デヴィッド・マシューズ率いるマンハッタン・ジャズ・クインテット怒涛の3ヶ月連続新作リリース


ご購入はこちら

NY録音のパワフル・スウィング・ジャズ!“アレンジの魔術師”デヴィッド・マシューズ率いるマンハッタン・ジャズ・クインテット 怒涛の3ヶ月連続新作リリース


松田聖子の最新ジャズアルバム『SEIKO JAZZ』への参加でも話題を呼んだデヴィッド・マシューズと川島プロデューサーの原点、マンハッタン・ジャズ・クインテットの最新録音盤です。ジャズ界では前代未聞(?)の怒涛の3ヵ月連続新作アルバム発売。

最後のメンバーチェンジを敢行し、より強固なリズム隊になったMJQ。“アレンジの魔術師”デビッド・マシューズによる日本のジャズファンのツボを押さえまくった編曲とNY最前線の超一流ミュージシャンのプレイが炸裂。最後のメンバーチェンジを敢行し、NYで録音した“パワフル・スウィング”三部作!

収録曲


01. スイングしなけりゃ意味ないね
02. 危険な関係のブルース
03. ザ・チキン
04. この素晴らしき世界
05. アイ・ラブ・パリ
06. サテン・ドール
07. キサス、キサス、キサス
08. いつか王子様が
09. A列車で行こう
10. キャンディ

マンハッタン・ジャズ・クインテット(Manhattan Jazz Quintet):
デヴィッド・マシューズ (p, arr)
マイケル・ロドリゲス (tp)
クリス・ハンター (as, ts)/
ハンス・グラヴィシュニク (b)
クリフ・アーモンド (ds)

2016年1月19日〜23日ニューヨークSear Sound Studio
編曲:デヴィッド・マシューズ
プロデュース:川島重行

“3枚買わなきゃ意味ないね”キャンペーン実施


3ヵ月連続発売の以下3タイトル全てお買い上げの方全員に、「スイングしなけりゃ意味ないね」「星屑のステラ」を高音質DSD11.2で録音したデヴィッド・マシューズのソロピアノを収録したスペシャルCDをプレゼント!

[対象商品]
■ 6月21日発売『スイングしなけりゃ意味ないね(It Don't Mean A Thing If It Ain't Got That Swing)』
■ 7月26日発売『サム・スカンク・ファンク(Some Skunk Funk)』
■ 8月23日発売『恋人よ我に帰れ(Lover Come Back To Me)』
各定価¥2,778+税(SHM-CD)

[応募要項] 対象作品にそれぞれ封入の詳細をご確認ください。
[応募締切] 2017年11月末日(消印有効)

※プレゼントのCDは、2017年12月末までにお手元にお届けする予定です。
ただし諸般の事情により発送が遅れる場合もございます。予めご了承ください。




デヴィッド・マシューズ(David Matthews)
1942年ケンタッキー州出身。58〜60年ルイ・ビル・ミュージック・アカデミーでフレンチホルンと作曲を専攻。シンシナティ音楽院、イーストマン音楽院を経て、’70〜75年ジェームス・ブラウン・バンドでのアレンジが音楽活動の第一歩となった。

1975年、ポール・サイモンの「Still Crazy After All These Years」、76年、The Starland Vocal Band「Afternoon Delight」でグラミー賞を獲得。その後、フランク・シナトラ、ポール・マッカートニー、ビリー・ジョエル等のアレンジを担当し、ジャズ、フュージョン、ポップスと幅広い名アレンジでアメリカ音楽界での地位を確立した。

日本においては78年から数々の作品によって日本での知名度を高め、84年に「マンハッタン・ジャズ・クインテット(MJQ)」、89年に「マンハッタン・ジャズ・オーケストラ(MJO)」を結成して以降、その活動の充実ぶりは目を見張るばかり。

大の親日家で来日は80回を超える。日本語での会話はもちろん、ひらがな、カタカナの読み書きもお手のもの。"熱燗"と"あじのたたき"が大好物で、新宿の"思い出横丁"の常連(!?)。趣味はセイリングで、キャプテンハットは彼のトレードマークでもある。

29件中 1-29件を表示
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて