待望の公式リリース!ザ・フー 1968年フィルモアイースト未発表ライヴ音源


ご購入はこちら

ザ・フー未発表ライヴ音源の最高峰 1968年”ロックの殿堂”フィルモアイーストで行なわれた伝説のステージが50年の時を経てついに公式リリース!


1968年4月6日、ニューヨークはフィルモアイーストにて録音されたザ・フー伝説のステージをCD2枚に収録。

33分にも及ぶ「マイ・ジェネレイション」の壮絶なヴァージョンをはじめ、「アイ・キャント・エクスプレイン」「ハッピー・ジャック」「アイム・ア・ボーイ」など初期のヒット曲、定番の「サマータイム・ブルース」、フーの演奏としては初の公式リリースとなる「カモン・エヴリバディ」を含むエディ・コクランのカヴァー3曲。

さらには、ローリング・ストーンズでもおなじみの「フォーチュン・テラー」、当時の最新作『ザ・フー・セル・アウト』からの「いれずみ」「リラックス」、1974年に『オッズ・アンド・ソッズ』に収録されるまで未発表だった「リトル・ビリー」など、代表曲からレア曲まで、ポップからロックへと変貌するバンドの過渡期を捉えた貴重な記録となっています。

当時その場で音響責任者を務めていたサウンドエンジニアのボブ・プリデンが、オリジナル4トラックマスターテープを入念にレストアしてミキシング。また、長きにわたり彼らのマスタリングを請け負ってきたジョン・アストリーがマスタリングを担当。

70年代初めに海賊盤として流通しましたが、今回、レストア/リミックス/リマスタリングを施した最高の音質で登場。ザ・フーが“ロック界で最もダイナミックなライヴ・バンド”と評価されることになった伝説の音源にふさわしいクオリティを実現しています。



ライヴ・アット・フィルモア・イースト1968



収録曲
CD1
01. サマータイム・ブルース
02. フォーチュン・テラー
03. いれずみ
04. リトル・ビリー
05. アイ・キャント・エクスプレイン
06. ハッピー・ジャック
07. リラックス
08. アイム・ア・ボーイ
09. クイック・ワン
10. マイ・ウェイ
11. カモン・エヴリバディ
12. シェイキン・オール・オーヴァー
13. ボリスのくも野郎

CD2
01. マイ・ジェネレイション


仕様

CD2枚組:6面デジパックスリーヴ仕様。
書き下ろしのライナーノートと貴重な写真資料を掲載した12ページのブックレット付。
アナログLP3枚組(重量盤):ゲートフォールドスリーヴ仕様。
書下ろしのライナーノートと貴重な写真資料を掲載したインナーバッグ(内袋)3点付。

日本盤CDのみ
SHM-CD仕様
英文ライナー翻訳付・歌詞対訳付

海外プレスリリース翻訳

1968年4月4日、ザ・フーは過酷な全米ツアーの最終公演地ニューヨークに到着する。しかしこの日、マーティン・ルーサー・キング師が暗殺されてしまう。アメリカという国は当時から既に分断されており、ベトナム反戦運動、公民権運動、過激な学生運動が各地で激しさを増していた。こうした社会的混乱のさなかの1968年4月5日(金)から4月6日(土)にかけて、ザ・フーはマンハッタンのローワー・イースト・サイドにあったビル・グレアムの伝説的な劇場フィルモア・イーストに出演し、燃えるような扇動的なライヴを2セット行った。

当時この劇場は、3月にグレアムの手で再オープンしたばかり。それ以前はヴィレッジ・シアターという名前で、ザ・フーが前の年に2度出演したときもその名前だった。ザ・フーはこの新生フィルモア・イーストで初めてヘッドライナーを務めるイギリスのロック・バンドとなった。当初の出演予定は2日間で合計4セットだったが、キング師が暗殺されたことで不測の事態が起きるのではと懸念された結果、セットの数は両日とも1セットずつに切り詰められた。

1968年にニューヨーク・シティに現れたザ・フーは、まさに“元気一杯”という状態。キース・ムーンが宿泊先のホテルで爆竹を鳴らしたため、メンバーらは別のホテルに移動せざるを得なくなる。しかし次の宿泊先の一流ホテル、ウォルドーフ・アストリアでもキースがドアを吹き飛ばし、その結果、一行はまたもやホテルを追い出されることになった。

フィルモアでのリハーサルの朝、ザ・フーは雑誌『ライフ』用の写真を撮影した。もはや伝説の域に達しているが、このときメンバー一同はキースの悪ふざけのせいで疲労困憊になっていた。そのためモーニングサイド・パークのカール・シュルツ像の足下で、大きなユニオン・ジャックの旗にくるまれながらうたた寝をしていたという。その有名な写真は、のちにザ・フーの傑作映画『キッズ・アー・オールライト』のジャケットやポスターに使用されている。

フィルモアでの2ステージは、ザ・フーのマネージャー、キット・ランバートによってレコーディングされていた。キットは、この音源を『ザ・フー・セル・アウト』に続く4枚目のアルバムとして『トミー』の前に出すつもりだった。しかし残念なことに、機材の不調、あるいは人為的なミスにより初日の演奏は部分的にしか記録されていなかった。そのため、ライヴ盤発表の計画は頓挫してしまう。とはいえ、2日目の演奏は無事録音されていた。その伝説的なライヴの未発表音源が、今回2枚組CD/3枚組LPでついに発表される。オリジナル・4トラック・マスターテープからのミキシングと復元作業は、長年ザ・フーのエンジニアを務めてきたボブ・プリデン(1968年のフィルモアのライヴでは音響の責任者だった)の手で行われた。

70年代初頭、このライヴ録音の見本盤が海賊盤マーケットに流出し、その結果ザ・フーは“ロック界で最もダイナミックなライヴ・バンド”という評判を急速に広げていった。ファンのあいだでは、この音源は大名盤『ライヴ・アット・リーズ』と比肩し得るほどの“極めつきのお宝ライヴ音源”だと考えられている。それを最高の音質でお届けするため、今回のアルバムは入念にリマスタリングが施されている。このアルバムによって、当時最高のライヴ・バンドだったというザ・フーへの評価はさらに揺るぎないものになるはずだ。

今回のCD2枚組/LPレコード3枚組の目玉の一つはエディ・コクランのレパートリー3曲のカヴァー・ヴァージョン。「マイ・ウェイ」、「サマータイム・ブルース」、そして「カモン・エヴリバディ」がその曲で、「カモン・エヴリバディ」のザ・フーによるカヴァー・ヴァージョンは今回が初の公式リリースに当たる。

ここで、ザ・フーはザ・ローリング・ストーンズが取り上げたことで広く知られるアレン・トゥーサンの作品「フォーチュン・テラー」(オリジナル・アーティストはベニー・スペルマン)の貴重なライヴ・ヴァージョンや、当時の最新のスタジオ・アルバム『ザ・フー・セル・アウト』からの「いれずみ (Tattoo)」、「リラックス」なども披露。また長尺の「ア・クイック・ワン」の秀逸なライヴ・テイクも本作の聴きどころになっている。30分に亘って演奏される「マイ・ジェネレイション」もまた然りで、長い即興パートを含むこのパフォーマンスはギターとドラム・セットが破壊されるところで幕となる。



47件中 1-47件を表示
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて