【インタビュー】KANA-BOON ジャパニーズ・ポップス・インタビューへ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

ROCK NEXT STANDARD

2013年4月23日 (火)

KANA-BOON

アジカン〜バンプ、日本のギターロックの直系に位置するこのKANA-BOON。これはいいですよ!一回聴いたら覚えてしまうメロディは中毒性を帯びていてヘビーローテ間違いなし!そして全ての楽曲がキラキラしてます。この感じはいい!絶対この先もっと大きな注目を集める存在へと成長していくでしょう!そんな彼らのデビュー直前の初インタビュー!


-- KANA-BOONのみなさま初めまして。それではHMV ONLINEに初登場ということで簡単に自己紹介をお願いします。

谷口: Vo.Gt 谷口鮪、Gt 古賀隼斗、Ba めしだ(飯田祐馬)、Dr こいちゃん(小泉貴裕)です!

-- メンバーのバンド内における役割分担を教えてください。

谷口:作詞・作曲とキノコ頭担当です!
古賀:革命家です!
飯田:僕はダンス担当です!
小泉:イエスマンです!

-- 高校時代に結成されたということですが、バンド結成に至った理由とはなんだったのでしょうか?

谷口:僕が中3の頃にギターを始めて、高校に入って隣の席だったこいちゃんと、こいちゃんと幼馴染だった古賀、 そして古賀と同じクラスだった当初のベースで結成しました!

-- バンド名の由来は?

谷口:若気の至りで勢いでつけました。特に意味はないです。

-- 結成当時に思い描いていた未来と現在の姿を比べてみるとどうでしょうか?

谷口:中学の卒業文集には17歳でインディーズデビューして20歳でメジャーデビューする。と書いていました。
当時の僕の予定よりは随分遅くなったけど今の姿に不満はもちろんありません。

-- みなさんのロック・ヒーローを教えてください。

谷口:アジカンのゴッチ、フジファブリックの志村正彦です。
古賀:エルレガーデンの細美武士です。
飯田:アジカンのゴッチです!
小泉:アジカンの伊地知潔さんです!

-- いよいよ1stミニアルバム『僕がCDを出したら』が発売されます。自主制作版を経ての初の全国流通盤になります。この作品はKANA-BOONにとってどんな作品ですか?

谷口:デビューアルバムにふさわしい、僕らの「今」をしっかり切り取った作品だと思います。
月並みな言い方だけど 聴き終わった後ぽっかり胸に穴が空くような、それでいてちゃんと前に進みたくなるような。
それをしっかり体現できているアルバムです。

-- ここを聴いて欲しい!という点を教えてください。

谷口:もちろん全曲の全箇所が聴きどころです!
「眠れぬ森の君のため」は嘘一つない正直な歌なのでしっかり届いてほしいなと思います。

-- KANA-BOONの野望を教えてください。

谷口:いつかアジカンやバンプやエルレみたいにシーンを牽引するバンドになりたいです。

-- それでは最後にHMV ONLINEをごらんの皆さんに一言お願いします。

谷口:16歳の頃から夢見ていたCDデビューがついに現実になりました。
僕らにとってとても大事な作品、皆さんにとっても大事なものになってくれることを願っています。
今作でKANA-BOONとはじめましての人も、ずっと応援してくれてきたみんなも、これからずっとよろしくどうぞ。


以上です!

ありがとうございました!

※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

僕がCDを出したら

CD

僕がCDを出したら

KANA-BOON

価格(税込) : ¥1,620
会員価格(税込) : ¥1,490
まとめ買い価格(税込) : ¥1,377

発売日:2013年04月24日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

KANA-BOON profile



フィーチャー商品

邦楽&K-POP 2点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 邦楽&K-POP 2点で最大30%オフ 対象商品です