多彩なゲスト陣を迎えたイリアーヌ・イリアス2年ぶり新作


ご購入はこちら

洗練されたピアノテク、サウダージフィーリング、温もりのある歌唱で魅了するピアニスト/シンガー、イリアーヌ・イリアス最新作


前作『Made In Brasil』が第58回グラミー賞にて「ベスト・ラテン・ジャズ・アルバム」を受賞したピアニスト/シンガー/ソングライター、イリアーヌ・イリアス通算23作目となる2年ぶりのニューアルバム。

ブラジリアン・ルーツとジャズ、クラシックにまで及ぶ独特のスタイルは健在。本作では往年のブラジリアン・クラシック、クルト・ワイル、そして自身のオリジナルなどを現在のサウンドにアレンジして贈る爽やかな一枚に。前作に引き続きプロデュース、アレンジ、作詞・作曲をイリアーヌ自身が担当し、共同プロデュースには、スティーヴ・ロドビーとマーク・ジョンソンを迎えている。

バックを務めているのは、ルセロ・マリアーノ(b)、マーカス・テシェイラ(g)、コンラド・ゴイス(g)、エドゥ・ヒベイロ(ds)、セルソ・ヂ・アルメイダ(ds)、グスタヴォ・ディ・ダルヴァ(perc)、マリヴァウド・ドス・サントス(perc)。

またゲストも豪華。ブラジルからは、アミルトン・ゴドイ、ジョアン・ボスコ、トッキーニョ、そしてアメリカからは、夫君ランディ・ブレッカー、マイク・マイニエリ、マーク・キブルらが参加。録音はブラジル。本作に関してイリアーヌは、「自分のキャリアのスタートでとても重要だったミュージシャンたちとアルバムを作りたかった。本作はキャリアの一番最初から今現在までのスペクトラムのようなもの」と語っている。

収録曲


01. O Pato
02. A Habit With Me
03. Copacabana
04. Coisa Feita
05. By Hand
06. Sambou Sambou
07. Little Paradise
08. Speak Low
09. Samba de Orly 10. Na Batucada da
11. An Up Dawn
12. Not to Cry


20件中 1-20件を表示
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて