アルトサックス巨匠リー・コニッツ新生Impulse!第1弾作品


ご購入はこちら

89歳にして今なお第一線で活躍を続けるリヴィング・レジェンド、リー・コニッツまさかの新生Impulse!第1弾作品が完成!

現在89歳という年齢ながら、アルト・サックスを吹き続けているリー・コニッツ。コニッツ特有のジャズ・インプロヴィゼーションのアプローチはますます勢いをつけ炸裂するが、そこには知恵も同居している。

50年以上自身がリーダーとして活動してきたコニッツ。本作がImpulse!デビュー作品で、ピアノにケニー・バロン、ベースにピーター・ワシントン、ドラムスにケニー・ワシントンを迎えたカルテット録音となっている。

本カルテットはそれぞれ以前から交流がある面々。ケニー・ワシントンは40年前となる1977年のコニッツのLP『Lee Konitz Nonet』でレコードデビューを果たしており、10年以上にわたりピーター・ワシントンとリームを組みニューヨークを代表するジャズ・リズムセクションとなった。 この2人はケニー・バロンとの共演も多く、また、バロンは1992年のコニッツのアルバム『Jazz Nocturne』で初めて共演、そして本作にはケニー・ワシントンも参加。

ジャズ・スタンダードをメインに演奏、さらにジェローム・カーンの「All The Things You Are」と同じコード進行ながらコニッツのオリジナルとなる「Thingin」、1999年の『Sound of Surprise』に収録されていたバラード「Gundula」の再録も収録。どの曲もメロディ、インプロヴィゼーションに豊かさを感じさせる一枚となっている。

収録曲


01. Stella By Starlight
02. Thingin
03. Darn That Dream
04. Kary's Trance
05. Out Of Nowhere
06. Gundula
07. Invitation
08. Cherokee

Lee Konitz (as,vo)
Kenny Barron (p)
Peter Washington (b)
Kenny Washington (ds)
Recorded in at Avatar Studio, New York on November 30 and December 1st 2015
Recording and Mixing Engineer: James Farber
Mastered by Mark Wilder at Battery Studios, NY



38件中 1-38件を表示
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて