アメリカ音楽史の幻の遺産!ジョン・コルトレーン完全未発表スタジオ録音作品 奇跡の発掘!

©Chuck Stewart Photography LLC

ご購入はこちら

アメリカ音楽史の幻の遺産 奇跡の発掘!ジャズ史上最高のカリスマ ジョン・コルトレーンの完全未発表スタジオ録音作品が登場


ジャズ史上最高のカリスマ、ジョン・コルトレーン(1926-1967)の完全未発表スタジオ録音が、録音から55年を経て奇跡の発掘。マッコイ・タイナー〜ジミー・ギャリソン〜エルヴィン・ジョーンズという通称・黄金のカルテットを率いて、1963年3月6日にニュージャージーのヴァン・ゲルダー・スタジオで行った公式セッション。

名盤『ジョン・コルトレーン・アンド・ジョニー・ハートマン』の録音前日に行われたセッションで、充実期のカルテットの姿を余すところなく捉えた、まさに歴史的遺産。


©Jim Marshall Photography LLC


セッションの記録は残っていたものの海賊盤も含めこれまで世に出たことがなかった幻の音源で、マスターテイク全7曲(約47分)のうち、3曲(Track 1, 3, 6)はコルトレーンの未発表のオリジナル曲。また、代表曲「インプレッションズ」とジャズ・スタンダードの「ネイチャー・ボーイ」の2曲は、ピアノのマッコイ・タイナー抜きのトリオ編成での貴重な録音。

わずか40年の生涯ながら、ジャズ史のみならず、アメリカ・ポピュラー音楽史に偉大な功績を遺したジョン・コルトレーンの絶頂期の演奏が堪能できる、全音楽ファン必聴の作品だ。



Both Dirctions At Once: The Lost Album


収録曲
CD1
01. Untitled Original 11383
02. Nature Boy
03. Untitled Original 11386 (Take1)
04. Vilia
05. Impressions (Take3)
06. Slow Blues
07. One Up, One Down (Take3)

CD2
01. Vilia (Take 5)
02. Impressions (Take 1)
03. Impressions (Take 2)
04. Impressions (Take 4)
05. Untitled Original 11386 (Take 2)
06. Untitled Original 11386 (Take 5)
07. One Up, One Down (Take 6)

ジョン・コルトレーン (ts,ss)
マッコイ・タイナー (p)
ジミー・ギャリソン (b)
エルヴィン・ジョーンズ (ds)

1963年3月6日、ニュージャージー、ヴァン・ゲルダー・スタジオにて録音
Recorded by Rudy Van Gelder Original Session Produced by Bob Thiele BOTH DIRECTIONS AT ONCE: THE LOST ALBUM produced by Ken Druker and Ravi Coltrane

80件中 1-80件を表示
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて