CD  多田武彦*cl*
雨: 吉村信良 / 京都産業大グリークラブ, 北村協一 / 立教大グリークラブ


視聴できます

試聴サンプルを聞くには、各種プレイヤーがありますが、
Windows Media プレイヤーReal Audio プレイヤーQuick Timeプレーヤーをご利用されることをお奨めします。
上の各プレーヤーの名前をクリックすると、それぞれの最新ヴァージョンがダウンロードできるページが表示されます。
各プレイヤーとも、優れたプレイヤーで、なおかつダウンロードは無料です。

サンプルが試聴できない場合は、プレイヤーの設定を間違えている可能性があります。
プレイヤーの最新ヴァージョンをダウンロードするか、マイクロソフト、RealAudio、アップルのウェブサイトでプレイヤーの設定の仕方の説明を参照してください。
なおMacintoshをご利用の場合、試聴ファイルによって特性上再生できない場合がございます。



HMV ユーザーレビュー


★★★★☆

タダタケ・ファン  |  北陸にて  |  不明  |  2007年08月10日

" 「雨」こそ「わがふるき日のうた」と並ぶ、多田武彦最高の名曲だと思うが、現役盤はビクターの吉村指揮のものしかない。差別用語があるために第1版収録の“十一月にふる雨”が差し替えられたこともあり、貴重かつ名演であった福永陽一郎指揮小田原男声合唱団(東芝LP盤)や北村協一指揮(立教グリーor関学グリー?)盤が廃盤のままであることが残念である。特に、福永盤の終曲“雨”は歴史に残る名演奏である。 "
★★★★★

陽ちゃんといっしょ  |  神戸市須磨区  |  不明  |  2007年05月05日

" 「雪明りの路」には畑中と福永の他に北村協一指揮の東芝盤もあったと記憶する。3人の指揮者による聴き比べをしてみたいものだ。「雨」は“十一月にふる雨”を収録した第1版であったが、福永陽一郎指揮の小田原男声合唱団の東芝盤(LPレコード)が最高だったと思うが、CD化は無理なのか?終曲“雨”の素晴らしさは涙を禁じ得ない。テンポ設定とピアニシモの絶妙のニュアンスは筆舌に尽くせない超名演である。 "
★★★★★

安田三郎  |  日本アカデミー合唱団  |  不明  |  2006年06月25日

" 多田武彦氏の男声合唱曲は私の心の糧である。「柳河風俗詩」「雨」「富士山」も大好きだが、一番好きで最も名曲だと感じるのは「雪明りの路」である。畑中良輔氏、福永陽一郎氏の名演は素晴らしい。東芝には畑中氏の再録音(アラウンド・シンガーズ?)もあったと思うが、私はコレが最高の名演だと思っている。畑中、福永、北村協一各氏の録音を重ねるごとに、より深く曲の魅力を引き出す経験・聴き比べも得難い魅力ではないか。 "
★★★★★

グリークラブの父  |  富士山  |  不明  |  2006年06月03日

" “ただたけ”こそ、我が国の男声合唱界において、最も支持され、愛され、歌われてきた作曲家である。音楽的に、芸術的に云々の議論は不要。この多田武彦作品に注目し、演奏してきたのが、福永陽一郎や畑中良輔、北村協一等である。その功績は大きい。しかし、彼らが残してきた録音は殆どが廃盤中、我が国の自国合唱作品への理解度の低さに憤りを感じる。畑中先生の影響力で、名盤の復活を期待したい。「多田武彦名曲・名演集」を発売して欲しい! "
★★★★★

畑中陽一郎  |  東京コラリアーズ  |  不明  |  2006年05月13日

" 収録されているのは、多田武彦の最高傑作「雨」より“雨”を最高の名演である吉村信良と北村協一の指揮で、「雪明りの路」を畑中良輔/慶応ワグネル・ソサエティーと福永陽一郎/関西学院グリークラブでの競演となっている。男声合唱曲で最も人気のある“タダタケ”を得意とする4人の名指揮者の名演が堪能できる。特に、吉村の“雨”と福永の「雪明りの路」は超名演である。畑中vs福永の聴き比べなど最高の贅沢であろう。 "

(C)1998 Lawson Entertainment, Inc.