ボブ・ディラン『追憶のハイウェイ61』 国内盤アナログレコード発売!

Bob dylan

ご購入はこちら

ボブ・ディラン『追憶のハイウェイ61』 が、ソニーミュージックグループ自社一貫生産アナログレコードの洋楽第2弾に決定!


ノーベル文学賞受賞後初の来日となるFUJI ROCK FESTIVAL '18への出演が決定したボブ・ディランの名盤中の名盤『追憶のハイウェイ61』が、ソニーミュージックグループ自社一貫生産アナログレコードの洋楽第2弾として7月18日にリリースされることが決定した。

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(SMEJ)が、同社のグループ会社でありディスク製造工場である株式会社ソニーDADCジャパン(以下DADJ)において、アナログレコード用のスタンパー製造設備を導入したことを発表。約29年ぶりにカッティングマスター制作からスタンパー製造、そしてプレスにおよぶアナログレコードの生産工程をすべて、ソニーミュージックグループ内にて一貫で行うことが可能となり、アナログレコード自社生産復活第1弾(洋楽)として、ビリー・ジョエル『ニューヨーク52番街』が3月21日(水)にリリースされた(邦楽第一弾は、『EIICHI OHTAKI Song Book V 大瀧詠一作品集Vol.3「夢で逢えたら」』が同日リリース)。

洋楽第2弾として選ばれたのは、ボブ・ディランの1965年8月に発表された通算6枚目のスタジオ・アルバム『追憶のハイウェイ61』。史上最高のロックソングにも認定された名曲「ライク・ア・ローリング・ストーン」などを収録。時代の変革をヴィヴィッドな感性で捉え、アーティストとしてのアイデンティティを確立したといわれ、激動の60年代を象徴するようなロックの金字塔的作品。全米3位、全英4位を記録、プラチナ・ディスクも獲得。米ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイムベストアルバム500において4位にも選出されている名盤中の名盤である。

2018年5月24日で77歳(喜寿)を迎えるボブ・ディラン。1978年の伝説の初来日公演からちょうど40周年となる今年、FUJI ROCK FESTIVAL '18の最終日7月29日(日)のヘッドライナーとして出演することが発表されている。ソニーミュージックグループ自社一貫生産アナログレコードの洋楽第2弾『追憶のハイウェイ61』は、ノーベル文学賞受賞後初となる来日、日本での公演数101 回?の公演となるフジロック初参戦、その記念すべきライヴの来日記念盤となる。

(ボブ・ディランはその後『フリーホイーリン・ボブ・ディラン』『ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム』『ブロンド・オン・ブロンド』を随時発売予定)

【収録曲】
SIDE A
1. ライク・ア・ローリング・ストーン
2. トゥームストーン・ブルース
3. 悲しみは果てしなく
4. ビュイック6型の想い出
5. やせっぽちのバラッド
SIDE B
1. クイーン・ジェーン
2. 追憶のハイウェイ61
3. 親指トムのブルースのように
4. 廃墟の街
(メーカー・インフォメーションより)





1件中 1-1件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて