VENOM Inc. アルバムリリース決定!




ご購入はこちら

ヴェノム Inc.のデビュー・アルバム『アヴェ』リリース決定!!


エクストリーム・メタルの元祖とも言えるヴェノムのメンバー、マンタス、アバドン、デモリション・マンが始動したヴェノム Inc.のデビュー・アルバム『アヴェ』リリース決定!マンタスのギターリフ、デモリション・マンのヴォーカル、そしてアバドンのドラミングはまさに“ヴェノム”!

ヴェノムがあらゆるエクストリーム・メタルの産みの親であることに、疑問の余地はない。81年リリースの彼らのデビュ―・アルバム『Welcome to Hell』に収録された「Witching Hour」は、モーターヘッドからの影響が色濃いものの、世界初のスラッシュ・ソングと呼べるものである。デス・メタルのパイオニア、フロリダのデスは、もともとマンタスというバンド名であったのだが、これはヴェノムのギタリスト、マンタスに由来する。そしてブラック・メタルというジャンルに至っては、そのジャンル名がヴェノムのセカンド・アルバム『Black Metal』(82年)からとられているのだ。あらゆるエクストリーム・メタルは、ヴェノムを出発点としており、直接的にしろ間接的にしろ、ヴェノムから影響を受けていないエクストリーム・メタル・バンドなど存在しえないのである。

だが、今回『アヴェ』というアルバムをリリースするのはヴェノム Inc.であって、ヴェノムではない。一体どういうことなのか。上述の『Welcome to Hell』、『Black Metal』、そして『At War with Satan』(84年)、『Possessed』(85年)という4枚のスタジオ・アルバムは、いわゆるオリジナル・ヴェノムと言われるクロノス(Ba、Vo)、マンタス(Gu)、アバドン(Dr)の3名で作られた。しかし『Possessed』リリース後にマンタスが脱退したのを皮切りに、その後はクロノスが脱退したり、活動休止したり、挙句の果てにはクロノスが復活してオリジナル3人が揃ったり、でもまたアバドンが抜け、マンタスが抜け、結局現在3人のうちヴェノムに残っているのはクロノスただ一人なのである。つまり最近では、ヴェノム=クロノスという等式が成り立っていたのだ。だがマンタスはマンタスで、歴史的名盤とされる『Welcome to Hell』、そして『Black Metal』の曲の殆どを書いたのは自分であり、自分こそがヴェノムを名乗るに相応しいという自負を持っている。

という訳で、そのマンタス、アバドン、そしてクロノスの代わりにデモリション・マンという、5枚目のアルバム『Prime Evil』(89年)期のトリオが集まって始められたバンドが、ヴェノム Inc.なのである! つまり現在、ヴェノムとヴェノム Inc.という、いわば2つのヴェノムが存在しているのだ。まあメタルの歴史も長く複雑になってきた現在、こういう元祖・本家争いというのはもはや珍しくも何ともないが。

そのヴェノム Inc.は、もともと15年、ドイツのKeep It Trueというフェスティヴァル用の、一夜限りのプロジェクトとして企画された。しかし、いくらクロノスを欠くとはいえ、約20年の時を経てマンタスとアバドンが再合体、ヴェノムの名曲を演奏するというのだから大事件にならないはずがない。その場にいあわせた数千人のファンが大熱狂したのは当然のこと、ヴェノム Inc.には世界中のプロモーターからラブコールが殺到。結局彼らは3人での活動継続を決意するに至った。『Welcome to Hell』、『Black Metal』というヴェノムの2大クラシック・アルバムの曲を演奏するということで大きな話題となったツアーは、15年にここ日本にもやってきた。やがてツアーを続けるうちに、バンド内では新しいアルバムを作りたいという意欲が、そしてファンからは新作をぜひ聴きたい声が大きくなってくる。一夜限りのプロジェクトとしてスタートしたヴェノム Inc.は、過去の名曲を聴かせるライヴ・バンドになり、そしてついに完全に現役復帰を果たす決断をするに至ったのだ。その結果が、ヴェノム Inc.名義ではデビュー・アルバムとなる、この『アヴェ』である!

肝心の音だが、これは紛れもなくヴェノムのアルバムだ。ここ最近のクロノス・ヴェノムよりも、はるかにヴェノムである。冒頭から「In Nomine Satanas」を彷彿させるリフが飛び出すだけでなく、アルバム全体がマンタス印のリフ、フレーズで溢れている。デモリション・マンの声も、クロノスと同系統の声であるので、一切の違和感がない。(ライヴだとヴィジュアルも含め、かなり違うが。)だが、このアルバムを何よりもヴェノムたらしめているのは、やはりアバドンによるドラミングだろう。アバドンが持つ独特の、というより独特すぎるリズム感覚こそが、「ヴェノムらしさ」のカギなのである。ヴェノム Inc.自身も、今回のアルバムを「クラシック、ヘヴィ、ヴェノム!」とシンプルに表現しているが、これほど『アヴェ』を的確に表す3単語も他にないだろう。この言葉は、(クロノス率いるヴェノムではなく)自分たちこそが本物のヴェノムであるという意気込み、主張でもある。そしてそんな大胆な主張も、この『アヴェ』を聴けば、十分に説得力を持つものであることがわかる。これほどヴェノム感を持つ新譜を聴くのは、一体何十年ぶりだろう。ついにあのヴェノムが帰ってきた。そう感じさせてくれるヴェノム Inc.のデビュー・アルバムである。

(メーカー・インフォメーションより)

【CD収録予定曲】
01. アヴェ・サタナス
02. フォージド・イン・ヘル
03. メタル・ウィ・ブリード
04. ダイン・フライシュ
05. ブラッド・ステインド
06. タイム・トゥ・ダイ
07. ジ・イーヴル・デッド
08. プリーチャー・マン
09. ウォー
10. アイ・ニール・トゥ・ノー・ゴッド
11. ブラックン・ロール




1件中 1-1件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて