トップ > 音楽CD・DVD > 商品・チケット情報 > ロック > 100人の偉大なアーティスト - No. 53

100人の偉大なアーティスト - No. 53

2003年4月30日 (水)

ビートルズローリング・ストーンズエルトン・ジョンロッド・スチュワートなどイギリス出身のミュージシャンで特にアメリカへの憧れが強く、現在の音楽シーンに絶大な影響をもたらしているこれらのバンドに影響を与えたミュージシャンこそがリトル・リチャードだ。とくに影響が強く現れているのがエルトン・ジョンのピアノに上る派手なステージ・アクション。またポール・マッカートニーは作曲スタイル、ヴォーカル・スタイルとほぼ全ての面での影響が大きくリトル・リチャード出会っていなかったら今のポール・マッカートニーはなかったのではないかと思われる。

リトル・リチャード(本名:リチャード・ウェイン・ペニマン)は1935年、アメリカ、ジョージア州メイコンで誕生する。祖父がキリスト教の牧師をしていたため幼少の頃から地元の教会でゴスペルに親しんでいた彼は必然てきに教会のゴスペル・コーラス隊に参加し歌いはじめていた。

しかし、彼は心に抱えていた秘密=同性愛者ということを両親に話したことで運命が変わりはじめてくる。厳格なクリスチャンの両親はこの事実を受け止めることが出来ず対立、そして彼は家にいることが出来なくなり大道芸的なパフォーマンスを行う集団に入り歌うことを決意することとなった。しばらくここでのパフォーマンスを続けながらお金を稼ぎ、ほとぼりの冷めたころを見計らって街に戻り地元のクラブでピアノを弾き、歌うようになったというがこのときまだ15歳だった。

1951年、ラジオ番組のタレント・オーディションへの応募をきっかけに運が彼の方へと向いてきた。このオーディションで見事に優勝したリトル・リチャードは地元DJの紹介でRCAでのレコーディングを行い、ここでの才能が認められレコード・リリースの契約までこぎつけた。そのレコーディングしたレコードは1952年デビュー・シングル“Taxi Blues”というタイトルでリリース。しかしローカル的なヒットは見せたものの、続いてリリースした2枚のシングルともども商業的なヒットとはいかず、昼間は皿洗いという地味な仕事を、夜は怪しげなバーで働きながらとまたチャンスを窺う日々を送ることとなった。また、バンドを結成して作品をリリースするものの「成功」の文字からは程遠いものだったという。

失意のどん底にいるリトル・リチャードにチャンスが訪れた。スペシャリティ・レコードのロイド・プライスに紹介により同レーベルの社長に送ったデモ・テープが興味をひき再びレコーディングを行う契約を結んだ。1955年、すぐにニューオリンズにてレコーディングが行われたがなかなか上手くいかない作業に苛立ったリトル・リチャードは意味不明なフレーズを口にした。このときのフレーズを曲にしたのが、ロック史上重要な名曲“Tuttifrutti”だ。この曲は同年10月にリリースされると同時に大ヒットしビルボード誌のR&Bチャートでは2位を、ポップ・チャートでも17位にまで上がるヒットを記録した。この“Tuttifrutti”はエネルギッシュなヴォーカルにピアノヤサックスといったホーン・セクションの絶妙なグルーヴ感が当時の音楽シーンには新鮮な曲だった。

この曲のヒットで勢いのついたリトル・リチャードは“Long Tall Sally(のっぽのサリー)”“Slippin’& Slidin’”“Rip It Up”など続々とシングルをリリースしヒットを飛ばし、リトル・リチャードの名は一気に全米へと広まっていった。この後これらのヒット曲はビートルズなどにカバーされることとなりロックのスタンダード・ナンバーとなっている。

全米での人気が頂点に達した頃初の海外ツアーを行う。オーストラリアへと向かう彼らを乗せた飛行機がなんと火を噴く事故を起こすというとんでもない出来事が起きる。このときに「これはロックンロールに心を奪われた自分への神への怒りではないか、もし助かるならば神職につきます」と必至で祈ったところ無事助かったといわれ、’57年この祈り通りに引退を表明。宗教家への道へと進むべく神学校に入学してしまった。この後しばらくは世界中で布教活動を行いロックンロールを歌うことをやめ、ゴスペルを歌うようになった。この時何枚かのゴスペルのレコードもリリースしたもののこの活動は長くは続かず1962年に俗界へ復活している。

’62年秋頃、シーンに復活したリトル・リチャードはイギリス、ドイツへとツアーに出た。着実にヨーロッパでの人気も上っていく中ドイツのハンブルグではビートルズと出会っている。ここでの縁がきっかけとなりリバプール公演のときにはビートルズがバック・バンドを務め、ポール・マッカートニーに至っては “Long Tall Sally(のっぽのサリー)”の手ほどきを受けたともいわれている。その後2ヶ月ほどドイツのクラブに出演、エキサイトしたリトル・リチャードは下着姿で歌い踊りまくったらしい。

ツアーが終わりアメリカへ戻ったあとも順調に活動を続け、ライヴ、レコーディングとキャリアを重ねていく。しかし、1979年また突然-活動を休止、神の道へと導かれてしまった。以前同様熱心に布教活動を続けるものの長続きせず1980年代には復活してきている。

’86年「ロックの殿堂入り」を果たしたリトル・リチャードの活動に終わりはなくU2とともにB.B.Kingのセッションに参加したりと多彩な活動をみせている。

’60年代アメリカの音楽シーンを席巻したブリティッシュ・インベージョンに対してもかなりの影響力をもたらしている。特にビートルズローリング・ストーンズなどはステージ・パフォーマンスにおいて曲などを取り入れたりもしている。リトル・リチャードというアーティストが生まれていなかったら、現在の音楽シーンもちがうものとなっていただろう。

※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

hmv recommends

Georgia Peach

CD 輸入盤

Georgia Peach

Little Richard

ユーザー評価 : 5点 (2件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥2,473
会員価格(税込) : ¥2,276
まとめ買い価格(税込) : ¥1,608

発売日:1991年08月05日
通常ご注文後 8-15日 以内に入荷予定

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

top 100 most influential artists The List So Far....