現代最高峰ドラマー アントニオ・サンチェス×WDRビッグバンド condacted ヴィンス・メンドゥーサ 夢の共演


ご購入はこちら

緻密かつ壮大、浪漫とスリル・・・めくるめく化学反応の連続!現代最高峰のドラマー アントニオ・サンチェスとドイツの名門WDRビッグバンド(condacted ヴィンス・メンドゥーサ)夢の共演


チック・コリア、ゲイリー・バートン、パット・メセニーといった巨匠のバンドにおいて代替不要の存在感を放つのはもちろんのこと、自らの活動の核となるグループ、マイグレーションでの演奏、映画音楽、また『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』をきっかけにしてのCM音楽や、ソロ作まで、アントニオ・サンチェスは全ての演奏でその比肩なき才能を感じさせますが、ビッグバンドとのコラボレーションはこれが初めて。待望の作品の登場です。

しかも、サンチェスと共演するWDRビッグバンドのアレンジ、コンダクトを手がけるのは、鬼才ヴィンス・メンドゥーサ。

WDRビッグバンドと言えば、ギル・エヴァンス、ビル・ホルマン、メル・ルイスといったビッグバンド界を代表するスタープレイヤーとの共演で知られる他、ブレッカー・ブラザーズとのファンクなコラボあり、ジム・ベアードとのポップなコンテンポラリーサウンドあり、ジャズというフィールドにおいても幅広い演奏をみせてくれていることで知られていますが、中でも際立っているのが、ヴィンス・メンドゥーサのディレクションによるもの。

本作は、サンチェスとメンドゥーサの才気が化学反応を見せ、炸裂します。一言でいえば、繊細で緻密、かつ即興的なダイナミズムもあふれる壮大なもの。演奏するのは全てアントニオ・サンチェスの楽曲。元々サンチェスの楽曲は、演奏するアーティストの性格やスタイルを意識して作曲されており、メロディ、ハーモニー、リズムという基本要素に加えて、音色や音の強弱に至るまで、ある程度の計算も元に描かれているようですが、ここではその楽曲のエッセンスをメンドゥーサがとらえて、ビッグバンド用に見事アレンジして表現しつくします。




特に圧巻なのは、作品『メリディアン・スィート』の楽曲をビッグバンドで演奏しているディスク2。『メリディアン・スィート』は、文字通りサンチェスが描いた壮大な組曲。この曲はもともと5つのパートが有機的につながり一つの物語をなしていきますが、ここでは前半3つのパートを完全にビッグバンドにリアレンジして演奏。オリジナルではピアノのイントロに導かれ、サックスとギターを組み合わせて表現していたミニマルなフレーズを、いくつかのホーンズ・パートを絡み合わせて表現するところなど、迫力とスリルがあふれます。

もちろん、そのビッグバンドを鼓舞するようなサンチェスのドラミングも聴きものなら、メンバーの一糸乱れぬ演奏を見せ、またフィーチャーされるソロ奏者のアドリブ演奏も聴きごたえがあります。

いちプレイヤー、いちアレンジャーという域を越えて、音楽家として最高の実力とセンスをもったアントニオ・サンチェスと、ヴィンス・メンドゥーサ、そしてパーマネントに活動し、各メンバーがしっかりした実力をもつWDRビッグバンド。全てが有機的に絡み合って生み出された演奏。まさしく21世紀の創造力を感じさせてくれる大作です。


収録曲


CD1
01. Minotauro (8:39)
02. Nooks And Crannies (9:14)
03. Nighttime Story (8:00)
04. The Real McDaddy (10:21)

CD2
01. New Life (10:57)
02. Grids And Patterns (10:00)
03. Imaginary Lines (9:31)
04. Channels Of Energy (14:15)


Antonio Sanchez (ds)

WDR Big Band:
Johan Horlen (1.as)
Karolina Strassmayer (2.as)
Olivier Peters (1.ts)
Paul Heller (2.ts)
Jens Neufang (bs)
Pascal Bartoszak (2.as)
Wim Both (1./3.tp)
Rob Bruynen (2.tp)
Andy Haderer (3./1.tp)
Ruud Breuls (4.tp)
John Marshall (5.tp)
Tom Walsh (1.tp)
Rudiger Baldauf (1./3.tp)
Lorenzo Ludemann (1.tp),
Martin Reuthner (4.tp)
Jan Schneider (3.tp)
Ludwig Nuss (1.tb)
Shannon Barnett (2.tb)
Andy Hunter (3.tb)
Mattis Cederberg (b-tb)
Paul Shigihara (g)
John Goldsby (b)
Omer Klein (p)

All music by Antonio Sanchez arranged and conducted by Vince Mendoza


74件中 1-74件を表示
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて