【日本先行発売】NY在住のカナディアンジャズシンガー/ピアニスト ライラ・ビアリ最高傑作


ご購入はこちら

日本先行発売!コンテンポラリージャズサウンドとシンクロした独自のポップセンス。豪華メンバーと作り上げたNYのカナディアン才媛ライラ・ビアリ最新作


スナーキー・パピーのローレル・ルイス、アンブローズ・アキンムシーレ、サム・ヤヘル、リサ・フィッシャーら豪華メンバーが参加したカナダのジャズシンガー/ピアニスト、ライラ・ビアリの最新作。

コンテンポラリージャズ/インディーロック、さらにはR&Bのエッセンスと、歌声からにじむポップセンスがこれまでにない現代性と洗練さを生んだ、NYブルックリン活動期の集大成にして最高傑作が完成。

この最新作では、スナーキー・パピーのローレル・ルイス(ds)とマイク・マーハー(tp)、さらにケンドリック・ラマー作品にも参加した若手No.1トランペッターのアンブローズ・アキンムシーレ(tp)、ジョシュア・レッドマンやブライアン・ブレイドとの共演で名高いサム・ヤヘル(org)、ローリング・ストーンズなどのバックアップシンガーや映画『バック・コーラスの歌姫』出演のリサ・フィッシャー(vo)、スティング作品に欠かせないNYジャズシーンの歌姫ジョー・ローリー(vo)といった豪華なミュージシャンたちが全面参加。特にローレル・ルイスがアルバムのサウンドカラーを大きく決定付けている。

毎作話題を呼んでいるカヴァー曲は、コールドプレイ「イエロー」、デヴイッド・ボウイ「レッツ・ダンス」、ランディ・ニューマン「悲しい雨が」の3曲を収録。また、日本盤ボーナス曲もニール・ヤングのカヴァー「孤独の旅路」。

日本盤オリジナルアルバムとしては、『トレイシング・ライト』(2011年ジュノー賞ベスト・ヴォーカル・ジャズ・アルバム授賞)以来7年ぶりのリリース。その後2014年に発売されたライヴアルバム『シュプリーム・ライヴ』はダウンビート誌の2014年ベストアルバムにも選出された。


収録曲


01. ガット・トゥ・ラヴ
02. ウイ・ゴー
03. サテライト
04. イエロー
05. レフュジー
06. ドロレス・エンジェル
07. クイーン・オブ・ハート
08. セレンベ
09. コード・ブレイキング
10. 悲しい雨が
11. ウィンド
12. レッツ・ダンス
13. 孤独の旅路 【日本盤ボーナス・トラック】

Yellow (Coldplay cover)





ライラ・ビアリ(Laila Biali)
ジョニ・ミッチェル、ニール・ヤング、k.d.ラング、ブルース・コバーン他を輩出したカナダ生まれ(バンクーバー)のピアノ奏者/シンガー/コンポーザー/アレンジャー。

2005年にデビュー作『Introducing The Laila Biali Trio』をリリース。同年のSOCAN最優秀作曲者賞、カナダのナショナル・ジャズ・アワードの最優秀キーボード奏者賞を受賞。2006年に第2作『Laila Live』をリリース。

その噂はアメリカに広がり、ジャズ・トランペット奏者のクリス・ボッティのツアー、ダイアナ・クラールのフロントアクト、ポーラ・コールのバックを経て、遂にはスザンヌ・ヴェガやスティングのワールド・ツアー・メンバーに抜擢される。

2007年に『from sea to sky』をリリース。カナダの著名なシンガー・ソングライターたちのカヴァー解釈は絶賛される。2010年には『Tracing Lights』をリリース。2008年、2012年に来日公演を果たした。現在はニューヨークを中心に活動中。

34件中 1-34件を表示
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて