エリック・クラプトンもゲスト参加!現代ジャズギターのトップランナー、カート・ローゼンウィンケル最新作


ご購入はこちら

エリック・クラプトンもゲスト参加したカート・ローゼンウィンケル最新作 4月来日公演も決定


崇高なるジャズ・ギターの権化。カート・ローゼンウィンケルが制作に10年をかけた超大作『Caipi』がいよいよ発売。

あらゆる楽器を自ら自在に操り、これまで自分を深く動かした音楽の要素を盛り込んだ創造力溢れる楽曲たちが、聴くものを未知の冒険に連れ出してくれる。

マーク・ターナー(ts)、ベン・ストリート(b)といった盟友メンバーに加えて、ブラジルMPB新世代の旗手アントニオ・ロウレイロ(vo)、さらには、カートのファンを自称するエリック・クラプトンもゲスト参加。日本盤のみボーナス・トラック「Song for our sea」を収録。

【HMVオリジナル特典】

■ ギターピック

ローチケHMV、HMV店舗(一部除く)で2/24発売のカート・ローゼンウィンケル『Caipi』国内盤(SONGX042)をご予約・ご購入された方に先着で特製ギターピックをプレゼントいたします。

※ピックはCDパッケージ内に封入されております。
※数に限りがございます。特典は無くなり次第終了となります。


日本盤収録曲


01. Caipi (3:57)
02. Kama (4:30)
03. Casio Vanguard (6:22)
04. Song for our sea (Japan Bonus Track) (8:25)
05. Summer Song (5:42)
06. Chromatic B (4:46)
07. Hold on (5:33)
08. Ezra (6:18)
09. Little Dream (5:04)
10. Casio Escher (6:49)
11. Interscape (5:47)
12. Little B (6:16)

Kurt Rosenwinkel (acoustic & electric guitars, electric bass, piano, drums, percussion, synth, Casio, voice)
Pedro Martins (voice, drums, keyboards, percussion)
Eric Clapton (guitar)
Alex Kozmidi (baritone guitar)
Mark Turner (tenor saxophone)
Kyra Garéy (voice)
Antonio Loureiro (voice)
Zola Mennenöh (voice)
Amanda Brecker (voice)
Frederika Krier (violin)
Chris Komer (french horn)
Andi Haberl (drums)
Ben street (bass)


Caipi Album Preview - Caipi





KURT ROSENWINKEL'S CAIPI BAND Japan Tour 2017


鬼才ギタリスト、カート・ローゼンウィンケルが新ユニット“Caipi Band”を率いて来日。シーンの最前線に立つカートが、アントニオ・ロウレイロを含むブラジル・ミナス新世代を中心に選りすぐりのメンバーと繰り広げる「ポスト・ジャズ・ブラジレイロ」セッション。

4月14日(金) ブルーノート東京
4月15日(土) ブルーノート東京
4月16日(日) Motion Blue YOKOHAMA






カート・ローゼンウィンケル
(Kurt Rosenwinkel)

1970年ペンシルヴァニア州フィラデルフィア生まれ。父親はドイツ人、母親はノルウェー人。7歳のころにピアノを始め、11歳のときにハードロックを聴いてギターを手にする。芸術専門の高校に通い、音楽学科の同級には、The Rootsのドラマー、クエストラブやクリスチャン・マクブライド等がいたという。彼らとプログレバンドを結成していたこともあるとか。

17歳のころ当時ヘヴィメタル・シーンでは超速弾きギタリストとして知られていたトニー・マカパインの兄であるクリス マカパインからもギターの手ほどきを受けている。同じく17歳の時に1年間ジャズピアノのレッスンを受け、ジミー・アマディからジャズハーモニーの基礎を学ぶ。 バークリー音楽院を中退してゲイリー・バートンのバンドに参加。その後ニューヨークへ出るとドラムのジム・ブラックらとヒューマン・フィールを結成。その演奏を観たビル・フリーゼルの推薦で92年にポール モチアンのエレクトリック・ビバップ・バンドに加入し、一気に注目を集める。

96年に初リーダー作「East Coast Love Affair」をリリース。以来、先進的なプレイと新感覚なセンスで、今やコンテンポラリー・ジャズ・ギターシーンをリードする存在にまでなっている。

同時多発テロ以降にアメリカの政治的環境に嫌気がさし、夫人とともスイス チューリッヒに移住、4年を過ごした後、ドイツ、ベルリンの大学から講師としてオファーを受けベルリンに移住。ジャズギター課の責任者という立場にある。またヒップホップ界ではカリスマ的なクリエイター、Q-ティップ(トライブ・コールド・クエスト)との親交も深く、お互いのアルバムに参加するなど親交も深い。


22件中 1-22件を表示
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて