GrindHouseスタッフがおススメする今月の必聴盤!


ウェブマガジン&フリーペーパーとして新しくスタートしたGrindHouse Magazineのスタッフがおススメする必聴盤をご紹介!

『有島博志 / GrindHouse だけが書ける現場目撃秘蔵ストーリー』大好評連載中!

5件中 1-5件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

  • MAN WITH A MISSION

    Ponta2倍 送料無料

    価格 (税込)
    ¥3,564
    会員価格 (税込)
    ¥3,279
    発売日
    2016年02月10日

    販売終了

    ついに世界への本格進出を果たすオオカミたちによる、待望の4枚目のアルバム。前作がコンセプトを持った、ストーリー性のある作品だったのに対し、今回はよりポップなメロディを際立たせ、全体の雰囲気も明るくなっている。世界進出はもちろん、ここ日本でもさらに多く人たちのもとへ自分たちの音を届けることを意識してか、より開かれた作風と言える。とはいえ緻密に練り込まれた音の層は相変わらず。これまでのサウンドにより磨きをかけ、光らせたというのが正しいだろう。世界制覇を約束させる1枚。

  • DOOM

    Ponta2倍 送料無料

    価格 (税込)
    ¥3,240
    会員価格 (税込)
    ¥2,981
    発売日
    2015年12月16日

    ベーシストの急逝等で活動を休止していた日本の伝説であるDOOMが、3月についに復活作をリリース。それに先立ってリリースされたのが本作だ。1987年のデビューアルバムで、廃盤により長らく入手困難だったが、ついに復刻された。オリジナルLPをもとにした音源と、一度CD化された際の音源。それにEPやソノシートの音源も追加した超豪華盤だ。いわゆるスラッシュメタルが基本的なアプローチにありつつ、ジャズ/フュージョン、プログレ、ニューウェイヴ、ブルースほかをごった煮にした、圧倒的な情報量を誇る作風は、すでに確立されている。今もその個性とアクの強さは健在。新作に備えて、原点にもぜひ。

  • Simple Plan

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,689
    会員価格 (税込)
    ¥2,474
    発売日
    2012年07月03日

    新作のリリースとPUNKSPRING出演での来日も決定しているSIMPLE PLANの前作。すでに5年近い時間が経ってしまっているが、しっかりしたキャリアと人気を誇るだけの巧みな曲作りと、初期を思わせるやんちゃさが融合した爽快な作品に仕上がっている。WEEZERのリヴァース・クオモやナターシャ・ベディングフィールドの参加もいい味付けになっている。タイトルが下ネタとかけている(どういうことかは自分で調べてね)ことも、そういったやんちゃさに繋がっているのかも? とにかく、2000年代序盤に登場したポップパンク〜パワーポップ勢のなかでも指折りの人気を誇る彼らの新作、楽しみです。

  • Arise In Stability / Angagement / The Rabies

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥1,620
    会員価格 (税込)
    ¥1,490
    発売日
    2015年11月18日

    関東拠点のメタル/ハードコア3バンドのスプリット。往年のメタルコアを独自にアップデートさせ、パンチ力と突進力で勝負に出たANGAGEMENT、プログレッシヴかつ情景豊かなサウンドを、圧倒的なテクニックでまとめあげたArise in Stability、ブラックメタル的な要素も取り入れることで、おどろおどろしくもモッシュ上等のブルータルさを誇るThe Rabiesと、「アンダーグラウンド」をキーワードに集まった佳曲が並ぶ。

  • Fall Out Boy

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,484
    会員価格 (税込)
    ¥1,778
    発売日
    2015年10月30日

    2015年初頭にリリースされ、ヒットを記録したFALL OUT BOYの『AMERICAN BEAUTY/AMERICAN PSYCHO』のリミックス作。だが、ただのリミックスにあらず。ちょっとラップを入れただけとか、音が若干変わった等ではなく、完全なヒップホップ/R&B作に生まれ変わっている。参加アーティストに、「自分たちの曲を素材として、新しい曲を作ってくれ」とオーダーしたとのことだ。なのでFOBの作品…として聴くと驚くが、そのメロディセンスは失われていないし、改めていい曲はどうやってもいい曲なのだと実感。

チェックした商品をまとめて