THE OFFSPRINGのあの日、あの時 12 『THE OFFSPRINGのあの日、あの時』へ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2012年10月18日 (木)


通算6枚目『CONSPIRACY OF ONE』発売へ!!
文●有島博志(GrindHouse)

 今回は、本題からズレることから書こう(笑)。この原稿を執筆しているのが、10月17日。昨晩、つまり16日夜、ZEPP DIVERCITY TOKYOにて、THE OFFSPRINGの再来日東京公演2日目を観た。正直、興奮覚め止まぬといったところだ(笑)。サポートのNorthern19の熱演に続いて始まった彼らのパフォーマンスは約75分、アンコールを含めて計21曲。ひとえにすばらしかった。めちゃめちゃ楽しかった。大きなひな壇にカラフルなライティングといった視覚効果も大いに“華”を添えていたし、シンガロング・パートでの、まるでブーストしたかのように場内をつんざく大合唱もまさに鳥肌もんだった。そしてなによりも一切衰えを感じさせないデクスター・ホーランド(vo,g)の見事な歌唱力、次から次へと打ち出の小槌のごとく繰り出されてくる馴染み深い曲、名曲、佳曲の数々、それらをときにガッツリ支え、またときに最大限にデフォルメするヌードルス(g,vo)、グレック・K(b,vo)、ピート・パラダ(ds/元FACE TO FACEほか)、ツアーリング・メンバー、トッド・モース(g,key,vo/現H2O)のプレイはサイコーの一言につきた。ちなみにこの夜、9枚目の新作『DAYS GO BY』からは「Hurting As One」「Days Go By」「Turning Into You」「Cruising California(Bumpin' In My Trunk)」「OC Guns」「Slim Pickens Does The Right Thing And Rides The Bomb To Hell」の計6曲が披露された。

 でだ、本題だ。連載前回で前振りしたとおり、通算6枚目『CONSPIRACY OF ONE』だ。前作で5枚目の『AMERICANA』から2年強ぶりとなる2000年11月に発売された。本国アメリカでは発売初週に125,000枚以上を売り上げ、USチャートで初登場9位をマークした。前作が初登場6位だったため、当時「オフスプの勢い少し落ちた?」などと言ったりする輩がまたぞろ出てきたことを憶えているのだけど、そんなことどうってことないし、THE OFFSPRINGにも、また我々ファンにもなんの影響もなかった。前作の発売に伴うワールド・ツアーを終えた後、バンドはしばしのオフを満喫した。2000年初頭に再度集い、今作へ向けての作業を始めた。そのオフは決して長いものではなかった。だけど、メンバー全員がなんとなく新作制作モードにあったことからそのモードのまま作業に入った、と後日デクスターは語っている。楽曲作り、デモ音源録りといった作業を繰り返し、楽曲の純度を高め、またサウンド固めをしていった2000年中盤、ブレンダン・オブライエンのプロデュースの下で、本格的に新作制作に突入した。ブレンダンとタッグを組むのはこのときが初めて。PEARL JAMRAGE AGAINST THE MACHINESTONE TEMPLE PILOTSDANZIGRED HOT CHILI PEPPERSKING'S Xといった、いわゆるさまざまなスタイルの90'sモダン・ロックの主軸アーティストたちと数多く仕事をしたプロデューサーで、一時プロデューサー業界では“ときの人”ともなった実力者だ。「Come Out Swinging」「Original Prankster」「Want You Bad」「Million Miles Away」「Dammit, I Changed Again」「One Fine Day」「Conspiracy Of One」などといった、いかにもな“オフスプ節”を放つ楽曲が大半を占めるのだけど、それまでになかったようなニュアンス、タッチ、ヴァイブを感じさせる楽曲も目立つのが、今作の特徴でもある。「Living In Chaos」「Special Delivery」「Denial, Revisited」などがいい例だ。で、「Intro」の声の主は今夏来日したばかりのTHE BEACH BOYSの結成者であるマイク・ラヴ(vo)で、ライヴ中のMCをサンプリングしている。さらに、今作はTHE OFFSPRINGの作品群において唯一、歌詞に“fxxk”が使われてない作品でもある。今ではお馴染みのものになっているスカル型バンド・ロゴが登場したのも今作からで、続く7枚目『SPLINTER』(2003年)のジャケ表面にも使われた。

 連載前回で、「この頃、バンドは明らかにそれまでにやらなかったことを積極的に実践したがっていた」と書いた。1stシングル楽曲「Original Prankster」を公式サイト( www.offspring.com )上で公開したのも、このときが初めてだ。続いて今作発売日前に収録曲全曲をダウンロード販売しようとも計画していた。しかし、これは所属のColumbia Recordsより猛反対に遭い、断念せざるを得なかった。だけど結局はファン・サイトから1stシングル楽曲を除く全曲が流出してしまった、というエピソードが残っている。また、バンドはNapsterのロゴをプリントしたTシャツを公式ウェブより販売し、その売上金の一部をNapsterの創設者ショーン・ファニングに寄付している。ご記憶の方も多いと思うけど、Napsterとは多数の端末間で通信を行う際のアーキテクチャのひとつであるP2P技術を用いた、音楽の共有を主目的としたファイル共有サービスのこと。今やユーザー数がうなぎ上りのiTunesの初期版と思ってもらえばわかりやすいだろう。当時は時代背景的にまだ音源ダウンロードというものが珍しかっただけに、この販売手段には賛否両論が渦巻き、アーティストの間でも支持派と反支持派にハッキリとわかれた。読んでもらえばわかるとおり、THE OFFSPRINGは支持派だった。今や音源ダウンロードはあって当たり前のものとなり、ここ数年でヘヴィ・ユーザーが一気に増えている。バンドは12年も前に、後にリスナーの音源購入方法がこういうふうになるということを読んでいたんだろうか。もし、そうだとしたら実に恐ろしい先見性だ。ただ、面白いっていうか、パンク・ロック精神失わずっていうか、いまだに作品ごとに必ずと言っていいほどLPレコード盤も出しているのだ。これはもうデジタルの真反対の究極のアナログ技だ(笑)。

 また本題よりズレてしまうけど、今回の再来日時にデクスターとヌードルスの対面取材を行っている。後日、冒頭のライヴリポートとともにGrindHouse web( www.grindhouse.jp )にupする予定だ。なお、その夜は今作から「One Fine Day」と「Want You Bad」の2曲がセットリストに組み込まれた。


THE OFFSPRING関連タイトル!

FACE TO FACE / 『DON'T TURN AWAY』('92年)
 “メロコア・ブーム”が世のなかを席巻したとき、THE OFFSPRING、GREEN DAYNOFXBAD RELIGIONRANCIDといった先頭集団をときに盛り立て、またときに急追する“個性派バンドたち”がたくさんいて、元気いっぱいに活動していた。このFACE TO FACEもそのうちのひとつで、彼らがまさに全盛期を迎える90年代中盤以降は日本では“中堅メロコア・バンドの代表格”と語られることが多かった。その時代3度の来日経験がある。カリフォルニア州南部ヴィクターヴィル産の4人組。本当は'94年発売の“名盤”との誉れ高い2枚目『BIG CHOICE』を紹介したいところなのだけどCD絶版で購入が困難なため、初のフル・アルバムとなった今作を取り上げた。もともとはDr.Strange Recordsより発売されたものの、後にFat Wreck Chordsよりリイシューされた、という背景を持つ。南カリフォルニア産特有のメロディック・パンク・ロックの響き、香りを放ち、熱心なファンをたくさん抱えていた。「You've Done Nothing」「Disconnected」「I Want」などは必ずやライヴでプレイされる代表曲だ。2004年に一度解散するも2008年に再結成、PUNK SPRING 2010参戦で再来日したことも記憶に新しい。トレヴァー・キース(vo,g)のライヴでのMC、そして時折見せるダッグ・ウォークもナイスだ。なお、上記ピートは3代目ドラマーとなるため、今作には不参加だ。
文●有島博志(GrindHouse)

THE OFFSPRING 最新作ニュース


  • OFFSPRING ニューアルバム!
    4年ぶりとなった、待望の最新作!国内盤限定のシークレット・トラックで未発表ライヴ音源が3曲収録!

■■■ 有島博志プロフィール ■■■

80年代中盤よりフリーランスのロックジャーナリストとして活動。積極的な海外での取材や体験をもとにメタル、グランジ/オルタナティヴ・ロック、メロディック・パンク・ロックなどをいち早く日本に紹介した、いわゆるモダン/ラウドロック・シーンの立役者のひとり。
 2000年にGrindHouseを立ち上げ、ロック誌GrindHouse magazineを筆頭にラジオ、USEN、TVとさまざまなメディアを用い、今もっとも熱い音楽を発信し続けている。
※ ※ ※ ※ ※

アーティスト情報メール登録で、THE OFFSPRINGのリリース情報をいち早くゲット!

HMV/エルパカ メールマガジン 洋楽版も毎週配信中!


※ 購読お申し込みには会員登録が必要です。
※ アーティストメール/メールマガジンは購読無料です。
※ 配信メールのタイプはHTML形式とテキスト形式がございます。
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

最新作 (輸入盤)

Days Go By

CD 輸入盤

Days Go By

Offspring

ユーザー評価 : 3.5点 (6件のレビュー) ★★★★☆

価格(税込) : ¥2,365
会員価格(税込) : ¥1,769
まとめ買い価格(税込) : ¥1,419

発売日:2012年06月26日
メーカー取り寄せ

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

最新作 (国内盤)

Days Go By

CD

Days Go By

Offspring

ユーザー評価 : 3.5点 (6件のレビュー) ★★★★☆

価格(税込) : ¥2,376
会員価格(税込) : ¥2,186

発売日:2012年06月27日

  • 販売終了

%%header%%閉じる

%%message%%

6thアルバム。プロデューサーは敏腕ブレンダン・オブライエン(2000年)

Conspiracy Of One

CD 輸入盤

Conspiracy Of One

Offspring

ユーザー評価 : 4.5点 (133件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥1,447
会員価格(税込) : ¥1,259
まとめ買い価格(税込) : ¥868

発売日:2000年11月13日

%%header%%閉じる

%%message%%

関連タイトル

Don't Turn Away

CD 輸入盤

Don't Turn Away

Face To Face

ユーザー評価 : 5点 (4件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥1,339
会員価格(税込) : ¥1,232
まとめ買い価格(税込) : ¥803

発売日:1995年01月17日
入荷日未定

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%