トップ > 音楽CD・DVD > 商品・チケット情報 > ジャパニーズポップス > パンク/ハードコア > 【10-FEETのあの日あの時14】有島博志による現場目撃秘蔵ストーリー

【10-FEETのあの日あの時14】有島博志による現場目撃秘蔵ストーリー 『10-FEETのあの日、あの時』へ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2013年3月28日 (木)


10-FEETのあの日あの時 第14回:『VANDALIZE』発売!part 1
文●有島博志(GrindHouse)

 2007年7月、10-FEETはインディーズ時代に発表した全楽曲を1枚にコンパイルした編集盤『RE:springman+〜Indies Complete Disc〜』を発売した。初回プレス盤にはバンドが結成後初めて制作し、ライヴ会場などで販売したTシャツの復刻版がついていた。残念ながら現在は絶版だ。それに続いて2008年2月に発売されたのが、『VANDALIZE』だ。その少し前の2007年末か、2008年が明けてすぐの頃だったと思う。取材と写真撮影で所属レコード会社のオフィスでバンドに会った瞬間、唖然とさせられた。TAKUMA(vo,g,key,blues harp)がほほがこけるくらい痩せていたのだ。上記ヘッダーの当時の公式プロモーション写真を見てもわかってもらえるだろう。そういうTAKUMAを目の当たりにし、ノドを患い手術を受けたもののもうそれ以前の声には戻らないという“現実”、それが主な原因となってツアーをキャンセルし、一部リスケジュールを余儀なくされたことがいかに大きな精神的ダメージとなったかを思い知らされた。この一言がそれを十二分に物語っている。

「がっちりノイローゼになりましたから。ヒドかったですね。喪失感みたいな思いにさいなまれ、半年間ほど寝られなかったですから」

10-FEET 京都大作戦 〜祇園祭とかぶってごめんな祭〜 そのTAKUMAにさらに追い打ちをかけたのが、今や夏の風物詩となっている10-FEET主導・先導による野外フェスティバル、京都大作戦の第1回開催が前日に台風4号接近により中止となったことだった。2007年7月15日、京都府宇治市の京都府立山城総合運動公園(太陽が丘)特設野外ステージで行われる予定で、今や恒例のサブタイトルも祇園祭と開催日が被ったことから〜祇園祭とかぶってごめんな祭〜に決まっていた。自分も現場にいく予定だった。開催前々日にはレコード会社の手配で東京と京都の往復新幹線キップと、オールアクセスのラミネートパスが手元に届いていた(右にあるのが、その幻と化したパスの現物)。裏側には出演が予定されていたELLEGARDEN、湘南乃風、チャットモンチー、つじ あやの、MONGOL 800、ロットングラフティーなどの名が見てとれる。今現在とは違い、そのときはワンステージ制だったので当然、出演アーティスト数も少なかったこともわかる。

「引きずりはしませんでしたけど、中止直後はけっこう堪えましたね。それでも意外とノドの件との連鎖的なものは感じなかった。コレはコレでまったく別ものって。中止になった理由も自分たちのことじゃなく、ホントに天候が原因だったから」

 2006年と2007年がTAKUMA個人にとっても、また10-FEETにとってもまさに“激動の2年”となったことは間違いない。TAKUMAは当時、こう語っていた。

「ノドの件に関してはものスゴく凹みました。ツアーをキャンセルしたことも、ものっスゴく凹んだんですけど、ノドがキツいこととはまた別腹で(笑)。だからダブルでしんどかった。なるべくノドのことを考えないようにしてても、会う人会う人にみな“ノド、大丈夫なの?”と訊かれると、どうしてもねぇ(苦笑)。だからいろいろ考え、方法も変え、いいライヴを演ってちゃんと休養をとる、というふうに意識も変えて。前の歌声ってもう出ないんですけど、今新しい歌い方を覚えて対応してる真っ最中。ライヴにおいてはそれで表現できてるんですけど、いちヴォーカリストとしてはまったく納得のいかない歌声です。実は3年前に1度ノドをツブして手術も受けてるんですけど、それはオフ中にできて、しかもライヴをキャンセルすることもなかったんで、あえて公表もしなかった。言わなければなにもなかったようにできたけど、そのときも実際に歌声は変わった。聴いてくれてる人たちにしたらそれは微々たる違いでしょうけど、歌ってる本人としたら大きな違いで、違和感もあった。身体のどこか一部分がなくなったような感覚っていうか。その現実というものを受け入れられなかった。たぶんまだどっかで受け入れられてないところがあるんじゃないかと思うときがあります。だけど、今はそれをとにかく考えないようにして、ただひたすら前進あるのみ、頑張るのみって感じです」

Grindhouse Magazine このときの取材記事は、2008年3月31日発売のGrindHouse magazine Vol.47に掲載した。右にあるのが、その表紙と記事ページだ。その取材で、上記発言を受け、自分はこう話を進めた。

――人間って大変なことを経験し、それを乗り越えると、その前より成長し、強くもなると思うんだ。
「確かに強くなったなと思うときはあります。だけど、この強さはいらんかったなとも思う。そういう状態に負けたとか、そういう弱さがあった方が頑張れるし、道を突き進んでいく原動力にもなるから」

――精神的に一番大変だったとき、もう歌もギターもバンドもやめたいとか、もしくはギターに専念し、ほかにヴォーカルを探そうとかって考えたことはあった?
「イヤ、それはなかったですね。やめたいとも思わなかった。なんとかするって」

――めちゃくちゃツラい状況にあっても、そういうことに関してはポジティヴでいられたんだね。
「前を向くことが前進でもあるんで。前に進むことの重要さを受け止めつつ、もとの問題に対処することが大事だった。どうにもならなかった当時の自分をそんなに気にし過ぎると、なにもできなくなるわけだから」

――さっき「前の歌声ってもう出ないんですけど、今新しい歌い方を覚えて対応してる真っ最中」って言ってたけど、もうそれに少しずつでも慣れ始めてるの?
「最初はけっこうそれ自体に抵抗があり、心底まっぴらごめんという感じでした。そういう現実に直面しながら、無理矢理でも前の歌声を出す!とムキになってましたけど、途中から意識も変わり、新しい歌い方につき合っていこうと…。今はまだ、その新しい歌い方を見出し始めたところですけど」

――それは新作(『VANDALIZE』)でもトライしてるの?
「それはまだ10-FEETには採用されてないっていうか(笑)。新しい歌い方は、ストリートでアコギ弾きつつ歌ってるときとかはイイんですけどね。そういうときは新しい歌い方をするんですけど、10-FEETになると、どうしても“10-FEET声”になってしまう。どっちかっていうと、そっちの方が新作には出てますね」

――大変な時期を経て新作を作ったわけだから、過去のどの作品とも違う意味合いや心情などが込められてるんじゃない?
「無意識なところに反映されてる部分は当然のごとくあると思うんです。その真っただなかに近いときに書いた“STONE COLD BREAK”と“goes on”も入ってるんで、これらの曲を歌ってるときはいろんなことを考えながらやってましたけど、作詞作曲のときはそんなにモチーフにはしてませんね」

――じゃ本人にしてみれば、特にそういう思い入れのある作品じゃないと?
「自分的に昨年と一昨年っていうのは、いろんな物語だったんです。人生のなかでの大きな。そこまで直接は題材にはしてないけど、そういうことが原因で、自分のなかの価値観とか心の形とかいろんなものが変わった部分はあると思う。その変わった自分が作った作品だなっていうのはわかるんですけど。そういう意味じゃ遠まわしに、2クッションぐらい入れて変わった、思い入れの詰まった作品と言えるかもしれないですね」

 前も書いたけど、このストーリー連載をスタートするにあたり、昨秋にこれまでの振り返り取材をしている。そのときTAKUMAはその2年間をこう回想した。

「親が死んでもライヴはせなあかんぐらいの気持ちを持っていたんで、キャンセルしたことなんてなかった。加えて自分の声が出なくなったとか…京都大作戦も楽しみにしていたけど第1回目が台風で中止になった…まぁその頃はかなり凹んでましたね。手術を受けた後“喋ったらあかん”って言われ、そやから物理的にライヴなんか絶対無理やし、リハにも入れへん。だからやることなくて体鍛えてたん覚えてます(笑)。『VANDALIZE』はわりとイイ感じで曲を作ってたと思います。けっこう酔っ払ってポローンと弾き語るように即興で歌ってんのか、みたいな感じで作るようなことが増えてきた時期やったから。“goes on”は山中湖近くのスタジオで酔っ払って作ったんちごたかな?“SHOES”とかも」

 次回は『VANDALIZE』をより深く検証する。


10-FEET関連タイトル

VA / 『ROCK STUDY』(2012年)
ここまでの連載のメンバーのコメントからもわかるとおり、3人はかなり洋楽ロックから音楽的影響を受けている。それがなければ今現在の10-FEETは存在しないと言っても過言ではないほどで、今なお洋楽ロックより刺激を受け続けている。そういうバンドの音楽的ルーツなどをものすごくわかりやすく教えてくれるコンピが発売される。それが今作で、自身初となる監修盤だ。SUM 41、RISE AGAINST、MR.BIG、WEEZER、FINCH、ASIAN DUB FOUNDATIONとパンク・ロックからラウド・ロック、はたまたエレクトロ・ミュージックと幅広く3人それぞれが選曲している。21組21曲入り。写真入豪華インタヴュー44P・歌詞・対訳・解説というヴォリュームながら税込1,980円というのは、めちゃくちゃ買い得だ。
文・有島博志(GrindHouse)

10-FEET 最新作ニュース

■■■ 有島博志プロフィール ■■■

 80年代中盤よりフリーランスのロックジャーナリストとして活動。積極的な海外での取材や体験をもとにメタル、グランジ/オルタナティヴ・ロック、メロディック・パンク・ロックなどをいち早く日本に紹介した、いわゆるモダン/ラウドロック・シーンの立役者のひとり。
 2000年にGrindHouseを立ち上げ、ロック誌GrindHouse magazineを筆頭にラジオ、USEN、TVとさまざまなメディアを用い、今もっとも熱い音楽を発信し続けている。
※ ※ ※ ※ ※

便利なメールマガジンを活用しよう!

※ 購読お申し込みには会員登録が必要です。
※ メールマガジンは購読無料です。配信メールのタイプはHTML形式とテキスト形式がございます。

アーティストメール

気になるリリース情報をいち早くメールでお知らせ致します。10-FEETのアーティストメールの登録はこちら!

エルパカメールマガジン 邦楽版

週に1回、ジャパニーズポップスの最新リリース情報、オススメ情報をお知らせします。最新版はこちらからご覧頂けます。

パンク/ハードコアTOPへ(PC)
パンク/ハードコアニュース一覧へ(PC・スマホ)

※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

フィーチャー商品

VANDALIZE

CD

VANDALIZE

10-FEET

ユーザー評価 : 4.5点 (4件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥2,674
会員価格(税込) : ¥2,460
まとめ買い価格(税込) : ¥2,273

発売日:2008年02月27日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

最新アルバム

  • thread (+DVD)【初回限定盤】

    CD 限定盤

    thread (+DVD)【初回限定盤】

    10-FEET

    ユーザー評価 : 5点 (1件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥3,292
    会員価格(税込) : ¥3,028

    発売日:2012年09月19日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • thread

    CD

    thread

    10-FEET

    ユーザー評価 : 5点 (1件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥2,674
    会員価格(税込) : ¥2,460
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,273

    発売日:2012年09月19日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

邦楽&K-POP 2点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 邦楽&K-POP 2点で最大30%オフ 対象商品です

10-FEET監修洋楽コンピ!

  • ROCK STUDY

    CD コレクション

    ROCK STUDY

    価格(税込) : ¥2,037
    会員価格(税込) : ¥1,874
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,732

    発売日:2012年10月03日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

邦楽&K-POP 2点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 邦楽&K-POP 2点で最大30%オフ 対象商品です

Grindhouse Magazine

releases!!!

  • 10-BEST 2001-2009 (+DVD)

    CD 限定盤 グレイテストヒッツ

    10-BEST 2001-2009 (+DVD)

    10-FEET

    ユーザー評価 : 5点 (1件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥5,122
    会員価格(税込) : ¥4,713

    発売日:2010年12月08日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Life is sweet

    CD

    Life is sweet

    10-FEET

    ユーザー評価 : 5点 (1件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥2,674
    会員価格(税込) : ¥2,460
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,273

    発売日:2009年09月09日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • VANDALIZE

    CD

    VANDALIZE

    10-FEET

    ユーザー評価 : 4.5点 (4件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥2,674
    会員価格(税込) : ¥2,460
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,273

    発売日:2008年02月27日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • TWISTER

    CD

    TWISTER

    10-FEET

    ユーザー評価 : 5点 (4件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥2,700
    会員価格(税込) : ¥2,484

    発売日:2006年08月16日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • 4REST

    CD

    4REST

    10-FEET

    ユーザー評価 : 4.5点 (26件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥2,700
    会員価格(税込) : ¥2,484
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,295

    発売日:2005年05月25日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • REALIFE

    CD

    REALIFE

    10-FEET

    ユーザー評価 : 5点 (44件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥2,268
    会員価格(税込) : ¥2,087
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,928

    発売日:2004年01月28日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • springman

    CD

    springman

    10-FEET

    ユーザー評価 : 4.5点 (19件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥2,268

    発売日:2002年04月12日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • その向こうへ

    CDシングル

    その向こうへ

    10-FEET

    ユーザー評価 : 4点 (1件のレビュー)
    ★★★★☆

    価格(税込) : ¥1,028
    会員価格(税込) : ¥946

    発売日:2011年11月02日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • hammer ska

    CDシングル

    hammer ska

    10-FEET

    価格(税込) : ¥1,028
    会員価格(税込) : ¥946

    発売日:2010年09月08日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • 1sec.

    CDシングル

    1sec.

    10-FEET

    ユーザー評価 : 5点 (2件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥1,028
    会員価格(税込) : ¥946

    発売日:2009年03月25日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • goes on

    CDシングル

    goes on

    10-FEET

    価格(税込) : ¥1,028
    会員価格(税込) : ¥946

    発売日:2007年11月14日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • ライオン

    CDシングル

    ライオン

    10-FEET

    ユーザー評価 : 4.5点 (3件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥514
    会員価格(税込) : ¥473

    発売日:2006年02月08日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • nil?

    CDシングル

    nil?

    10-FEET

    ユーザー評価 : 4点 (17件のレビュー)
    ★★★★☆

    価格(税込) : ¥1,080
    会員価格(税込) : ¥994

    発売日:2003年06月11日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • OF THE KIDS,BY THE KIDS,FOR THE KIDS V

    DVD

    OF THE KIDS,BY THE KIDS,FOR THE KIDS V

    10-FEET

    価格(税込) : ¥3,909
    まとめ買い価格(税込) : ¥3,049

    発売日:2010年06月16日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

邦楽&K-POP 2点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 邦楽&K-POP 2点で最大30%オフ 対象商品です