10-FEETのあの日、あの時 2 『10-FEETのあの日、あの時』へ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2012年9月27日 (木)


10-FEETのあの日、あの時 第2回:TAKUMA、NAOKI、KOUICHIが出会い、いよいよ10-FEET生誕へ!
’97年結成直後の、現存する唯一のグループショット。左よりKOUICHI、NAOKI、TAKUMA
文●有島博志(GrindHouse)

 10-FEETの通算7枚目の新フル作『thread』が発売された。10/1付オリコン総合ウィークリー・アルバム・チャートに初登場7位で飛び込むというスリリングなアクションを見せた。前フル作『Life is sweet』(2009年)は同初登場8位だった。「なんだ、たった1位の違いじゃん」って思う人もいるかもしれない。だけどこの1位の違いはバンドにとって、ひいては日本のロック・シーンにとって計り知れないくらいの大きな意義を持つ、と自分は信じて疑わない。そして、もうひとつ断言できる。このチャート・アクションこそ活動キャリア15年で培い、身につけてきたバンドの“自力”の賜物、表れである、と。

クリックで拡大  でだ、連載前回の続きだ。TAKUMA(vo,g,key,blues harp)、NAOKI(b,vo)、KOUICHI(ds,background vo)それぞれの生い立ち、音楽に入っていった経緯、楽器を手にした動機などはすでに書いたとおりたけど、そのなかでTAKUMAの初楽器が実はギターではなく、ドラムだったっていう意外な事実も明るみに出た。そこらへんのことを丸々TAKUMAに語ってもらおう。
「METALLICAとMEGADETHを知ったことを機にぐんぐんメタル、ハード・ロックに入っていったときのことですよ。そこで当然バンドを始めるんですけど、最初は“ドラムやれ”って言われハイハットとスネアを渡され“家で練習しとけ”って(笑)。だけどさっぱりわからずで。“ハイハットとスネアでなにすんねやろ?”みたいな。仕方なくチッチッタチッチッタみたいなんやりだして…“ちゃうな、コレ”となって(笑)。だからもう押し入れんなかにしまって、なんかあったときに渡してきたヤツに返して。で、次はギターを渡され…いやもらったんかな?METALLICAの“Enter Sandman”のフレーズだけ弾けるようになり、あとSKID ROWの“I Remember You”もちょっとできるようになって。とてもギターでライヴできるようなレベルじゃなかったから、だけどカラオケは相変わらずスゴく得意やったし、“じゃヴォーカルやらして”ってスタジオで歌うようになったんですけど、それが自分にはめっちゃしっくりきたんですよね、マイク持って歌うっていうのが。それはたぶん、カラオケでガンガン本気で歌ってたからやと思うんですけど。カラオケは単なる遊びの延長じゃなかったんですね。早くもマジ本気やったから。それと同じ感じでバンドでも歌うんですけど、同じぐらい本気やったんです。そこにいる誰に聴かすでもなく、もうなんか“とにかく本気!”で(笑)。ちょけたり(ふざけたり)ももちろんするんですけど。ほかのヴォーカルも仲間に何人かおったんですけど、そのときは中学〜高校生なりに“そんなん違う”って思ってましたもん、ツレに対して。“そんなんヴォーカルちゃうやろ!”って(笑)。“ヴォーカルってもっとこうや!”みたいなんが自分のなかにあって。だけどスタジオに1、2回入った程度じゃライヴはできなかったですね。周りはけっこうばんばんライヴをやってたんですけど、ボク部活とかあったからできなくて。だからカラオケ以外で1回もステージとかで歌えず、その“ちゃうやろ!”って思ってた仲間たちに見せれぬまま大学生になっていくんですね(笑)。当時、中学〜高校生でバンドやってたヤツらって大学に入るとやめていたから、バンドを組みたくても組めなかったですね。だから街のリハーサル・スタジオに遊びで入ってるときメンバー募集の紙を見つけてそこに連絡をし、メタルのバンドに入ったんです。これが初めてのバンドらしいバンドでした。メンバーみなボクより年上で、かつガチでしたから。“いきなりスゴいところに入っちゃったなー”って(笑)」

クリックで拡大  3人ともそれぞれ違うバンドをやっていたわけだけど、こんな感じで出会っている。
「ボクはもともとFLAMEっていうメタルバンドをやってたんですね。だけどそのバンドは“もういっかなぁ〜”って思い始めた頃、残りのメンバーと10-FEETの原型になるようなコピバン(コピー・バンド)も組んでたんですね。そのバンドでリハスタ(リハーサル・スタジオ)に入ってたらNAOKIが練習してて。京都三条にミュー(現在閉店)っていうところがあって、ギャルのハードコア・バンドが練習してた。スンゴい声張り上げてて“うわ、スッゲぇ”って(笑)。で、その部屋の扉の前のソファに、なんか落ち着きのないヤツが座ってた。当時オールバックで茶髪でなんか悪そうなヤツやった(笑)。で、“このギャルバン、スゴくない?”みたいな感じで話しかけたら“スッゴい”みたいなん言って、他人やのに(笑)それがNAOKIやったんです。そこから話がワァーって始まり、NAOKIのやってるバンドをスタジオに見にいき、NAOKIもボクのやってるバンドを見にきてくれて。で、NAOKIんところはメロコアで、こっちはメタル。互いに知らない音楽だったんで魅力を感じ合い、“こういうコピバンのイベントあるし、一緒に出るか?”みたいなんで一緒にやるようになったんです。その流れでKOUICHIとも知り合ったっていう」とTAKUMA。

クリックで拡大  このあたりから3人が10-FEETへと発展し、結成となるわけだけど、その年は公式に言われてる’97年ではなく、もう少し前の’96年というのが正しいそうだ。TAKUMAとNAOKIは完全に意気投合し、このバンドをヤル気満々だったのに対し、KOUICHIはバンド活動から足を洗い、保育士になると心に決めていたそうだ。「一度決めたらもう心が変わらへん人やしっていうのを知ってたけど」 (TAKUMA・談)、ダメもとでデモ・テープをKOUICHIに聴いてもらい、説得にかかった。しかも場所はびっくりドンキーで、かつガリバーバーグディッシュを食べながらときた(笑)。KOUICHIが言う。
「聴かされてたなー、あんときオレ(笑)。2ビートが入ってるメロコアっぽい楽曲で、ちょうどそのとき興味があった音楽で、単純に“あ、カッコいいな”って。ま、ずっと続けるわけでもないし軽い気持ちで“やろうかな”って入ったんです」

 自分は今のこの仕事に就いてから長い、相当長い。これまでに邦楽・洋楽を問わず、かなりの数に上るアーティストを取材してきた。だけど、まぁびっくりドンキーはともかく(笑)、飲食店でバンドが生誕したっていう話を聞いたのは初めてだ。たぶん、この先もアーティストの口から聞くことなんてないだろう。TAKUMAも言う。
「やっぱびっくりドンキーってスゴいっすよ(爆笑)」

 次回は、実は10-FEETは結成当初4人編成だったという話をお届けしよう。


10-FEET関連タイトル

VA / 『ROCK STUDY』(2012年)
ここまでの連載のメンバーのコメントからもわかるとおり、3人はかなり洋楽ロックから音楽的影響を受けている。それがなければ今現在の10-FEETは存在しないと言っても過言ではないほどで、今なお洋楽ロックより刺激を受け続けている。そういうバンドの音楽的ルーツなどをものすごくわかりやすく教えてくれるコンピが発売される。それが今作で、自身初となる監修盤だ。SUM 41、RISE AGAINST、MR.BIG、WEEZER、FINCH、ASIAN DUB FOUNDATIONとパンク・ロックからラウド・ロック、はたまたエレクトロ・ミュージックと幅広く3人それぞれが選曲している。21組21曲入り。写真入豪華インタヴュー44P・歌詞・対訳・解説というヴォリュームながら税込1,980円というのは、めちゃくちゃ買い得だ。
文・有島博志(GrindHouse)

10-FEET 最新作ニュース

■■■ 有島博志プロフィール ■■■

 80年代中盤よりフリーランスのロックジャーナリストとして活動。積極的な海外での取材や体験をもとにメタル、グランジ/オルタナティヴ・ロック、メロディック・パンク・ロックなどをいち早く日本に紹介した、いわゆるモダン/ラウドロック・シーンの立役者のひとり。
 2000年にGrindHouseを立ち上げ、ロック誌GrindHouse magazineを筆頭にラジオ、USEN、TVとさまざまなメディアを用い、今もっとも熱い音楽を発信し続けている。
※ ※ ※ ※ ※

便利なメールマガジンを活用しよう!

※ 購読お申し込みには会員登録が必要です。
※ メールマガジンは購読無料です。配信メールのタイプはHTML形式とテキスト形式がございます。

アーティストメール

気になるリリース情報をいち早くメールでお知らせ致します。10-FEETのアーティストメールの登録はこちら!

エルパカメールマガジン 邦楽版

週に1回、ジャパニーズポップスの最新リリース情報、オススメ情報をお知らせします。最新版はこちらからご覧頂けます。

パンク/ハードコアTOPへ(PC)
パンク/ハードコアニュース一覧へ(PC・スマホ)

※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

初回限定盤

thread (+DVD)【初回限定盤】

CD

thread (+DVD)【初回限定盤】

10-FEET

ユーザー評価 : 5点 (1件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥3,292
会員価格(税込) : ¥3,028

発売日:2012年09月19日

  • 販売終了

%%header%%閉じる

%%message%%

通常盤

  • thread

    CD

    thread

    10-FEET

    ユーザー評価 : 5点 (1件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥2,674
    会員価格(税込) : ¥2,460
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,273

    発売日:2012年09月19日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

邦楽&アジア 2点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 邦楽&アジア 2点で最大30%オフ 対象商品です

10-FEET監修洋楽コンピ!

  • ROCK STUDY

    CD コレクション

    ROCK STUDY

    価格(税込) : ¥2,037
    会員価格(税込) : ¥1,874
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,732

    発売日:2012年10月03日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

邦楽&アジア 2点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 邦楽&アジア 2点で最大30%オフ 対象商品です

Grindhouse Magazine

releases!!!

  • 10-BEST 2001-2009 (+DVD)

    CD 限定盤 グレイテストヒッツ

    10-BEST 2001-2009 (+DVD)

    10-FEET

    ユーザー評価 : 5点 (1件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥5,122
    会員価格(税込) : ¥4,713

    発売日:2010年12月08日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Life is sweet

    CD 限定盤

    Life is sweet

    10-FEET

    ユーザー評価 : 5点 (1件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥3,292
    会員価格(税込) : ¥3,029

    発売日:2009年09月09日


    初回限定盤:CD+DVD

    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • VANDALIZE

    CD

    VANDALIZE

    10-FEET

    ユーザー評価 : 4.5点 (4件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥2,674
    会員価格(税込) : ¥2,460
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,273

    発売日:2008年02月27日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Re:springman+

    CD

    Re:springman+

    10-FEET

    価格(税込) : ¥2,808
    会員価格(税込) : ¥2,583

    発売日:2007年07月25日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • TWISTER

    CD

    TWISTER

    10-FEET

    ユーザー評価 : 5点 (4件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥2,700
    会員価格(税込) : ¥1,350

    発売日:2006年08月16日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • 6-feat

    CD コレクション

    6-feat

    10-FEET

    ユーザー評価 : 4.5点 (8件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥1,944
    会員価格(税込) : ¥1,788

    発売日:2006年04月19日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • 4REST

    CD

    4REST

    10-FEET

    ユーザー評価 : 4.5点 (26件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥2,700
    会員価格(税込) : ¥2,484
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,295

    発売日:2005年05月25日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • REALIFE

    CD

    REALIFE

    10-FEET

    ユーザー評価 : 5点 (44件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥2,268
    会員価格(税込) : ¥2,087
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,928

    発売日:2004年01月28日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • springman

    CD

    springman

    10-FEET

    ユーザー評価 : 4.5点 (19件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥2,268

    発売日:2002年04月12日


    • 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • OF THE KIDS,BY THE KIDS,FOR THE KIDS V

    DVD

    OF THE KIDS,BY THE KIDS,FOR THE KIDS V

    10-FEET

    価格(税込) : ¥3,909
    まとめ買い価格(税込) : ¥3,010

    発売日:2010年06月16日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • OF THE KIDS, BY THE KIDS, FOR THE KIDS! IV

    DVD 限定盤

    OF THE KIDS, BY THE KIDS, FOR THE KIDS! IV

    10-FEET

    価格(税込) : ¥2,736
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,107

    発売日:2013年06月19日


    • 邦楽&アジア 2点で最大30%オフ 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

邦楽&アジア 2点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 邦楽&アジア 2点で最大30%オフ 対象商品です