SIGH 川嶋未来氏コラム第3弾! Mon Cauchemar Musicalへ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2012年5月16日 (水)

SIGH / Mirai Kawashima
SIGH / Mirai Kawashima
<80年代アメリカにおける Crossover ブーム>

 『第1回 S.O.D. とニューヨークの Crossover シーン』


メタルとパンクの融合は、今では何ら特殊なことではない。元々はアンチハードコアを標榜していたブラックメタルというジャンルにおいてすら、ハードコアとの融合が進んでいるほどである。

1985年頃、アメリカを中心に、ヘヴィメタルとハードコアパンクを「融合」した Crossover というジャンルがブームとなった。ブームの火付け役となったのは Anthrax のメンバーを擁するニューヨークの S.O.D.。そしてアメリカ全土で、いわゆる Crossover を標榜するバンドが大量発生、大きなブームとなったのであるが、このブーム、残念ながら非常に燃え尽きるのが早かった。ブームなんてそんなものと言ってしまえばそうなのかもしれないが、この Crossover ブームは期間にしてわずか2年弱、各バンドともアルバム1枚を出しただけでブーム終了という短命ぶり。一体何故なのか。


S.O.D.

Anthrax の Scott Ian と Charlie Benante、そして 元 Anthrax で Nuclear Assault の Danny Lilker らによるスーパープロジェクト、Stormtroopers of Death が歴史的名盤、"Speak English or Die" を発表したのが1985年。

「スキンヘッドもヘッドバンガーもパンクスも、一丸となって Crossover の究極シーンへ」

同アルバムに収録された一曲 "United Forces" =手を組んだ敵同士、からの一節。敵同士とは当然ここではメタルとパンクのことだ。しかし本当にメタルとパンクはまったく相容れない、音楽的にも思想的にも水と油のような状態であったのかというと、そんなことはない。もちろんパンクを技術的に稚拙な音楽だと見下すメタルファンや、メタルの思想、というよりは思想の無さに眉をひそめるパンクスは存在していたし、今でも存在する。ライブ会場でメタルとパンクスが乱闘になることもあった。しかしスラッシュメタルのスピードは、明らかにハードコアパンクの洗礼を受けて誕生、発展したものであるし、VenomSlayerMetallica といったスラッシュの先駆者たちが、ハードコアパンクのファンであったことは周知の事実。それはパンク側にしても同じことで、GBH のようにヘヴィメタル好きを公言しているバンドは少なくなかったし、それを音に出している例もいくらでもあった。Suicidal Tendencies のファーストは1983年発表だが、ヘヴィメタルギターの影響は顕著。


では一体 Crossover というムーヴメントは何が新しかったのか。S.O.D.というプロジェクトは何が画期的であったのか。それはおそらく、"Speak English or Die" というアルバムが、厳密にはヘヴィメタルにもパンクにも分類できない、まったく中間の Crossover としか言えない物であったところにあるのだろう。いくらハードコアの影響下にあろうが Venom や Slayer はスラッシュメタルだったし、Suicidal Tendencies のファーストはメタルの影響を受けてもハードコアパンクであった。
だが S.O.D. はそのどちらでもなかった。


では、S.O.D. は Crossover というジャンルの創始者なのだろうか。それについてメンバーの一人であった Danny Lilker はこう語る。

「もちろん Crossover のムーヴメントは S.O.D. 以前から存在していたよ、でもそれはたいていハードコア側からメタルに接近するという一方通行だった。反対に S.O.D. 以前にメタル側からハードコアに接近していたバンドもいたけどね、Nuclear Assault のように。S.O.D.は当時に人気が出てきていた Anthrax のメンバーがいたからインパクトはデカかったよ。Nuclear Assault は "Game Over" がリリースされるまではあまり知られていなかったから。S.O.D.がCrossoverの創始者だとは言わない。だけど大きなレーベルからアルバムを出したこと、メンバーが有名だったことで大きな話題になったのは事実だよ。影響を受けたバンド?もう27年も前のことだから全部を思い出すのは難しいけど、Agnostic Front , Suicidal Tendencies, Slayer , Siege , The Cro-Mags , Murphy's Law , Dr. Know , Discharge , G.B.H. , Minor Threat あたりかな。」


Nuclear Assault

S.O.D. のほうがアルバムリリースが早かったため、Nuclear Assault というと何となく S.O.D. の後に Danny が本格始動したバンドのようなイメージがあるが、実際は結成は1984年。S.O.D. 以前に Crossover の試みは始められていた。Danny は、やはりいち早く Crossover を試みていた NYC Mayhem の Craig Setari (現 Sick of It All、Cro-Mags )と Crab Society というプロジェクトもやっていた。これは音的には Crossover というより、即興によるショートグラインドのようなプロジェクトではあったのだが、S.O.D. についても当初は同様のショートグラインド路線を狙っていたようである。アルバムでも聴ける "Diamond and Lust" などの超ショートナンバーにその残り香が感じられるが、Charlie Benante の猛反対にあい、よりメタル寄りの Crossover 路線に、結果としてそれが大成功と相成った。

S.O.D. を輩出したニューヨークはアメリカ Crossover シーンの要であった。Crumbsuckers、Ludichrist は共に、Relativity Records 傘下の Combat Core からアルバムデビュー。
Comat Core は Combat Records の兄弟レーベルのような感じで、アメリカだけでなく、English DogsBroken Bones、G.B.H.、The Exploited など、イギリスのメタル色の強いハードコアバンドのリリースもしていた。Crossover ブームが短命であったように、このレーベルも短命に終わったのだが、重要なリリースを何枚かしている。Crumbsuckers の "Life of Dreams" は話題性では S.O.D. に何歩も譲ったが、クオリティでは負けていない。独特のヴォーカル、確かな演奏テクニック、中近東っぽいフレーズを取り入れたりなど幅広い、まさにメタルともパンクとも言い切れない音楽性。Ludichrist の "Immaculate Deception" も同様。メタル、パンクだけでなく、ファンク、ラップなども取り入れ、それを非常に高い演奏能力で自分たちの音楽に消化。こちらも S.O.D. に勝るとも劣らないバンドであった。


Agnostic Front

Agnostic Front の "Cause for Alarm" も Combat Core からのリリース。こちらは元々NYハードコアバンドとしてスタートしていたため、メタルへの接近には賛否両論、というよりハードコア側からは相当の反発があったらしい。しかもこのアルバム、実は作曲者が故 Peter Steele ( Type O Negative , Carnivore )であるらしい。Peter によればメタルに接近を試みた Agnostic Front が、彼に作曲を依頼、しかも報酬は踏み倒されたそうだ。本アルバムのオープニングナンバーは、誰が聞いても Exodus のリフそのまま。Peter は故意にやったのだろうか。そもそもメタルに接近するためとは言え、インディーズのハードコアバンドが本当に作曲を外部委託するものだろうか?2010年に Agnostic Front のライブを見たが、1曲目はいきなりその Exodus 丸出しの "The Eliminator" だった。ということはバンド自身はこのアルバムを葬り去りたい過去としていない、というよりむしろ代表作の一つと捉えているということだろう。非常に謎が多いアルバムだ。いずれにせよ名盤。

その Peter の Carnivore も Crossover の文脈で語られることが少なくないが、こちらはメタルからハードコアに接近した、数少ない例の一つ。特にアメリカではユーモアたっぷりの歌詞が大きな評価を得ているが、音だけ聴いても十分にカッコよく楽しめる。


NYC Mayhem

当時アルバムリリースこそなかったが、NYC Mayhem の影響力は無視できない。Danny Lilker とプロジェクトをやったり、かなりS.O.D.との交流が深かったようなのだが、残されたライブテープなどを聴くと、超高速ショートナンバーに混じって、S.O.D. を思わせる Crossover スタイルの曲もプレイされている。相互に影響を与え合っていたのだろうか。ちなみに NYC Mayhem、当時最速と言われたバンドの一つである。

Nuclear Assault ついては多くを説明する必要はないだろう。
86年の名作 "Game Over" 収録の "Hang the Pope" が当時のメタルファンに与えた衝撃は大きかった。

他にも Cro-Mags の "The Age of Quarrel" や Murphy's Law の 1st、Leeway の 1st など、かなりハードコア寄りのものも含め、確実に Crossover ブームの中心地であったニューヨークからは数多くの名作が発信された。


次回は引き続き Crossover ムーブメントについて、
「80年代アメリカにおける Crossoverブーム第2回 D.R.I. と Crossover ブームの終焉」

川嶋未来/SIGH
http://twitter.com/sighjapan

SIGH 関連 Links

HR/HM 最新ニュース

初期ジャーマンスラッシュVectom再発!
Municipal Waste 5th発売中!
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

SIGH・2012年最新作!絶賛発売中!
川嶋氏ご提供のHMVオリジナル特典付き!!

In Somniphobia

CD 輸入盤

In Somniphobia

Sigh

価格(税込) : ¥1,663
会員価格(税込) : ¥1,530
まとめ買い価格(税込) : ¥1,081

発売日:2012年03月19日

%%header%%閉じる

%%message%%

S.O.D.(1985)

Speak English Or Die -Platinum

CD 輸入盤

Speak English Or Die -Platinum

S.O.D.

ユーザー評価 : 5点 (5件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥2,905
会員価格(税込) : ¥2,367
まとめ買い価格(税込) : ¥1,889

発売日:2000年02月22日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

SUICIDAL TENDENCIES(1983)

Suicidal Tendencies

CD 輸入盤

Suicidal Tendencies

Suicidal Tendencies

ユーザー評価 : 5点 (1件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥2,149
会員価格(税込) : ¥1,827
まとめ買い価格(税込) : ¥1,397

発売日:1994年12月06日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

Nuclear Assault(1986)

Game Over +Plague

CD

Game Over +Plague

Nuclear Assault

ユーザー評価 : 4点 (1件のレビュー) ★★★★☆

価格(税込) : ¥2,777
会員価格(税込) : ¥2,555

発売日:2009年09月09日

  • 販売終了

%%header%%閉じる

%%message%%

Agnostic Front(1986)

Cause For Alarm

CD 輸入盤

Cause For Alarm

Agnostic Front

価格(税込) : ¥3,661
会員価格(税込) : ¥3,369
まとめ買い価格(税込) : ¥2,380

発売日:1999年11月15日
通常ご注文後 2-3日 以内に入荷予定

  • 送料無料 ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

Crossover系関連作

  • Beast On My Back

    CD 輸入盤

    Beast On My Back

    Crumbsuckers

    価格(税込) : ¥2,581
    会員価格(税込) : ¥2,246
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,678

    発売日:2009年04月01日


    • 3/30(木)まで!輸入盤CDどれでも4点以上で35%オフ 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Where Legend Began

    CD 輸入盤

    Where Legend Began

    English Dogs

    価格(税込) : ¥3,121
    会員価格(税込) : ¥2,716
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,029

    発売日:1997年06月30日


    • 3/30(木)まで!輸入盤CDどれでも4点以上で35%オフ 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Carnivore

    CD 限定盤 輸入盤

    Carnivore

    Carnivore

    ユーザー評価 : 2点 (1件のレビュー)
    ★★☆☆☆

    価格(税込) : ¥2,571
    会員価格(税込) : ¥2,366
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,671

    発売日:2008年06月09日


    • 3/30(木)まで!輸入盤CDどれでも4点以上で35%オフ 販売終了
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Bones Club: Best Of

    CD グレイテストヒッツ 輸入盤

    Bones Club: Best Of

    Broken Bones

    価格(税込) : ¥2,581
    会員価格(税込) : ¥2,375
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,678

    発売日:2008年08月05日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Fuck Off & Die

    CD 輸入盤

    Fuck Off & Die

    Dr Know

    価格(税込) : ¥2,581
    会員価格(税込) : ¥2,375
    まとめ買い価格(税込) : ¥1,678

    発売日:2008年12月01日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • Death Brfore Dishnour

    CD 輸入盤

    Death Brfore Dishnour

    Exploited

    価格(税込) : ¥3,877
    会員価格(税込) : ¥3,567
    まとめ買い価格(税込) : ¥2,521

    発売日:2005年05月16日


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

3/30(木)まで!輸入盤CDどれでも4点以上で35%オフ このアイコンの商品は、 3/30(木)まで!輸入盤CDどれでも4点以上で35%オフ 対象商品です