トーマス・モーガン&ネイト・ウッド参加 ダン・テファー7年ぶりピアノトリオ新作


ご購入はこちら

巨匠リー・コニッツとのデュオ作品でもおなじみのピアノ貴公子ダン・テファー 7年ぶりのトリオ新録にはトーマス・モーガン&ネイト・ウッドのNY最強リズム隊が参加


リー・コニッツとの共演で注目され、2011年にはバッハのゴールド・ベルグ変奏曲に挑戦、最近ではジュディ・ニーマックとのデュオ作をリリースするなど、話題の尽きないパリ生まれのピアニスト、ダン・テファーの最新作。

約7年ぶりとなる自身のピアノトリオ作品で、オリジナル中心の内容だ。変拍子で技巧的なものからシンプルなバラードまで幅広く聴かせてくれる。

ベースのトーマス・モーガンは、NYの第一線で活躍し、日本でも高い人気を誇る。またテファーの前作『Five Pedals Deep』にも参加。ドラムのネイト・ウッドは、NYでドラマーとして活躍するほか、ベーシストやシンガーソングライター、さらには優れたマスタリング・エンジニアでもあるというマルチな才能を持つ。テファーとはベン・ウェンデルのバンドなどで共演している。

テファーのオリジナルほか、ガーシュウィンの「I Loves You, Porgy」、ビヨンセの「Single Ladies」といった選曲にも注目だ。 M1「Roadrunner」は、モーダルで拍子がコロコロ変化する難曲だが、作曲者のテファーはもちろん、スティーヴ・コールマンの下で腕を磨いたトーマスにとっても”お手の物”。またテファーに「最も精密なドラマーの1人」と言わしめるネイトの演奏も見事。難曲にもかかわらず、細かなニュアンスやダイナミクスをコントロールし、ナチュラルに演奏する彼らの音楽力の高さには驚くばかり。

M2「Minor Fall」はハーモニーに凝ってはいるが、比較的シンプルなバラード。トーマスの表情豊かなソロ、テファーの即興的に紡いでいく美しいラインに注目だ。M4「Cage Free I」、M8「Cage Free II」はフリーインプロ。M6「Hindi Hex」は複雑なリズムパターンが3回繰り返される伝統的な北インドの音楽形態である“ティハイ”を使用している。

M9「Single Ladies」はビヨンセのヒット曲。オリジナルのリズムやメロディを活かしつつ、完全にコンテンポラリージャズに仕上げている。

この秋にはリー・コニッツのとデュオ作第2弾のリリースも予定されている。

収録曲


01. Roadrunner
02. Minor Fall
03. 547
04. Cage Free I
05. Converge
06. Hindi Hex
07. Little Princess
08. Cage Free II
09. Single Ladies
10. For It
11. I Loves You, Porgy

Dan Tepfer (p)
Thomas Morgan (b)
Nate Wood (ds)

13件中 1-13件を表示
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて