『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』大ヒット上映中


『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 12 月15 日(金)全国公開

フォースが覚醒したレイ、ダース・ベイダーを受け継ごうとするカイロ・レンの運命は?

前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で、家族を待ち続ける孤独なヒロインだったレイ。砂漠の惑星ジャクーで暮らしていたが、ある日キュートなドロイドBB-8 と出会い、伝説のジェダイ騎士ルーク・スカイウォーカーを探す冒険に巻き込まれていく。そしてレイ自身も気づかなかった強大な力“フォース”が覚醒。カイロ・レンとの戦いの末、ついにルークと対面し、ライトセーバーを渡そうとしたところまでが描かれていた。一方、祖父ダース・ベイダーを崇拝し受け継ごうとするカイロ・レンは、銀河の支配をもくろむファースト・オーダーの一員。しかし最高指導者スノークには、まだライトサイドの心が残っていると言われ認めてもらえず、久しぶりに再会した父ハン・ソロを殺してしまうのだった。本作の予告編では母であるレイアの命をも奪おうとするカイロ・レン、そして強大なフォースの使い方が分からず行き場を失ったレイの姿が映されている。レイは「教えて、私はどうしたらいいの?」と問いかけるが、その先に手を差し伸べるのはまさかのカイロ・レン。“光”と“闇”の間で揺れ動く2人を待ち受ける衝撃の運命とは?そして、ルークは2人の運命に何をもたらすのか?衝撃の展開が待ち受けている。

全ての予想を裏切る衝撃の「スター・ウォーズ」が誕生

「スター・ウォーズ」の2作目と言えば、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』でダース・ベイダーがルーク・スカイウォーカーの父親だったことが発覚するなど“衝撃作”として描かれていた。本作の監督やキャストたちも衝撃作になっていると口を揃えて語っている。「僕は全てを知っていると思っていた。でも僕が全く予想もできなかった物語になっているよ」(マーク・ハミル:ルーク役)、「監督が目指したのは予想もつかない物語。話の展開に多くの人が驚くはずよ」(デイジー・リドリー:レイ役)、「全てが逆の方向に動き始める。前作でみんなが思ったことの逆へ」(ジョン・ボイエガ:ストームトルーパーの脱走兵フィン役)、「衝撃的な展開にしたい」(ライアン・ジョンソン監督)というように、本作では前作からの謎の答え、そして「スター・ウォーズ」シリーズを通して
描かれて来なかった衝撃の真実を、観客の予想を上回る形で明かすことになるようだ。
2015 年、<STAR WARS YEAR>には”映画”という枠を越え、世界規模のイベントとして”スター・ウォーズ現象”を巻き起こした史上空前のエンターテイメント「スター・ウォーズ」。公開した『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は全米興行収入ランキング歴代 No.1、日本でも興行収入 116 億円の大ヒットを記録。この歴史に名を刻む作品の、その後を描いたシリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がついに公開!フォースを覚醒させたレイと、ダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レン。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの出現は何をもたらすのか?
そして、“光”と“闇”の間で揺れ動く二人を待ち受ける“衝撃の運命”とは?知られざる秘密が明かされるとき、誰も観たことのない衝撃の「スター・ウォーズ」が幕を開ける!
  • 監督・脚本:ライアン・ジョンソン
  • 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
  • ©2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 公式サイト:starwars.disney.co.jp/movie/lastjedi.html

19件中 1-19件を表示
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて