NONESUCHの2大スター共演!ブラッド・メルドー&クリス・シーリー至高のデュオ・アルバム完成


ご購入はこちら

NONESUCHを代表するアーティストによるジャンルを超えた豪華共演!ブラッド・メルドー&クリス・シーリーによる待望のデュオ・アルバムが遂に登場

今最も影響力を持つジャズ・ピアニスト、ブラッド・メルドーと、プログレッシヴ・ブルーグラス〜オルタナ・カントリーの雄パンチ・ブラザーズの中心メンバー、クリス・シーリーという二大アーティストが、互いの才能を高め合いながらオリジナル曲や他アーティストの楽曲を披露する、至高の「音」を封じ込めた作品が登場。

以前よりお互いの作品を賞賛し合い続けてきた二人がデュオとして初めてツアーを行なったのは2013年の事だった。そして、2015年の年末、二人は再びデュオとしてニューヨークにある「Bowery Ballroom」にて2夜に渡るコンサートを行ない、そのまま二人でレコーディングに入っていく。そこで作り上げられた作品が、オリジナル曲や様々なカヴァー曲からなる、二人の名前をタイトルに冠した『CHRIS THILE & BRAD MEHLDAU』だ。




二人は異なるジャンル/世界に住んでいながら、共通項を多く持つ”同種”の人間でもある。共にチーム・プレイヤーであり、共にこよなくバッハとビートルズを愛し、そして何といっても、それぞれのジャンルに属するどのアーティストよりも、幅広く大きな、そして若いファンを獲得し、ファン層を開拓し続ける二人なのだ。様々なアーティストとのコラボレーションを行ない、その豊かな才能を常に押し広げ続ける彼らが、ステージ共演を経て、遂にデュオ名義での作品を発表する。

クリスがヴォーカルとマンドリンを、メルドーがピアノを担当し、二人の共同プロデュースという形で制作されたこの作品は、2人のオリジナル楽曲のほか、ジョニ・ミッチェルやエリオット・スミス、ボブ・ディランやアイルランドの伝承歌などのカヴァーなどを含む全11曲を収録。二人の才能が時に火花を散らしながら、そして時に共鳴しながら綴っていく、その濃厚な二人のパフォーマンスを、2枚のCDにたっぷりと収録。まさに「至高」の名にふさわしい一枚だ。

それぞれが2016年に来日公演を行っており、その素晴らしいライヴで日本のファンを魅了してくれたことも記憶に新しいだろう。現在、2015年に二人がデュオとしてニューヨークで行なったライヴから、今作にも収録されているギリアン・ウェルチとデヴィッド・ローリングスのカヴァー曲「Scarlet Town」の映像が公開されており、その映像を見るだけで、今作への期待感が募ってくる。

収録曲


CD1
01. The Old Shade Tree
02. Tallahassee Junction
03. Scarlet Town
04. I Cover The Waterfront
05. Independence Day
06. Noise Machine

CD2
01. The Watcher
02. Daughter Of Eve
03. Marcie
04. Don't Think Twice It's Alright
05. Tabhair Dom Do Lamh

Brad Mehldau (p)
Chris Thile (mandolin,vo)


Scarlet Town (Live)




27件中 1-27件を表示
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて