10-FEETのあの日、あの時 7 『10-FEETのあの日、あの時』へ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2012年12月11日 (火)


10-FEETのあの日、あの時 第7回: いよいよメジャー・デビューへ!!
文●有島博志(GrindHouse)

 10-FEETにとって、通算3枚目となる4曲入りマキシ・シングル『RIVER』が2002年10月にMusic Web Recordsより発売されるや否や、オリコンのシングル・チャートに初登場30位で飛び込んだ。連載前回にも書いた。これはもう、彼らのそれまで一切ブレることのない音楽制作、ライヴ活動に対する真っ直ぐさ、一生懸命さ、真摯さを貫いてきた賜物以外の何物でもないと断言できる。当時、メンバーもこのチャート・パフォーマンスを聞かされたときビックリしたようだ。まず、TAKUMA(vo,g,key,blues harp)がこうひょーひょーとした感じで口火を切った。

クリックで拡大 TAKUMA 「オリコン入ったんや?みんな覚えてんの?」
KOUICHI(ds,background vocals) 「確か30位とか?」
――そ、オリコンで初登場30位だよ!
TAKUMA 「すごい!」
NAOKI(b,vo) 「そのとき『CDTV』(TBS系列で放映されている邦楽中心のTV音楽番組)を観ていたんですけど、「RIVER」のPV流れたときに一瞬なにが起こったんかわからんかった(笑)。そういうのが初めてやったんで」
――ビックリこいたと?(笑)
NAOKI 「マジでちょっとしたパニック状態なりましたもん(笑)」

 改めて言うまでもなく、「RIVER」はバンドにとって代表曲中の代表曲の1曲であると同時に、今日までに残してきた“名曲”のうちの1曲でもある。これに異を唱える人はいないと思う。今もセットリストに組み込まれる頻度が非常に高い。ほかに「IN THE END」「FUTURE」「FELLOWS 2」の3曲が聴ける。「FELLOWS 2」は『springman』収録曲の日本語詞ヴァージョンだ。話は「RIVER」のPVに移った。

――1番最初にPVを撮った楽曲って確か「RIVER」じゃなかったよね?
NAOKI 「“EVERY”ですね」 (筆者註:『springman』のド頭を飾る楽曲)
TAKUMA 「“BE FRIENDS AGAIN”ちゃうん?」
NAOKI 「“BE FRIENDS AGAIN”は…」
KOUICHI 「一応PVっちゃPVやけど…スペシャ(SPACE SHOWER TV)とかで流してもらうようなちゃんとしたんは“EVERY”が最初」

 先述したことの繰り返しになるけど、これもまた6、7年という下積み時代を送ったからこそ、だ。『springman』発売に伴うツアー・ファイナルを東京O-WESTでソールド・アウトにし、続いてマキシ『RIVER』がオリコンのシングル・チャート初登場30位をマークした、という“ステップ”をちゃんと踏んだ上で、バンドは次のフィールドへと足をかけた。メジャー・レーベルへの移籍だ。世界最大級のシェアを誇るUniversal傘下のNayuta Wave Recordsが、それだ。が、しかし、バンドにはメジャーにいったっていう想いはあまりなかったようだ。以降、TAKUMAとの一問一答だ。

「メジャー、インディーっていうようなことはあまり気にしてなかったんで、“わー、メジャーだ!”っていうようなことはなかったですね。ヘンに田舎者で(笑)、一定期間インディーでやり、仲のいい連れたちもインディーでやっているバンドが多かったし、インディーで成功している人たちもいっぱいいたから、正直言うとメジャーに興味がなかった時期だったんです。メジャーでなくてもインディーかつDIY(筆者註:do-it-yourselfの略で、人の助けに頼らず、自分たちの力でやり抜こうとすること)で作品のアートワークなんかも自分たちで決めていくっていうようなことをやりたいって思ってたんで、少し閉鎖的な部分はありましたね。だけどメジャーの人たちと出会っていろいろ話をし始めたところ、メジャーだ、インディーだ、なんていうことよりも、CDを作り、出す上で、一緒にやってくれるチームにどういう人たちがいるのかっていうのが1番重要やと思ったんですね。担当ディレクターに宣伝担当から社長やオーナーを含めて」
――メジャー、インディー云々とかじゃなく、どういう人たちと一緒にやっていくのか。それが1番大事だったわけだね。
TAKUMA 「そうですね。どこのレーベルとかって全然関係なくて、自分たちのことをどれだけ考えてくれはるか、どれだけ見てくれはるか、でした。なによりも一緒にやっていく上で、相手にとってどれだけ自分たちが一緒に仕事しやすいバンドであるか、当てはまる存在であるか、はたまた譲歩してくれるのかっていうことがすごい重要やなぁ、と。それまでに所属していたレーベルがいい悪いじゃなく、とにかくレーベルの人たちっていうのを知らなかったし、スタッフの顔ぶれすらもわからなくて。その後いろんな人たちと話をするようになり、こういう人たちともやってみたいなって。たまたまスタッフの1人がメタルとかコアな楽曲もすごい好きやったから、話が合って(笑)。前の所属レーベルには、そういう音楽が好きな人や、ボクたちのシーンなどに興味がある人がいなかった。もちろん、そういう人たちと一緒に仕事をしたことで得たものは非常に大きかったです。だけども、より面白いものを作りたい、よりよいものを作りたいっていう意味で話しているうちに、この人たちと一緒にやってみたいって思ったのがメジャーだったんです」
――それって、決して上昇志向っていうか野心っていうかがなかったっていうことじゃないよね?
「上昇志向は常に持っています。ただ、そういうものが自分のどこかにあるかとかは考えたことがない。どっかに転がってるとか、ここにいたらなんとかなるとかっていうような想いを頑なに持たないようにしてたっていうのはすごいあります。メジャーにいったとき人一倍警戒心を持ち、自分たちの足元をしっかり見ようっていう意識がすごく強くなったから。だから、あのままインディーでやっていたらひょっとしたら『RIVER』の次にもう1回もうちょっとポップな楽曲とか『RIVER』の進化形みたいな楽曲を作ってたかもしれない。だけどメジャーにいったがゆえにあえてダーティーに「nil?」っていう楽曲を作ったっていうのはあります。これは、これまで取材とかで言ってないことですけど、自分たちのなかではそう話してましたから」

10-FEET『nil?』 2003年6月、通算4枚目となる4曲入りマキシ『nil?』は発売された。世間一般で言うところの、メジャー・デビュー実現だ。TAKUMAが「nil?」を「あえてダーティーに」と言った意味もわからなくはない。だけど決してダーティーなテイストの楽曲ではない。ただ、「RIVER」とは色合いも性格も異なる楽曲であることは間違いない。このマキシではあと「recollection」「MOB〜45 MOBSTYLES〜」(バンドが長年懇意にしているアパレル・ブランド、MOBSTYLESへのアンセム・ソング)、そして「springlady」の3曲が楽しめる。それから7ヵ月後の2004年1月、いよいよメジャー・デビュー・アルバムとなる『REALIFE』が発売されるのであった。

 なお、今回もまた、ヘッダーのアーティスト写真を代えた。『nil?』発売タイミングで撮られたものだ。そう、このとき確かにTAKUMAは鼻ピをしていた(笑)。その後しばらくしてから自分は10-FEETに会うことになる…。


10-FEET関連タイトル

VA / 『ROCK STUDY』(2012年)
ここまでの連載のメンバーのコメントからもわかるとおり、3人はかなり洋楽ロックから音楽的影響を受けている。それがなければ今現在の10-FEETは存在しないと言っても過言ではないほどで、今なお洋楽ロックより刺激を受け続けている。そういうバンドの音楽的ルーツなどをものすごくわかりやすく教えてくれるコンピが発売される。それが今作で、自身初となる監修盤だ。SUM 41、RISE AGAINST、MR.BIG、WEEZER、FINCH、ASIAN DUB FOUNDATIONとパンク・ロックからラウド・ロック、はたまたエレクトロ・ミュージックと幅広く3人それぞれが選曲している。21組21曲入り。写真入豪華インタヴュー44P・歌詞・対訳・解説というヴォリュームながら税込1,980円というのは、めちゃくちゃ買い得だ。
文・有島博志(GrindHouse)

10-FEET 最新作ニュース

■■■ 有島博志プロフィール ■■■

 80年代中盤よりフリーランスのロックジャーナリストとして活動。積極的な海外での取材や体験をもとにメタル、グランジ/オルタナティヴ・ロック、メロディック・パンク・ロックなどをいち早く日本に紹介した、いわゆるモダン/ラウドロック・シーンの立役者のひとり。
 2000年にGrindHouseを立ち上げ、ロック誌GrindHouse magazineを筆頭にラジオ、USEN、TVとさまざまなメディアを用い、今もっとも熱い音楽を発信し続けている。
※ ※ ※ ※ ※

便利なメールマガジンを活用しよう!

※ 購読お申し込みには会員登録が必要です。
※ メールマガジンは購読無料です。配信メールのタイプはHTML形式とテキスト形式がございます。

アーティストメール

気になるリリース情報をいち早くメールでお知らせ致します。10-FEETのアーティストメールの登録はこちら!

エルパカメールマガジン 邦楽版

週に1回、ジャパニーズポップスの最新リリース情報、オススメ情報をお知らせします。最新版はこちらからご覧頂けます。

パンク/ハードコアTOPへ(PC)
パンク/ハードコアニュース一覧へ(PC・スマホ)

※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

初回限定盤

thread (+DVD)【初回限定盤】

CD

thread (+DVD)【初回限定盤】

10-FEET

ユーザー評価 : 5点 (1件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥3,292
会員価格(税込) : ¥3,028

発売日:2012年09月19日

  • 販売終了

%%header%%閉じる

%%message%%

通常盤

  • thread

    CD

    thread

    10-FEET

    ユーザー評価 : 5点 (1件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥2,674
    会員価格(税込) : ¥2,460
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,193

    発売日:2012年09月19日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

8/24(木)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ このアイコンの商品は、 8/24(木)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ 対象商品です

10-FEET監修洋楽コンピ!

  • ROCK STUDY

    CD コレクション

    ROCK STUDY

    価格(税込) : ¥2,037
    会員価格(税込) : ¥1,874
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,671

    発売日:2012年10月03日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

8/24(木)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ このアイコンの商品は、 8/24(木)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ 対象商品です

Grindhouse Magazine

releases!!!

  • 10-BEST 2001-2009 (+DVD)

    CD 限定盤 グレイテストヒッツ

    10-BEST 2001-2009 (+DVD)

    10-FEET

    ユーザー評価 : 5点 (1件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥5,122
    会員価格(税込) : ¥4,713

    発売日:2010年12月08日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Life is sweet

    CD

    Life is sweet

    10-FEET

    ユーザー評価 : 5点 (1件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥2,674
    会員価格(税込) : ¥2,460
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,193

    発売日:2009年09月09日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • VANDALIZE

    CD

    VANDALIZE

    10-FEET

    ユーザー評価 : 4.5点 (4件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥2,674
    会員価格(税込) : ¥2,460
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,193

    発売日:2008年02月27日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Re:springman+

    CD

    Re:springman+

    10-FEET

    価格(税込) : ¥2,808
    会員価格(税込) : ¥2,583

    発売日:2007年07月25日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • TWISTER

    CD

    TWISTER

    10-FEET

    ユーザー評価 : 5点 (4件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥2,700
    会員価格(税込) : ¥2,484

    発売日:2006年08月16日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • 6-feat

    CD コレクション

    6-feat

    10-FEET

    ユーザー評価 : 4.5点 (8件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥1,944
    会員価格(税込) : ¥1,788

    発売日:2006年04月19日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • 4REST

    CD

    4REST

    10-FEET

    ユーザー評価 : 4.5点 (26件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥2,700
    会員価格(税込) : ¥2,484
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,214

    発売日:2005年05月25日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • REALIFE

    CD

    REALIFE

    10-FEET

    ユーザー評価 : 5点 (44件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥2,268
    会員価格(税込) : ¥2,087
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,860

    発売日:2004年01月28日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • springman

    CD

    springman

    10-FEET

    ユーザー評価 : 4.5点 (19件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥2,268

    発売日:2002年04月12日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • OF THE KIDS,BY THE KIDS,FOR THE KIDS V

    DVD

    OF THE KIDS,BY THE KIDS,FOR THE KIDS V

    10-FEET

    価格(税込) : ¥3,909
    まとめ買い価格(税込) : ¥3,010

    発売日:2010年06月16日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • OF THE KIDS, BY THE KIDS, FOR THE KIDS! IV

    DVD 限定盤

    OF THE KIDS, BY THE KIDS, FOR THE KIDS! IV

    10-FEET

    価格(税込) : ¥2,736

    発売日:2013年06月19日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

8/24(木)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ このアイコンの商品は、 8/24(木)まで!厳選国内盤CD1点で8%オフ・2点で18%オフ 対象商品です
厳選CD・DVD・ブルーレイ2点買うと最大30%オフ このアイコンの商品は、 厳選CD・DVD・ブルーレイ2点買うと最大30%オフ 対象商品です