カレン・ソウサ待望の洋楽ジャズカヴァーアルバム第3弾


ご購入はこちら

天性のジャジーヴォイスと妖艶なムードで魅力する美女シンガー カレン・ソウサ待望の洋楽ジャズカヴァーアルバム第3弾


中低音の魅力的なジャジーヴォイスで、まさにジャズを歌うために生まれてきた、妖艶な魅力溢れる話題の美人ジャズシンガー、カレン・ソウサ。

『エッセンシャルズ』、『エッセンシャルズ II』に続く最新洋楽カヴァーアルバム『ヴェルヴェット・ヴォルト』。

ビル・ウィザーズ、エルトン・ジョン、10cc、ザ・キュアー、ルー・リードといった70〜80年代の楽曲から、00年代のエイミー・ワインハウスなどの洋楽曲のカヴァーを中心に、ジャズスタンダードやオリジナル曲も収録。

オリジナル曲「ユー・ゴット・ザット・サムシング」では人気ジャズトランペッター/ヴォーカリストのTOKUとのデュエットを披露している。

国内盤のみ2曲のボーナストラックを収録。

国内盤収録曲


01. アイ・フォール・イン・ラヴ・トゥー・イージリー
02. 僕の瞳に小さな太陽
03. アイム・ビギニング・トゥ・シー・ザ・ライト
04. ヴァレリー
05. アイム・ノット・イン・ラヴ
06. ユー・ガット・ザット・サムシング
07. イン・ビトウィーン・デイズ
08. イン・ザ・ブリンク・オブ・アン・アイ
09. ワイルド・サイドを歩け
10. エンジェル・アイズ
11. キッズ
12. エイント・ノー・サンシャイン (日本盤ボーナストラック)
13. マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ (日本盤ボーナストラック)


Recording Sessions in NYC





カレン・ソウサ(Karen Souza)
アルゼンチン、ブエノスアイレス出身、匿名ヴォーカリストとしてエレクトロ、ハウスの企画アルバムに参加。エレクトロ系のPACHA IBIZAのアルバムやフランスのファッション系TVとのコラボレーションアルバムでフィーチャーされたのが話題となる。2006年に発表された80年代ロックのジャズアレンジアルバム『JAZZ AND 80'』が大きな話題となってジャズに転向。

2009年に自身のカルテットでブラジル・ツアーを行い大成功する。これを契機にアーティストとして活動をすべくロサンゼルスに渡りホイットニー・ヒューストン、アレサ・フランクリンらのソングライターであるパム・オーランドに師事し作曲、作詞についても学ぶ。ビリー・ホリデイ、フランク・シナトラ、ペギー・リー等を敬愛し、ジャズのエッセンスを巧みに取り入れたセンスの良いオリジナル曲も披露する。また、自身の活動の他、THE COOL TRAIN QUARTETのリードシンガーとしても活躍する。

30件中 1-30件を表示
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて