ニューヨークを拠点に活動する日本人ベーシスト中村恭士 澤野工房最新リーダー作


ご購入はこちら

様々な価値観が行き交う街「HOMETOWN」― ニューヨークのジャズシーンで今や最重要ベーシストとなった中村恭士 進化した超絶ベースサウンドが魂をも震わせる!


力強くも軽快なグルーヴ感と、包み込むようなやさしい歌心。中村恭士の奏でる音は現在のNYジャズジーンにおいて必要不可欠と言えよう。この一年で彼を取り巻く環境は大きく変化した。

前作『A LIFE TIME TREASURE』を世に出し、規格外の日本人ベーシストとして世間に知られるようになった。レジェンドと呼ばれる巨匠のサポートから、某報道番組のテーマ曲を演奏するJ-Squadのメンバーまでこなす彼のプレイスタイルは幅広く、ファースト・コール・ベーシストとして名高いのも納得である。今作品のどこかリラックスした安定感があり、何度も繰り返し聞きたくなる仕上がりになったのは、前作に引き続き息のあったパートナー、ローレンス・フィールズとクラレンス・ペンを起用したことによるだろう。

Tr.01は中村の作曲であり、J-Squadのアルバムにも収録されているフェイヴァリットである。張り詰めるテンションと疾走感が心地良い。タイトルに因んで肉で例えるならば、プライムアンガスビーフを塩コショウでシンプルに調理した肉厚でワイルドなステーキのようだ。

Tr.04は、とある人物の内面を表現する哀愁や孤独がじんわり伝わる。Tr.05は中村が敬愛するベーシスト、レイ・ブラウンに捧げた曲である。Tr.07のアレンジには驚愕のあまり思わず「こう来るか!」と漏らしてしまう。Tr.10の”PP” その意味は? ズバリ”パリピ”(パーティ・ピープル)である。ゲストに今話題のキーボードニストにして中村の学生時代からの盟友、BIGYUKIをフューチャーし、絶妙にモーグシンセの音色が絡みつくナンバーである。

年中、彼はベースを片手に世界を飛び回る超多忙な日々を過ごしている。その旅先に居る人々は彼を暖かく迎え入れる。人種・宗教・性別の向こう側、様々な価値観の仲間との繋がりが彼にとっての居場所=すなわち「HOME TOWN」なのである。グローバルに飛躍する中村恭士の今後に目が離せない。未来の音楽シーンは彼らに託されている。

- Text by Chikara -


収録曲


01. Awesome Beef
02. Hey It's Me You're Talking To
03. Tricotism
04. The Other Side of Mysterious K
05. FRB
06. Hometown
07. Body and Soul
08. The Rep and Phoenix
09. Jet Lag
10. PP featuring BIGYUKI

Yasushi Nakamura (b)
Lawrence Fields (p)
Clarence Penn (ds)





関連商品情報

澤野工房レーベル最新リリース 
ヨーロッパをはじめ、アメリカ、日本のモダンジャズの中から優れた音源のみを厳選してリリースしている名レーベル「澤野工房」の最新リリースとカタログ作品をご紹介。
25件中 1-25件を表示
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて