トップ > 音楽CD・DVD > 商品・チケット情報 > ジャパニーズポップス > インディーズ > 【特集】 nego ニューアルバム『THE WORLD』 セルフライナーノーツ

【特集】 nego ニューアルバム『THE WORLD』 セルフライナーノーツ

2015年5月20日 (水)

初の試みとして、それぞれのメンバーが作った曲を収録した最新作『THE WORLD』。制作過程の裏話も含めてnego最高傑作たる所以を説明して参りたいと思います。
向山聡孝(リーダー)

01. Ants

曲が完成したのはアルバム発売から2年ほど前。ディジュリドゥとタブラ、ピコピコシンセでちょっとチャラチャラしたEDMに仕上げるのが目標。仮題がバラモンダブだったが、今となってはやめておいてよかった。
曲が出来上がって来て「歌も入れたい」となり、タブラに合いそうなインドの女性シンガー音源を探して仮歌として入れてみたところ予想以上にハマり「Ants」の原型となる曲が完成。
実はインドのシンガーではなく”インディアちゃん”って名前のスペイン歌手だったのは後で気付いたこと。同時にタブラも合わなくなって消しちゃったのでインド要素は皆無となりました。
misatoちゃんの圧倒的な声の力。negoを代表するであろう自信作です。

02. Edge of…

アルバムの中で一番最後に出来た曲。当初「Shadows」のエンディングのドラムパターンをループさせて、アウトロから派生した曲に仕上げる予定だった。後に「Shadows」の最後の展開も変わったので完全に孤立して制作が止まった時期もあった。
デモ版ではアコースティックギターとストリングスが入って、もっとラテンな感じの曲だったが「もっとダークでストイックな曲にしたい」とmitchelに言われ、そうなったストイックな奴です。
タイトルの"..."には"Kitazawa"が隠れており、"誰にも見せない北澤の素顔"というのが邦題。

03. Shadows

これまでのnegoっぽくないBPMで作ってみた意欲作。リズムトラックは生ドラムで録り直す予定だったが、アルバム制作の途中のメンバー会議で"生ドラム以外の曲も収録する"方針になり、リズムトラックは打ち込みのままで採用。
重めなビート、ピアノの旋律、それはまさに当時ハマっていたTomyWealthのイメージが完全に盛り込まれた曲になり、その後Tomy君にアルバムを聞かせたところ「Shadows」が良かったと言われ"共感"出来たことに満足している。
ボーカルの4hoちゃんには本編の6倍くらいの尺を歌ってもらっているが、細かくエディット&DUBして控えめで大人なトラックに仕上げてみました。

04. Lopez Summer

元々は私のソロ作品としての曲。なんとなくアルバムのイメージに合っていたことから「Hello World」に続くように、短くエディットした言わばショートバージョンとして収録。
Lopezとは友達のDJクニロペスから勝手に拝借しており、もちろん本人の許可も得ていない。クニの夏(の恋)を勝手にイメージした曲。
パーカッションは生かサンプリングかで最後まで悩んだが、生きている音ではない方がイメージにあっていたため、あえてサンプリングの音で。いつか生パーカッションでも録ってみたい。

05. Hello World

まだ「World」を作っている途中、「この曲にはtotoさんの声を入れたい」とメンバーに相談したところ即決。ちょうど某イベントでtotoさんに会う機会があって直接お願いしてみた。完成まで1年くらいかかった大作。最初の曲のイメージは人の居ない世界(World)だったはずが、mitchelは「ある少女の一生」をVJテーマとして、そのVJを見てtotoさんのリリックが産まれた。何か不思議な形でリレーされて完成した曲。男達だけでは決して完成しなかったであろう素晴らしい曲。もちろん大変満足している。

06. Birth

"みんなで曲提供してみよう"mitchel編。初めてデモ版を聞いた時「なんか変な曲だな」と思った。変なところで4つ打ちが始まって何故かすぐ終わるし、ディレイタイムの設定もなんか変だし。でもそこが斬新で良いと思ったから展開とか触らず、ほとんどデモ版のままにしている。もしかしたら天才なのかも。
生ドラムにしたら予想以上にハマって、今回のアルバムの中でもかなり気に入っている曲の一つ。ミックスではGanちゃんのギターの編集が結構大変だった。なんであんなに複雑なフレーズにしたかは、きっと本人が一番疑問に思っているはず。

07. Hermit Crab No.5

"みんなで曲提供してみよう"中島編。「曲出来たよ」と言われて聞いたデモ版は、iPhoneアプリで作った3つくらいの音が消えたり入ったりを繰り返してるだけだった。ミニマルではあるけど「え!?このループだけ!?」と焦った。その後に曲のイメージを聞きながらゴリゴリとアレンジして1ループを保ちながらも、結果的に壮大なスケールの曲へと仕上がって満足。ちょっとファンタジーっぽいところも好き。
最初のシンセベース音は「"Thriller"じゃん!」と突っ込みたくなるが、そこはあえて寄せて行ったという説もある。

08. Stratos

"Florian Meind"のThe Beginning (Stephan Bodzin STRATOS Remix)を「バンドでやってみよう」から派生して作られた曲。ドイツの御作法も意識しつつ、最後は豪快に脱線してます。
ハイハットのアクセント、スネアの入り方、キックの抑揚。こういうドラム叩かせたらGOTOは本当に上手いなと関心した。

09. Diggin' Dub

"みんなで曲提供してみよう"Gan編。Ganちゃんのデモ版では"ちょっと土臭いレゲエ"だった。これもゴリゴリとアレンジ。BPMを30下げて、ラストの展開も全く別もの。ベースラインとメロディラインを残してガッツリ変えたので、やってる作業としてはもはやREMIX。タイトルの"Dub"はREMIXの意味も含めて。
RECのコンセプトとして、前半のエレキギターはアンプの裏に立てたマイクだけ活かしてアンビエントに、後半はオンマイクを活かして一気にギターヒーローになってもらった。作曲も演奏も含めて"Gan濃度"かなり高めです。

10. World

アルバムの中で一番最初に出来た曲。2ndリリース後、意識して"新しいタイプの曲"を作ってみたところ、とっても明るく爽やかな曲が出来た。とにかく大きな枠で曲を作りたかったから、細かいことを気にしないで作った。タイトルも"World"にすると初めから決めていた。その時、ジョジョを読み直していたのも少しは関係している。
この曲は何度もライブで演奏して磨き上げた。逆に"この曲を演奏することでメンバーの意識も新しいアルバムに向かって行った"ように思えた。その力こそアルバムタイトルにふさわしいと言うことで『THE WORLD』なわけです。

 nego 『THE WORLD[2015年5月13日]

nego 『THE WORLD』 バンドサウンドでハイブリッドなダンスミュージックを展開する無二のバンド”nego”の最高傑作!
約3年ぶりとなるnego3作目のオリジナルアルバム。ライブでは定番の「Ants」「World」「Edge of…」をはじめ、打ち込みで構成された新境地となる楽曲も収録。メンバー各々が楽曲を提供し、より拡がりを見せた”世界"を構築。更にゲストアーティストとして3人の女性Vocalが参加し彩りを添えている。テクノ、ディープミニマル、トライバル・ハウス、サイケ・トランス、EDM、ロックなど、生バンドでボーダレスなハイブリッド・ダンス・ミュージックをアプローチしたnegoの最高傑作。また今作には、negoの真骨頂である、視覚、聴覚を刺激した、映像と音が入り乱れ生じる唯一無二の激情グルーヴが体感できる、圧巻のライブパフォーマンスを収めたLIVE DVDもパッケージした2枚組仕様。

ご購入はこちら

nego プロフィール

向山聡孝(Mukaiyama Toshitaka) : Guitar,Violin,Dub effects
mitchel : VJ
中島一城 (Nakajima Kazuki) : Bass
Gan : Guitar,Tabla

2008年結成。現在は向山聡孝(バイオリン、ギター、ダブエフェクツ)、mitchel(映像)、中島一城(ベース)、Gan(ギター、タブラ)の四人で活動。ライブでは演奏と映がリアルタイムに絡む、ハイブリッドなダンスミュージックを展開。様々なジャンルを取り入れながら、独自の"ループミュージック"を追求。2011年、2012年に「KAIKOO POPWAVE FESTIVAL」に出演。2014年4月、Bayon Productionに移籍。

 nego オフィシャルサイト

nego ライブ情報

2015.06.28 (Sun)
● nego 3rd Arbum "THE WORLD" Release Party@下北沢ERA

Open 18:00 / Start 18:30
Adv ¥2300(+1D) / Door ¥2800(+1D)
[Live]
nego
Tomy Wealth / nenem / O4(from 大阪)
[Dj]
Kuni Lopez

2015.07.20 (Mon)
● nego 3rd Arbum "THE WORLD" Release Party@名古屋lounge Vio

2015.09.05 (Sat)
● nego 3rd Arbum "THE WORLD" Release Party@大阪CONPASS

2015.09.06 (Sun)
● nego 3rd Arbum "THE WORLD" Release Party@広島CLUB QUATTRO

2015.10.12 (Mon)
● nego 3rd Arbum "THE WORLD" Release Party@横浜GALAXY

※いずれも詳細は後日オフィシャルサイトにて発表!!

2015.07.04 (Sat)
● Wild Marmalade Japan Tour 2015 Flux@名古屋ボトム・ライン

Special Guest: Dachambo
Opening Act: nego
Light Show: Flower Head Land
開場19:00 開演20:00
¥4,500(税込・スタンディング)
※ドリンク代別途¥500
※当日券¥5,200

Twitter【 最新J-POP情報つぶやき中! HMV J-POP Twitter!】
HMVの邦楽バイヤーによる、邦楽専門アカウントです。独自の視点でオススメ作品をご紹介!特集・連載企画などもバシバシUpしていきますよ。
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

最新作

THE WORLD

CD

THE WORLD

nego

価格(税込) : ¥2,484
会員価格(税込) : ¥2,285
まとめ買い価格(税込) : ¥2,037

発売日:2015年05月13日
通常ご注文後 2-3日 以内に入荷予定

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

nego 1st Album

DUB PHALANX

CD

DUB PHALANX

nego

価格(税込) : ¥2,571
会員価格(税込) : ¥2,366
まとめ買い価格(税込) : ¥2,109

発売日:2010年02月03日
通常ご注文後 2-3日 以内に入荷予定

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

nego 2nd Album

SANSARA

CD

SANSARA

nego

価格(税込) : ¥2,160
会員価格(税込) : ¥1,987
まとめ買い価格(税込) : ¥1,771

発売日:2012年10月10日
通常ご注文後 2-3日 以内に入荷予定

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%