GrindHouse × HMV vol.72

GrindHouse Vol.72
GrindHouse Vol.72

Recommend Discs: 編集部のおススメ作品紹介

GrindHouse magazine次号Vol.73で紹介予定のアイテムを一足お先にGrindHouseスタッフが厳選してご紹介!

『有島博志 / GrindHouse だけが書ける現場目撃秘蔵ストーリー』大好評連載中!

必読!「あの日、あの時」シリーズ
 「LINKIN PARKのあの日、あの時」
 「MARILYN MANSONのあの日、あの時」
 「THE OFFSPRINGのあの日、あの時」
12件中 1-12件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

  • Korpiklaani

    Ponta2倍 送料無料

    価格 (税込)
    ¥2,777
    会員価格 (税込)
    ¥2,554
    発売日
    2012年08月08日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,361

    KORPIKLAANI 『MANALA』
    トラッド&フォークで、“飲めや歌えやな村祭り色”を濃厚に打ち出したメタルを“民謡メタル”“森メタル”の名の下に広め、多くのリスナーたちを楽しませている最大の貢献者が、この通称コルピだ。今作は8枚目の新作。母国フィンランド語詞と英語詞のちゃんぽんで歌い、ときにお祭り感を大炸裂させ、またときにしっとりおっとり流れていくように展開する、基本スタイルに変わりはないものの、これまで以上にアグレッションとヘヴィネスが加わり、グッとソリッドになったのが特徴だ。

    (有島博志)

  • 評価:3.5点
    ★
    ★
    ★
    ★
    ☆
    (6)

    Offspring

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,376
    会員価格 (税込)
    ¥2,186
    発売日
    2012年06月27日

    販売終了

    THE OFF SPRING 『DAYS GO BY』
    オフスプ、4年ぶりの新作。これまでとは趣の異なるアートワークから察しがつくとおり、ダークでシリアスなナンバーや、メロウなミッドテンポチューンが存在感を増す一方で、メガヒット作『アメリカーナ』(98年)収録の“プリティ・フライ”を彷彿とさせるユーモラスなポップソングや、スカ×マリアッチな曲ほか、遊び心あふれた楽曲も多載。ベテランならではの貫禄サウンドに、パンクロックの楽しさとおバカなジョークを詰め込んだ、新旧ファンにアピールする快作だ。2作目『イグニション』収録曲“Dirty Magic”の再録はオールドファン必聴!

    (権田アスカ)

  • 2side1BRAIN

    価格 (税込)
    ¥1,831
    会員価格 (税込)
    ¥915
    発売日
    2012年08月15日

    2side1BRAIN 『BLOOD EYES RED』
    1stフル『WAKE UP MY EMERALD』から2年半を経て、沖縄の2side1BRAINが2枚目のフル作をリリース。メタルコアやポストハードコアを多く手掛けるジョーイ・スタージズとともにアメリカでミキシングをした意欲作だ。前作よりも壮大になったサウンドスケープに加え、ダークで悲壮感さえ漂う作風となった。とはいえただダークなのではなく、暗雲を晴らそうとするような力強いエネルギーと救いがある。音楽的な進化だけでなく、強固なポリシーと主張を持って鳴らされる、真の意味でヘヴィなスクリーモ/ポストハードコアがここにある。

    (望月裕介)

  • DOIMOI

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,263
    会員価格 (税込)
    ¥2,081
    発売日
    2012年07月25日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,924

    DOIMOI 『Materials Science』
    やたら成績が良くて、ちょっと近寄りがたい雰囲気があるんだけど、実際に話をしてみるとすごくいいヤツ…そんなクラスにひとりはいたようなタイプのバンドが、このDOIMOIだ。今作がデビューアルバム。卓越したテクニックでズッシリとヘヴィなサウンドを繰り出すも、メロディはとても庶民的で、親しみやすい。90年代的なオルタナティヴ・ロックとメタル、エモ他のモダンな要素、そして隠し味的に混ぜ込んである実験性。泥臭いがゆえに、多くの人の心を揺さぶる可能性をもった好盤だ。

    (望月裕介)

  • Arbus / Bilo'u

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥1,620
    会員価格 (税込)
    ¥1,490
    発売日
    2012年07月18日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,377

    Arbus x bilo'u『yellow scale - the twist of 2187 x 1000 -』
    東西のカオティック・ハードコアが激突した、今もっとも狂ったスプリット作である。互いに新曲2曲と、お互いのカヴァー曲を持ち寄っている。京都のArbusはハードコアを基盤にボサノヴァ、ジャズ、メタル、プログレetcを飲み込んだ性急なサウンドだが、意外とメロディが多くて聴きやすい。埼玉のbilo’uはお家芸だった和音階は引っ込んでいるが、よりドロリとしたヘヴィさとねじくれた展開、そして叩き潰す様なヘヴィネスで、圧倒する。今作品に合わせたツアーも予定しているので、シーンで異彩を放ち、恐れられるバンドをぜひ体感してほしい。

    (望月裕介)

  • 評価:4.5点
    ★
    ★
    ★
    ★
    ★
    (2)

    Hoobastank

    Ponta2倍 送料無料

    価格 (税込)
    ¥3,086
    会員価格 (税込)
    ¥2,777
    発売日
    2012年08月15日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,624

    HOOBASTANK 『FIGHT OR FLIGHT』
    前作『FOR(N)EVER』から約3年ぶり、通算5枚目になるHOOBASTANKの新作。1stシングル“This Is Gonna Hurt”を聴いて「こう来るか!」と思った人も少なくないはず。これまで以上に濃く、奥深く、骨太な作品なのだ。ダグのエモーショナルなヴォーカルはさらに磨きがかかり、サウンド面ではよりヘヴィでアグレッシヴに、“男前”ロックに仕上がっている。かと思えば“No Win Situation”など初期フーバスを彷彿させる楽曲も。聴きやすく、わかりやすい彼らならではの美メロは健在、さすがである。本作からの楽曲を織り交ぜたサマソニ12での彼らのパフォーマンスが楽しみでならない。

    (三山桜)

  • 評価:4.5点
    ★
    ★
    ★
    ★
    ★
    (2)

    Hoobastank

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,365
    会員価格 (税込)
    ¥2,176
    発売日
    2012年08月15日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,011
  • 評価:3.5点
    ★
    ★
    ★
    ★
    ☆
    (5)

    Linkin Park

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,654
    会員価格 (税込)
    ¥2,441
    発売日
    2012年06月20日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,257

    LINKIN PARK 『LIVING THINGS』
    ついにヴェールを脱いだLINKIN PARKの新作。前々から「原点回帰作」と噂されてはいたが、たしかにかつてない賛否両論を生んだ前作『A THOUSAND SUNS』とは感触がかんり違う。ヘヴィに鳴るギター、チェスターのシャウト、マイクのラップと、たしかに初期を思わせる要素が復活しており、かなり聴きやすく、入り込みやすくなっている。しかし『MINUTES TO MIDNIGHT』以降の作品で追求した、アーティスティックな深みもしっかりと活かされている。ジョー・ハーンによるプログラミング・サウンドも時代の空気を読みつつ、独自のセンスを発揮。「これが新たなハイブリッド・セオリー」…いい得て妙だ。

    (望月裕介)

  • 評価:3点
    ★
    ★
    ★
    ☆
    ☆
    (1)

    CD

    Oceania

    Smashing Pumpkins

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,571
    会員価格 (税込)
    ¥2,366
    発売日
    2012年06月20日

    THE SMASHING PUMPKINS 『OCEANIA』
    「非主流」が身上だったはずの90年代オルタナティヴ・ロックにおいて、さらに隅っこに追いやられていたスマパンの、再結成2作目。ノイジーなギターとオーケストレーションを多用するサウンドは相変わらずだが、泣き虫の自分を武装かのようだった昔と比べると、随分と柔らかに、そしてかわいらしいサウンドになった。そしてエモい。デフトーンズをはじめとしたアトモスフェリックなヘヴィロック、感傷的な空気が売りのエモバンドたちの親玉でもあるので、ここは聴き逃さずにおきたい。ちなみにビリー・コーガン(vo,g)はマディーナ・レイクの最新作のプロデューサーでもある。

    (望月裕介)

  • TOTALFAT

    Ponta2倍 送料無料

    価格 (税込)
    ¥3,188
    会員価格 (税込)
    ¥2,933
    発売日
    2012年07月04日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,711

    販売終了

    初回限定盤:CD+DVD

    TOTALFAT 『Wicked and Naked』
    メジャーに移籍後、毎回三段跳びの成長を見せつけるTOTALFATの、ついに登場するフルアルバム。日本語詞に挑戦したシングルを連発することでつかんだ、表現の幅と自信はもちろん、ひたすら続けたソングライティングとツアーで培ったセンス、基礎体力がいかんなく発揮されている。高速メロディック・パンクで攻め立て、“Echoes Inside My Memories”で少ししんみりきたかと思えば、“Fat or Die”というヘヴィメタルな一曲を持ってくる。ヴァラエティに富みつつ、勢いをそのまま封入した痛快な作品だ。

    (望月裕介)

  • 評価:4.5点
    ★
    ★
    ★
    ★
    ★
    (2)

    CD 輸入盤

    Dark Roots Of Earth

    Testament

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥3,013
    会員価格 (税込)
    ¥2,238
    発売日
    2012年07月31日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,238

    TESTAMENT 『DARK ROOTS OF EARTH』
    アメリカ、カリフォルニア州出身のスラッシュメタルの重鎮の、10作目にあたるフル。「ベイエリア・クランチ」と標榜された突っ走りながらガツガツとリフを刻むスタイルを軸に、デスメタルの激しいエッセンスも加えたバンドだ。今回はドラムをDEATH、FEAR FACTORYほかで鳴らした名手ジーン・ホグランが担当している。ほかにLAMB OF GODのウィル・アドラーも参加しているとか。全体的に眺めの曲が多いが、お得意の突撃スラッシュあり、泣かせる歌ものありと、ベテランならではのバラエティ豊かな作風だ。日本盤ボートラ“Practice What You Preach”は、89年発売作品のタイトル曲のリ・レコーディング。

    (望月裕介)

  • Fear And The Nervous System

    Ponta2倍

    価格 (税込)
    ¥2,376
    会員価格 (税込)
    ¥2,186
    発売日
    2012年08月15日
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,020

    FEAR AND THE NERVOUS SYSTEM 『Fear And The Nervous System』
    KORNのマンキィ(g)率いる別バンド。昨年10月に配信限定でリリースされた作品のCD化がここに実現した。メンバーはマンキィのほかFAITH NO MORE、BAD RELIGION等から集結。インダストリアルやニューウェイヴからの影響色濃いヘヴィロックに、スティーヴ・クロリカウスキ(REPEATER)の神経質な歌声が絡みつくそのサウンドは、実験的でありつつも、メロディがしっかりと中心に据えられており、難解さはゼロ。ところどころKORNに通じる部分も感じるが、各メンバーの技術の高さとマンキィの内面が垣間見える充実作だ。“Gelatin”は日本盤限定のボーナストラック。

    (望月裕介)

チェックした商品をまとめて