。その活動は僅か7年ながら、彼が残した功績は20世紀の音楽史に深く刻み込まれている。

1941年9月9日、ジョージア州ドーソンに生まれたオーティスは、リトル・リチャードの故郷でもあり、ジェームス・ブラウンが’50年代半ばに一気に名を上げるきっかけともなった街メイコンで育った。両者は10代のオーティスに強烈な影響を与え、学校のバンドでドラムを叩いたり、教会で歌ったりする少年時代を過ごした。この頃には、数々のタレント・コンテストにも出場、優勝を一人占めしたという。’58年には、メイコンのダグラス・シアターで行なわれたTVショウ「Teemage Party」に出演、そこでリトル・リチャードの「ヒービー・ジービーズ」を物真似したオーティスは観客の大きな喝采を浴びた。また、この時期はオーティスにとって大変意義深い出会いを果たした頃でもあり、未来の妻となるゼルマ、後のマネージャーともなるフィル・ウォルデン、そして売れっ子ブルース・ギタリスト、ジョニー・ジェンキンス達。そのジョニーのツアー・バンドに加わり活動を始めたオーティスは60年、同バンドでの始めてのレコーディングを行い、プロのミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせる。

その後、Stax/Voltレーベルとソロ契約を結んだオーティスは’63年、ソロ・デビュー・シングル"ジーズ・アームス・オブ・マイン"を発表、R&Bチャートで最高20位を記録するヒットとなり一躍注目される。サム・クックを偲ばせるその唱法は続く"ザッツ・ホワット・マイ・ハート・ニーズ"でも絶賛され、彼の代表作の1曲ともなった"ペイン・イン・マイ・ハート"でその人気を決定付けた。同年、あの伝説のアポロ・シアターに招かれたオーティスは舞台裏にいたドリフターズルーファス・トーマスベン・E・キングといった当時のスター・シンガー達をその圧倒的パフォーマンスで驚かせたという逸話も残っている。

しかし、’64年にリリースされたシングル"カム・トゥ・ミー"、"セキュリティ"、"チェインド・アンド・バウンド"は何れも大きなヒットには結び付かず、翌年、"Mr.Pitiful"で初のトップ10入りを果たす事となる。かつてないほどのハイトーンで聴かせるオーティスのそのパフォーマンスはまさに自信と威厳に満ちていた。’65年発表のアルバム「ザ・グレイト・オーティス・レディング・シングス・ソウル・バラッド」ジェリー・バトラーの「For Your Precioius Love」をカヴァーし、それがきっかけとなって生まれたのが、生前の彼の最高ヒットとなる"アイヴ・ビーン・ラヴィング・ユー・トゥー・ロング"である。ここでのオーティスはかつての作品にはなかったほど孤独に打ちひしがれていて、荒々しくも堂々たるヴォーカルを聴かせてくれた。後にアレサ・フランクリンがカヴァーしてナンバー1ヒットとなる"リスペクト"を発表したのもこの年で、"I've Been〜 "とは打って変わったオーティスのグルーヴ感が際立った、これまた彼の最高傑作の1曲である。

’66年にはロックの王者ローリング・ストーンズの最新ヒット"Satisfaction"の度肝を抜くカヴァーでR&Bチャート最高4位を記録。さらにその夏に発表されたアルバム「ソウル辞典」も大ヒットした。このアルバムの中には、代表曲"マイ・ラヴァーズ・プレイヤー"、"Fa-Fa-Fa-Fa-Fa(Sad Song)"、そしてあの不朽のスタンダード・ナンバー"トライ・ア・リトル・テンダネス"が収録されている。’67年、カーラ・トーマスとのデュエット"トランプ"とシングル"I Love You More Than Words Can Say"がチャートを賑わせている頃、オーティスは意気揚々とヨーロッパでのツアーを成功させていた。(死後「ライブ・イン・ヨーロッパ」として発表)

しかし、サム・クックのカヴァー"シェイク"、 ベニー・グッドマン のカヴァー"グローリー・オブ・ラブ"のヒットを経て、結果的には生前最後のシングルとなった"ノック・オン・ウッド"を残してオーティスは突如この世を去る。1967年12月10日、日曜日。オーティスとツアー・バンドのバーケイズはクラブ・ショウ出演の為、自家用飛行機でクリーヴランドからウィスコンシン州マディソンへ向かった。午後3時半を回った頃、機はマディソン付近で着陸体勢に入るが、回りは深い霧に包まれ、滑走路を見失ってしまったパイロットはそのまま湖を覆う鈍色の氷上へと導いてしまう。機は氷を突き破って沈没、まだこれからという才能溢れる若きソウル・マン、オーティスは26年というその生涯をここに閉じる事となる。

しかし、オーティス伝説は決してこれで終止符を打つ訳ではなかった。死の僅か3日前に録音を取り終えていた遺作"(Sittin' On)The Dog Of The Bay"(名ギタリストでもあるスティーヴ・クロッパーとの共作)は翌’68年、全米チャートで初のナンバ−1を獲得するビッグ・ヒットとなった。それまでのオーティスとは趣を変えたこのフォーキーなバラードは、全世界で彼の死を惜しむ声と共に愛唱され、30年以上の時空を超えて今尚、私達に感動を与えてくれる。"The Happy Song"、"I've Got Dreams To Remember"、"Love Man"、"Free Me"等、死後多くの未発表作品が発掘されたが、そのどれもが亡きオーティス自身への鎮魂歌として胸打たされるものだった。

60年代のサザン・ソウルにおける最高のシンガーであった事は言うに及ばず、その圧倒的なヴォーカ・パフォーマンスはあらゆるジャンルを超越して後の多くのシンガー達の指針ともなったオーティス。まさに20世紀を代表する偉大なシンガーだった。
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

top 100 most influential artists The List So Far....