【HMVインタビュー】The fin.『Through The Deep』

2016年3月16日 (水)


the fin.

ご購入はこちら

The fin. 『Through The Deep』


2016年3月16日 発売

【ローチケHMV限定特典】ポスター
※発送の都合上折り畳んでのお届けとなります




-- お久しぶりです。新作「Through The Deep」のリリースおめでとうございます。まず新譜について訊かせてください。

Yuto Uchino (Vo/Synth/G): 今作は少し前に作った曲が多くて、前作のアルバム(「Days With Uncertainty」)を出したすぐ後に作りました。そのファーストアルバムは結構コンセプチュアルなものだったので、その分今作では自由に作ることができましたね。あんまり制約に縛られずに、いろんな事やってみようって発想で作りました。


-- 今回シンセの割合が増えている印象があります。

Yuto Uchino: そうですね。曲の作り方が変わってきて、俺がデモの段階で結構作り込んで持って来るようになったんですよ。今ままでは、どっちかというとまずはバンドで音を出して、その中で出来ることをやっていたんですが、最近は自分のやりたい事をそのままバンドで表現できる状態になっていますね。


-- その分、若干ギターの割合が控えめになったりするものですか?

Ryosuke Odagaki (G):バンドの音が変わっていく中で自分のギターの音はどうするのが良いんだろうって感じで探っていたので、別に自分のギターの割合が減ったとかそういう観点では見てないです。自分がギターを弾いていても、シンセを弾いていてもどっちでも良くて、今のバンドの音に対して自分は何ができるか、っていう考えでした。


-- シンセの使い方などは変わって来たようですね。

Yuto Uchino:あー、でも自然にそうなったかんじですね。


-- 『White Breath』のサビ前のシンセのフレーズは印象的ですよね。

Yuto Uchino: そうですね。それも、自然とそうなったのかな。


-- 機材が増えたってことですか?

Yuto Uchino:確かに機材はすごく充実したんですよ。全部自分の家で録音しているんですけど、レコーディング機材とかドラムパッドは増えたので、その分自由に作れるようになりました。


-- ドラムパッドの音が効果的ですよね。どんな機材を使っているんですか?

Yuto Uchino:Native Instrumentsの「Maschine」っていうのを使っていて、これってすぐ踊れるビートを作ることができるんですよ。だから重宝していますね。


-- 他にもレコーディングで使う機材って増えてきましたか?

Yuto Uchino:ファーストアルバムを録った時はマイクプリアンプとかだけだったんですけど、最近はアウトボードのコンプや、用途に合わせてマイクを何本か買ったりしてます。最初のEPを作った時にはホントただのホームスタジオみたいな状態だったんですけど、だんだんと本格的な機材が揃ってきてますね。


-- ご自宅で録った音がプリプロだけではなくて、最終的な音源に使えるレベルまで上がったってことですよね。ではYutoさんがレコーディングエンジニア的な視点でリスナーの方に聴いて欲しい部分はどの辺ですか?


Yuto Uchino:やっぱり音の作り方は気にしていて、音の質感にはすごく拘ったので、そのあたりを感じて欲しいです。


-- ご自身で録音する場合と、外のエンジニアさんと録音作業した際の違いは感じますか?

Yuto Uchino:やっぱりプロでやっている人はうまいんですよ。経験や技術もあるからほんとに頭が上がらないくらいで。でも、俺にとってレコーディングやミックスって作曲する作業に近くて、音の質感も自分の手で作り上げていくプロセスが自分には大事なので、このスタイルの方がより自分らしい曲になりますよね。


-- では、メンバーからみてYutoさんのレコーディング作業やセンスはいかかですか?

Ryosuke Odagaki:やはり僕らとしても第三者を介すよりも分かりやすいですし、あーこの音は必要なかったんだなとか、Yutoが考えていることがハッキリ分かるからやりやすいですね。あと、変な話、レコーディング作業の時、バンド以外の他の人がいるとやりにくいこともあったりするじゃないですか?(笑)そういうロスが無い状態でレコーディングできるので、やり取りが簡潔なのがすごくありがたいですね。


-- 録音はベースやギターもYutoさんのご自宅で録っているんですか?

Yuto Uchino:はい、うちの部屋ですね。


-- 怒られないですか?近所から。

Yuto Uchino:うちの家、防音なんですよ。だから苦情来ないですよ。あ、1回あったか。電話がかかってきて「低音が聴こえる」って言われて。で、僕も「あー、そういえばうちも聴こえますよ」って返したんですよ。

一同:爆笑

Yuto Uchino:「まあ、それはお互い様じゃないですか〜」って言って。(笑)


-- ミックスの音を他のメンバーさんからダメ出しされる事などはあるんですか?

Yuto Uchino:それはあまり無くて、ほんとレコーディングについては任せてもらってます。そのへんは全体的にみんな信頼してくれているので、曲造りやアレンジも自分のやりたいようにやらせてもらってますね。


-- 今はYutoさんが録りたい音でレコーディングできる理想的な状況だと思いますが、徐々にこうなってきた感じですか?

Yuto Uchino:The fin.を始めてから自分の中に録りたい音像が見えてきたので、それを表現していく感じですね。だからミキシングでまだ技術的に難しいことってたまにあるんですけど、自分自身がどんな音にしたいか分からないってことはほぼ無くて。だから結局自分でやった方が早いんですよね。


-- では、The fin.の音をまとめているYutoさんから見て他のメンバーさんはいかかですか?

Yuto Uchino:The fin.を組んだ時って、ドラムとベースは全くの初心者だったんですよ。バンド組んでからは、僕がドラムのNakazawaに対してスタジオ入るたびに怒ってたんですよ。(笑)ここが良くない、あそこが良くないってずっと。


-- 道場じゃないですか。(笑)

Yuto Uchino:いや、もう、ほんとそうです。(笑)良く続けてこれたな、みたいな。でも、ここ何年かでリズム隊の二人がすごくがんばって、プレイヤーとしてかなり成長してくれて。そういうのもあって、俺も好きな曲を自由に書けるようになりましたね。俺が好き勝手に曲を作っても、まあ、あの二人ならがんばって練習してくれるだろう、って。(笑)彼らもそれを楽しんでやってくれているようなので良いかなと。こちらも信頼して曲を作れますし。


-- では次に海外ツアーのことを訊かせてください。結構いろんな所へ行ってますよね。なにかエピソード的なものはありますか?

Yuto Uchino:マネージャーの荷物がアメリカ行きの飛行機で無くなったってことはありましたね。(笑)


-- バンドで海外を周ってみて手ごたえはありましたか?

Yuto Uchino:海外でのライブが良すぎて。やっぱり向うはライブですごく盛り上がるじゃないですか、熱狂的に。だから反動で日本でライブやった時に会場が静かな場合、ちょっとやりにくいなって思ったり。でも、いまは日本と海外のそれぞれの良いところが分かってきたので大丈夫です。


-- どこの国が一番反応良かったですか?

Yuto Uchino:うーん、どこも反応は良いんですよ。

Ryosuke Odagaki:アメリカではライブやるハコによって色がありましたね。

Yuto Uchino:ライブ前のBGMでずっとラウド系の音楽が流れてて、そこで俺らが演奏したら、お客さん皆シーンってなったり。(笑)でも、別の町のフェスで演奏するとめっちゃ盛り上がったりとか。


-- ちなみに、どの曲が一番ウケが良かったですか?

Ryosuke Odagaki:「Night Time」は良いですね。みんなビデオで観て知っているから。

「Night Time」



Yuto Uchino:バンコクでライブやった時は、お客さんも一緒に唄ってくれるんですよ。結構びっくりました。(笑)


-- そういえば前回のアジアツアーのスケジュール見ましたけど、結構タイトに詰め込んでましたよね。

Yuto Uchino:そうそう。もうやばかったですよ。ツアーの最後は台湾だったんですけど、メンバーみんな疲労で意識がおかしい事になってて。(笑)マクドナルドを買ってきてもらって食べたんですけど、全然味が分からなかったです。(笑)でも、台湾ではお客さんがすごい沢山来てくれて嬉しかったですね。


-- あ、Facebookで見ましたよ。入場の列がすごいことになっていましたね。

Yuto Uchino:まあ、かなり疲れたツアーでしたけど。(笑)

マネージャーY氏:こういうこと経験するとバンドは強くなっていくんですよ。

Yuto Uchino:俺らをサイヤ人かなんかと思ってません?(笑)まあ、着実に鍛えられてますけど。


-- では次回は少しゆっくりしたツアースケジュールになるといいですね。

Yuto Uchino:さっきちょうどそれを話してたんですよ。やっぱりゆっくりビールくらい飲める日程にしないと。(笑)


-- では最後にまとめで、ローチケHMVをご覧のみなさんに一言をおねがいします。

Yuto Uchino:前のアルバムよりバリエーション豊富なので、皆さんのどこかのシチュエーションにバッチリはまると思うんですよね。例えば「Through The Deep」は夜中〜明け方にはまると思いますので聴いてほしいです。


-- なるほど、分かりました。今日はありがとうございました!




ライブ情報

"Through The Deep Tour"
2016年4月1日(金) 心斎橋 Music Club JANUS
OPEN 18:30 / START 19:00

2016年4月2日(土) 名古屋 CLUB UPSET
OPEN 18:30 / START 19:00

2016年4月9日(土) 渋谷 CLUB QUATTRO
OPEN 18:00 / START 19:00

チケット


「Through The Deep」



Twitter【 最新J-POP情報つぶやき中! HMV J-POP Twitter!】
HMVの邦楽バイヤーによる、邦楽専門アカウントです。独自の視点でオススメ作品をご紹介!特集・連載企画などもバシバシUpしていきますよ。

※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

THROUGH THE DEEP

CD

THROUGH THE DEEP

The fin.

価格(税込) : ¥1,620

発売日:2016年03月16日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

過去作品

  • Days With Uncertainty

    CD 紙ジャケ

    Days With Uncertainty

    The fin.

    価格(税込) : ¥2,376
    会員価格(税込) : ¥2,186
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,901

    発売日:2014年12月03日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Glowing Red On The Shore EP

    CD

    Glowing Red On The Shore EP

    The fin.

    価格(税込) : ¥1,620
    会員価格(税込) : ¥1,490
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,296

    発売日:2014年03月19日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

12/8(木)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で20%オフ このアイコンの商品は、 12/8(木)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で20%オフ 対象商品です