2.5次元舞台・ミュージカル特集

アニメ・漫画・ゲーム 原作舞台を集めました!

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学vs立海

東京・大阪・愛知・福岡・宮城
7/14(金)〜10/1(日)

【STORY】3rdシーズン始動!新たな時代が幕を開ける!!
テニスの名門校・青春学園中等部(青学)に入学してきた越前リョーマは、アメリカJr.大会4連続優勝の経歴を持つ、テニスの天才少年。強豪揃いのテニス部で、その圧倒的な強さとテニスセンスを武器に、異例の1年生レギュラーとして活躍していた。 激戦区の都大会で優勝し、関東大会緒戦で前年度の都大会優勝校・氷帝学園中等部と対戦。勝利を収めるも、跡部との激闘の末に肩を痛めた手塚は、治療のため九州へ。部長不在となった青学せいがくだが、続く緑山戦でも快勝し見事全国大会行きを決めた。そして準決勝で六角中に勝利し、決勝へと進む。相手は、全国三連覇を目指す王者・立海大附属。部長の幸村不在の中、無敗を誓う真田をはじめ、コート上の詐欺師・仁王とレーザービームを得意技とする柳生のダブルス、唯一の2年生レギュラーの切原など、一人一人が全国レベルの実力を持つ。 関東大会決勝戦―。今、戦いの火蓋が切って落とされる…。

©許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト
©許斐 剛/集英社・テニミュ製作委員会

舞超体感ステージ『キャプテン翼』

東京・8/18(金)〜9/3(日)

サッカー漫画の名作が遂に舞台化決定!!
世界初を実現! 最先端のインタラクションテクノロジーが五感を刺激する舞台!

©高橋陽一/集英社
©超体感ステージ「キャプテン翼」製作委員会

舞台「四月は君の嘘」

東京・8/24(木)〜9/3(日)
大阪・9/7(木)〜10(日)

【STORY】『ヒューマンメトロノームとも揶揄された正確無比なピアノ演奏
『幼少から数多くのコンクール優勝』そんな過去を持つ天才ピアニスト有馬公生は母親の死をきっかけにピアノの音が聞こえなくなり演奏から遠ざかっていた。 公生を心配する幼馴染みの澤部椿や渡亮太と学生生活を送り新学期になった四月———公生は同じ年のヴァイオリニスト宮園かをりと出会う。 かをりとの日々はモノクロの心をカラフルに色付け公生の世界を変えてゆく。ある日、かをりはヴァイオリンコンクールのピアノ伴奏に公生を指名。 再び鍵盤に触れたことで公生の中に新たな感情が芽生える。 友人、ライバル、恩師と過ごす春夏秋冬は美しくも切ない嘘の物語を紡ぎ出す。「もうすぐ春が来る、君と出会った春が来る」

舞台「煉獄に笑う」

東京・8/24(木)〜9/3(日)
大阪・9/8(金)〜10(日)

【STORY】時は天正、戦国乱世の真っ只中。 300年に一度、日ノ本(ひのもと)最大の湖・琵琶湖に甦るといわれる伝説の化物「大蛇(おろち)」。その「大蛇」には絶大な力が宿るという言い伝えがある−時の武将たちは、それぞれに、大蛇の絶大なる力を追い求めていた。
織田家家臣・羽柴秀吉の命を受け、大蛇に繋がる髑髏(どくろ)鬼灯(ほおずき)の謎に挑む小姓・石田佐吉(後の石田三成)。大蛇に関わりがあるとされる曇(くもう)神社八代目当主・曇(くもう)芭恋(ばれん)と阿国(おくに)を巻き込んで、織田家の対抗勢力、伊賀・百地家当主・百地(ももち)丹波(たんば)との一戦を向かえる−

©舞台「煉獄に笑う」製作委員会

アイ★チュウ ザ・ステージ 〜Stairway to Etoile〜

大阪・8/25(金)〜27(日)
東京・9/6(水)〜10(日)

【STORY】アイドルの卵を育成する「エトワール・ヴィオスクール」に通う、アイドルになっていく途中の「アイチュウ」たち。その三期生のF∞F、Twinkle Bell、I♥B、ArS、そして特別ゲストとして二期生の華房心が、会場のお客さんのリアル投票によってその順位が決まる、新人アイドルコンテストに参加することになる。優勝者にはオリジナル曲が贈られるという。仲間同士で競うのは嫌だと思う星夜だが、トップアイドルになるためには通らないといけない道だと自分を奮い立たせる。ところが、その新曲の手書きの楽譜が会場内で紛失!楽譜はどこへ?優勝は誰の手に?!どうなるこのコンテスト!!!

テイルズ オブ ザ ステージ −最後の預言(ラストスコア)−

大阪・8/30(水)〜31(木)
東京・9/5(火)〜6(水)

人気RPG『テイルズ オブ』シリーズ初の舞台化!
『テイルズ オブ』シリーズ10周年記念作品「テイルズ オブ ジ アビス」を題材にした横浜アリーナでの舞台を皮切りに、『テイルズ オブ』シリーズの新たな挑戦がはじまる! 東京・大阪公演では新たな演出を加え、ここでしか見ることのできない、キャラクターそれぞれの目線でのリアルな描写や、主人公のルーク・フォン・ファブレが葛藤しながら成長していく姿を、2時間を超える公演の中で、しっかりと描いていきます。 「ジ アビス」の核心に迫る壮大なストーリーに、ご期待ください!

©藤島康介
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

舞台「メサイア−悠久乃刻−」

東京・8/31(木)〜9/10(日)
大阪・9/22(金)〜24(日)

こんな日が来ると、思わなかった
僕らは立ちすくむ
悠久と終焉の白いはざまで

ダイヤのA The LIVE X

兵庫・9/7(木)〜10(日)
広島・9/12(火)〜14(木)
福岡・9/17(日)〜18(月・祝)
東京・9/20(水)〜24(日)

主人公の沢村栄純が、野球の名門校である青道高校で甲子園出場を目指し、奮闘しながらもエースを目指して成長していく姿を描いた『ダイヤのA』。現在、週刊少年マガジン(講談社)で『ダイヤのA act2』が連載されている人気作の舞台版『ダイヤのA The LIVE』のシリーズ5作目の上演が早くも決定した! 今回は、ついに西東京地区大会決勝戦に進んだ青道高校が、王者の稲城実業高校と甲子園出場をかけた戦いを繰り広げる。これに伴い、稲城高のキャプテン・原田雅功が初登場。また、脚本・演出がこれまでシリーズを手掛けてきた浅沼晋太郎が降板し、御笠ノ忠次が登板するなど変化も起きている。その中でどんな戦いが待つのか、ぜひ劇場で目撃して!

©寺嶋裕二・講談社/「ダイヤのA」The LIVE V 製作委員会

『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』〜Judge of Knights〜

東京・9/7(木)〜18(月・祝)
神戸・9/22(金)〜24(日)

2015年4月にリリースされたスマートフォン向けゲームアプリを原作に、昨年6月に初演。“私立夢ノ咲学院”を舞台に、アイドルの原石である個性豊かな若者たちの成長を描いた人気作のシリーズ第3弾『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』〜Judge of Knigts〜の上演が決定した! この最新作では満を持して華麗な騎士道ユニット、Knightsのキャスト5名が集結。内部粛清のために提案された対決形式のライブ“ジャッジメント”で、Knightsのリーダーである月永レオ率いる“ナイトキラーズ”に挑むことになる。本番中に彼らのライブパフォーマンスを観客が応援するという演出も楽しみな本作を、ぜひ会場で!

©2016 Happy Elements K.K/あんステ製作委員会

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」"進化の夏"

東京・大阪・兵庫・福岡
9/8(金)〜10/29(日)

【STORY】幼い頃に見た“小さな巨人”に魅せられ、バレーボールを始めた少年・日向翔陽。 しかし憧れの烏野高校排球部に入部した彼を待ち受けていたのは、中学最初で最後の試合で惨敗した天才プレイヤー・影山飛雄の姿だった。最初は反目し合っていた二人だったが、様々な困難を前に少しずつ互いを認め合っていく。インターハイ宮城県予選で青葉城西高校に接戦の末に敗北した烏野高校は春高予選に向けて再び動き始める。 そして次なる舞台は夏に行われる音駒高校、梟谷学園高校との東京合宿。 強豪校たちとの戦いの中で烏野高校はいかに成長を遂げるのか。
ボールを落としてはいけない、持ってもいけない。3度のボレーで攻撃へと“繋ぐ”球技、バレーボール。今、進化の時を迎える。

©古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会

超!脱獄歌劇「ナンバカ」

東京・9/14(木)〜24(日)

舞台は、海上に浮かぶ孤島にして、難攻不落の巨大刑務所“南波刑務所”。
そこで脱獄を目論む、個性豊かな4人の囚人。そして、彼らの脱獄を阻む最強看守たち!
歌にアクションに多彩な演出で贈る、最高にピュアでおバカな奴らの物語が、今年9月いよいよ開幕!

©超!脱獄歌劇「ナンバカ」製作委員会2017

學蘭歌劇『帝一の國』―大海帝祭―

東京・8/11(金)〜13(日)

ついに、この時が・・・!
學蘭歌劇『帝一の國』ライヴ開催決定!!
大海帝祭、開國!


©古屋兎丸/集英社

「少女☆歌劇 レヴュースタァライト ―The LIVE―」#1

東京・9/22(金)〜24(日)

お持ちなさい あなたの望んだその星を「スタァライト」――それは世界中から愛される歌とダンスの「レヴュー」。その舞台に心を奪われた「華恋」と「ひかり」は幼い日に約束を交わす。「いつか必ず――二人であの舞台に立とうね!」時は流れ、約束を胸に日々レッスンに励む「愛城華恋(あいじょうかれん)」、16才。そこに転校してきたのは、幼い日に別れた「神楽(かぐら)ひかり」だった。再会を機に動きだす運命。 幕を開ける、不可思議なオーディション。『トップスタァに、なりたいですか?』合格者に与えられるのは、輝きを独占するトップスタァの座。それを手にできるのは、舞台の上で演じられるバトルロイヤル―― 「レヴュー」を制した、ただ一人。華恋とひかり、そして選ばれし「舞台少女」達が、己の夢をかけて謎のレヴューに参加する。ほとばしる夢。燃えさかる情熱。譲れない夢。 「たとえ、あの娘と戦うことになっても――!」喜劇と悲劇が交錯する『レヴュースタァライト』――ここに開演!

©Project Revue Starlight

舞台「KING OF PRISM −Over the Sunshine!−」

大阪・11/2(木)〜5(日)
東京・11/8(水)〜12(日)

脚本は劇場版に引き続き青葉 譲が担当。出演は橋本祥平(一条シン役)、小南光司(神浜コウジ役)、杉江大志(速水ヒロ役)、大見拓土(仁科カヅキ役)を筆頭に、横井翔二郎(太刀花ユキノジョウ役)、長江崚行(香賀美タイガ役)、村上喜紀(十王院カケル役)、五十嵐雅 (鷹梁ミナト役)、星元裕月(西園寺レオ役)、廣野凌大(涼野ユウ役)等、豪華キャストが出演いたします。ステージでは、劇中歌にもなった数々の人気楽曲の歌唱も予定されており、歌、ダンスによる「キンプリ」の世界がステージでもお楽しみいただけます。

©T−ARTS/syn Sophia/エイベックス・ピクチャーズ/
©タツノコプロ/「KING OF PRISM-Over the Sunshine!-」製作委員会2017

64件中 1-64件を表示
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて