DVD、CDの通販なら【HMV ONLINE】-ゲームや書籍、タレントの写真集も通販で-

HMVインタビュー: G.Peterson ダンス&ソウル・インタビューへ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2010年10月20日 (水)

interview

GILLES PETERSON

村田大造氏によるレーベル Heart Beat×AIRの大好評ミックス・シリーズ第5弾で今まで以上に革新的なミックスを披露してくれた、世界最高峰DJ ジャイルス・ピーターソンにインタビュー! 作品の話題からトーキング・ラウド時代の貴重な体験談まで、偉大なるジャイルス先生ならではポジティヴなお話が満載のインタビューとなりました。

インタビュー : HMV ONLINE × Ken Hidaka (hangouter/ Wax Poetics Japan)

2010年に私自身の脳が何から刺激を受けているかを表示しているジャーニーという感じかな。


--- あなたが今回参加した、HEART BEAT × AIR シリーズの存在は既にご存知でしたか?またこのシリーズにはどのようなイメージを持たれていましたか?

Gilles Peterson: そうだね、ハートビートから幾つかのCDを出している事を認識していたよ。フランソワ・ケヴォーキアンのCDを出したよね?

--- はい。あとデリック・メイ、ジャズトロニック、ディクソンの(ミックスCD)作品を出しました。

Gilles Peterson: そうなんだね。
私は村田大造氏と一緒に仕事が出来る事がとても嬉しく、今回のクラブ・AIRが関係するコンピレーションを手がける事はとても重要な事だと思っているよ。なぜかと言うと、彼等は日本のクラブ・カルチャーのアイコン的な存在だからね。ハートビートのためにミックスCDを手がけるのは私にとってとても光栄な事だよ。

--- 今回のミックス・アルバムには、これまであなたがリリースしてきた作品とは異なるテイストを感じました。制作にあたってはどのようなコンセプトで挑んだのですか?

Gilles Peterson: 本作のタイトルを『One Time(ワン・タイム)』と名付けたように、2010年の今、私自身の回りに何が起きていて、何から刺激を受けているかを物語りたかったんだ。
新しいポスト・ダブ・ステップ・シーン、新しいトラピカルなエレクトロニック・ワールド・ミュージック・シーン等のそれぞれのスタイルの点を繋げ合わせるのが目的だったんだけど、いつものようにジャズの要素やハウスも収録したよ。2010年に私自身の脳が何から刺激を受けているかを表示しているジャーニーという感じかな。

--- 選曲→ミックスの流れの中で、特に拘った事や意識した事はありますか?

Gilles Peterson: 本作では(音楽的な)快適なジェットコースターに皆さんを乗せたく、それを成し遂げていたら嬉しい限りだね。

--- 今回の作品の収録曲で特にオススメのトラックがあったら教えてください。

Gilles Peterson: 私はブラスルーツの曲を推薦するね。この曲をかければ、皆は飛び跳ね出すので!

--- あなたは、ジャンルに拘らず次々と新たな才能を発掘していますよね?今回の作品にもそういったあなたの斬新な一面を強く感じたのですが、どうやってそのようなモチベーションを保っているのですか?

Gilles Peterson: 私はBBCとJ-Waveで毎週ラジオ番組を放送しているので、良質な番組を制作する為にも常に自分を満足させなければならないんだ。なので、常に多くの素晴らしい、新しい音楽を聴くようにしているよ。
長年世界中を駆け巡る中で多くの素晴らしいDJやプロデューサーと出会い、いつも私に新しい音楽を知らせてくれるとても素晴らしいネットワークを持っているので、私自身はその伝授者であると思っているんだ。

--- あなたが次に注目している ジャンルやDJ/プロデューサーがいたら教えてください。

Gilles Peterson: そうだね、ジェームズ・ブレイクを注意すべきだと思うね。

--- 音楽業界の不況が叫ばれる昨今ですが、長きに渡り現場の第一線で活躍されているあなたはこの問題をどのように考えますか?

Gilles Peterson: そうだね、レコードをリリースする方法を時代の変化とともに更新する必要があると思うね。私はそういった理由で自身のレーベル、ブラウンズウッド・レコードを運営しているんだ。我々はマーケットが縮小した事を理解して、この状況を受け入れるために自身を改良していかなければならない。自分でやっていればそれは簡単なことであり、その時の状況に応じて運営を続けて行く事が可能だからね。まだ熱意を持っている人々はたくさんいるしね。

--- あなたがトーキング・ラウドとその他のレーベルを運営している時と、ブラウンズウッド・レコードとは違いますでしょうか?

Gilles Peterson: うん、かなり違っているね。実際、昔(トーキング・ラウドを運営している時代)はもっと多くのレコードをみんなは買っていたし、私はユニヴァーサル・ミュージックの下で働いていたのでね。
ブラウンズウッド・レコードは、完全なインディー・レーベルとして運営しているので、あの頃よりもよっぽど幸せだよ。

--- そうなんですか!

Gilles Peterson: 今はレーベルの運営に関して行われている事を完全にコントロールをしているけど、あの頃はより多くのルールや制限に覆われていたからね。

--- しかしあの頃、トーキング・ラウドからは、インナーゾーン・オーケストラ、レプレザントなどの当時でも斬新な作品をリリースしていましたよね。

Gilles Peterson: そうだね、これらの作品は素晴らしかったんだが、実は音楽を全く理解していない人達に自分のリリースする根拠を説得しなければならなかった。

--- 凄く興味深いです。

Gilles Peterson: その当時、私は自分が気に入っていたほとんどのアーティストと契約する事が出来たかもしれなかった。
例えば、ゴータン・プロジェクト、ゼロ7、ベースメント・ジャックスなどは、皆、私と契約したがっていたんだ。 しかし私はレコード・レーベルを説得できず、契約する事が出来なかった。
正直言うと、私は喧嘩に勝った回数が負けた回数よりも少なかったんだよ。

--- そうなんですか。。

Gilles Peterson: 結局、辞めざるもえない状況になっていった。もう耐えられなかったのでね。

--- なるほど、とても興味深いお話をありがとうございました。
話は変わりますが、10月末〜11月にかけて 今回のアルバムのリリース・ツアーを東京と大阪で予定されていますね。どんなパーティーになりそうですか?

Gilles Peterson: いつものように楽しみたいよ。そして究極の日本流のリアクションにも期待している。2010年も愛を見せて下さい。

--- 最後にこちらをご覧の方にメッセージをどうぞ。

Gilles Peterson: (海外の)すべてのDJやプロデューサーは日本に行くのをとても感謝しているんだよ。なぜかと言うと日本の皆さんは音楽に対してとてもポジティヴな態度を示しているからね。私は常に物事が前進するように願っているので、皆さんもそのポジティヴさをどうか忘れないで下さい。

新譜Gilles Peterson / Heartbeat Presents One Time!
Gilles Peterson が大好評の国産ミックス・シリーズ「Heart Beat × AIR」の第5弾に登場!ワールドミュージックやフリージャズ、はたまた最新のビート・ミュージックまで!いつものジャイルスとは一味違う視点で彼の土台である「ジャズ」をミックスした革新的な一枚!まさにジャイルスにしか完成する事の出来ない世界を提示した要注目盤!!

HMVインタビュー: G.Petersonのページをご覧の皆様へ
HMV.co.jpでは、CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなど税込2,500円以上のお買い上げで、国内一括配送の配送料が無料となります。(一部送料有料指定商品を含む場合は有料となります)
本・雑誌・コミックを含むお買い上げ合計税込1000円以上のご注文も、国内一括配送料無料となります。(非会員購入は対象外)
国内最大級のECサイトです!Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

HMV.co.jp

情報の一部は(C)2014 Rovi Corporation., japan music data.により提供されています。
また、書誌データの一部は「BOOKデータベース」(著作権者:(株)トーハン/日本出版販売(株)/(株)紀伊國屋書店/日外アソシエーツ(株))の情報です。

HMV.co.jpの表示価格はオンラインでの買物のみに適用され、HMV店舗の表示価格と異なる場合がございます。

株式会社ローソンHMVエンタテイメント 東京都公安委員会 古物商許可 第302171105567号
Copyright © 1998-2014 Lawson HMV Entertainment, Inc