【ローチケHMV限定復刻】ピム・ヤコブス・トリオ&ルード・ブリンク入手困難盤『Just Friends』


ご購入はこちら

ピム・ヤコブス・トリオ&ルード・ブリンク オランダジャズ界の両巨匠によるセッション盤『Just Friends』がお求めやすくなって再登場


妻でもあるリタ・ライスの歌伴を務めていたピアニスト、ピム・ヤコブス、方や、アン・バートンのバックで優雅なメロディラインを紡いでいたテナー奏者ルード・ブリンク。

二人の歌姫の華麗なるキャリアを支えながら、ヨーロッパ・ジャズ・シーンで長きにわたり活躍を続けてきたオランダの両トッププレイヤーによる素晴らしき共演盤『Just Friends』。昨今かなり入手が困難となっていましたが、このたびローチケHMV限定で少量再プレスが決定しました。

50年代には、ジェリー・マリガン・セクステットにも在籍していたピム・ヤコブスとルード・ブリンク。またピムは、ルード・ヤコブス(b)、ウィム・オーバーハム(g)とのドラムレス・トリオで、こちらも50〜60年代に多くの名演を残してきました。

本作は、1990年に彼らが再会を祝って吹き込んだ1枚で、『Just Friends』というタイトルにふさわしく、互いをよく知る者同士の絶妙かつリラックスしたアンサンブルをたのしめる好盤。

歌伴名手としても知られるピムのスウィンギーで歌心溢れるピアノ、レスター・ヤング〜スタン・ゲッツを想い起させる柔らかく甘い音色で酔わせるブリンクのウォームテナー。冒頭の「Just Friends」から「Moonlight in Vermont」まで、全曲で珠玉のスタンダードを採り上げ、そこはかとなく心地よいメロディを紡ぎ上げていきます。

柔らかな春の日差しを浴びながら聴きたい、上質なるワンホーン&スウィンギン・ピアノの傑作を、今回お求めやすい価格でご提供。プレス枚数に限りがございますので、ご予約・ご購入はお早目にどうぞ。

収録曲


01. Just Friends(6:07)
02. My Romance(7:04)
03. Polka Dots And Moonbeams(4:50)
04. Our Love Is Here To Stay(7:10)
05. The Touch Of Your Lips(7:46)
06. Easy Living(4:38)
07. Taking A Chance On Love(4:25)
08. East Of The Sun(5:21)
09. The Man I Love(6:09)
10. Alone Together(5:45)
11. Too Marvellous For Words(5:31)
12. Moonlight In Vermont(4:44)

Pim Jacobs (p)
Ruud Jacobs (b)
Wim Overgaauw (g)
Ruud Brink (ts)
1990年3月5,6日録音



10件中 1-10件を表示
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて