メロディアスでシンプルなロックンロール回帰作!エルヴィス・コステロ&ジ・インポスターズ最新アルバム


ご購入はこちら

バート・バカラックも共作&ゲスト参加!シンプルなロックンロール回帰作となったエルヴィス・コステロ&ジ・インポスターズ最新アルバム


その卓越したセンスを駆使してロック、ソウル、カントリー、ジャズ、クラシックなど様々な音楽ジャンルを自由自在に操る”音楽の魔術師”エルヴィス・コステロ。2008年の『Momofuku(邦題:百福)』以来、エルヴィス・コステロ&ジ・インポスターズ名義としては10年ぶり、ソロとしても2013年のザ・ルーツとの『Wise Up Ghost』以来5年ぶりの新作が登場。

ハリウッド、ニューヨーク、ヴァンクーヴァー、ブリティッシュコロンビアで録音された本作は、コステロならでのメロディにあふれ、中にはオーケストレーションも採り入れられた、シンプルなロックンロール回帰作だ。

2016年からのジ・インポスターズとの”Imperial Bedroom & Other Chambers”ツアーを開催したことで、必然的に「これはスタジオに入るべきでは」と思ったそう。また昨夏には、ジ・インポスターズのこれほどのパワーと純粋な音楽性を1枚のアルバムに凝縮できたことはないと実感。ついに本作で実現に至ったことになる。

コステロ曰く、「アトラクションズとの『Imperial Bedroom』のフィーリングと、バカラックとの『Painted from Memory』の美しさとエモーションを入れたようなアルバムが作れたら最高だよね」と。

Unwanted Number (Lyric Video)



ほとんどの曲はコステロの書き下ろしだが、「Don't Look Now」「Photographs Can Lie」は、バート・バカラックとの共作で、バカラックはゲストでピアノも弾いている。さらにもう1曲、こちらも二人の共作となる「He's Given Me Things」でコステロはすばらしい歌唱を披露している。

キャロル・キングとの共作となる、ホーンとスティーヴ・ニーヴのキーボードが印象的なポップソング「Burnt Sugar Is So Bitter」も収録されている。

アルバムは、コステロとセバスチャン・クリス(2007年と2015年にラテングラミーで最優秀プロデューサー賞を獲得)による共同プロデュース作品。クリスは音楽への愛と理解その両方を兼ね備えており、ジ・インポスターズのピート・トーマス(ds)とデイヴィ・ファラガー(b)とはLAのスタジオで一緒によく働いていたとのことで、非常に気心知れた中でのレコーディングとなったそう。

「ピートとデイヴィがいれば、彼らの邪魔にならないように自分のテレキャスターでバックビートを弾くのみだよ」とコステロ。

共同プロデューサとしてのコステロは「オーケストレーションとヴォーカルパートは全て演奏する前から僕の頭の中に入っていたので、スティーヴ・ニーヴとよく話をしてアレンジをして彼に光とスペースを与えるようにするのは必至だった」と話す。「セバスチャンはファズギターやジャズバスーンなどであっても必要な音のみを入れるという判断をしてくれるから助かった」とも。

この『Look Now』は、コステロを長年追い続けてきたファンにとって間違いなく”新しい名盤”の誕生といえるだろう。



Look Now (2CD Deluxe Edition)


収録曲
CD1
01. Under Lime
02. Don't Look Now
03. Burnt Sugar Is So Bitter
04. Stripping Paper
05. Unwanted Number
06. I Let The Sun Go Down
07. Mr. & Mrs. Hush
08. Photographs Can Lie
09. Dishonor The Stars
10. Suspect My Tears
11. Why Won't Heaven Help Me?
12. He's Given Me Things

CD2
01. Isabelle In Tears
02. Adieu Paris (L'Envie Des Etoiles)
03. The Final Mrs. Curtain
04. You Shouldn’t Look At Me That Way ‐from The Motion Picture “Film Stars Don’t Die In Liverpool”

57件中 1-57件を表示
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて