2.5次元舞台・ミュージカル特集

アニメ・漫画・ゲーム 原作舞台を集めました!

ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」〜暁の調べ〜

東京・5/19(金)〜6/4(日)
大阪・6/16(金)〜22(木)
東京凱旋・7/29(土)〜8/6(日)

全世界での累計発行部数が2億部を超えるなど、連載終了後の現在も国内外で高い人気を誇る漫画『NARUTO-ナルト-』を原作にした舞台『ライブ・スペクタクル NARUTO-ナルト-』。2015年3月に舞台化され、2016年に再演、さらにはワールドツアーを敢行。アクロバティックなパフォーマンスやプロジェクションマッピングなどの映像を駆使した演出が話題を呼んでいた。その注目舞台の最新作の上演が決定! 今回は前作のラストである終末の谷でのエピソードから、その先の物語を描く。うちはイタチらも登場するほか、新たに歌の要素も追加される。新たに紡ぎだされる感動をお見逃しなく!!

©岸本斉史 スコット/集英社©ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」製作委員会2017

舞台『東京喰種』新作

東京・6/29(木)〜7/4(火)
大阪・7/8(土)・9(日)

「あんていく」で働き始めたカネキの前に、“美食家(グルメ)”と呼ばれる喰種・月山習が現れた。月山を警戒するトーカは、カネキに「あいつとは関わらない方がいい」と釘を刺す。しかし、月山はカネキの特殊な「におい」に目をつけ、再び接触を図る。誘われるがまま、「喰種レストラン」へと足を運ぶカネキ。その先で見たのは、衝撃的な“喰種”の世界だった。
一方、カネキとの戦いで怪我を負ったニシキは、傷が癒えず苦しんでいた。傍に寄り添うのは、人間の恋人・貴未。ヒデを殺そうとしたニシキを知るカネキは、疑問に思う。人間を食い物としてしか見ていなかったニシキにとって、彼女はどういう存在なのか?
“人間”と“喰種”、二つの世界に触れていくカネキ。彼の眼に映るのは絶望か、それとも―――。

©石田スイ/集英社©舞台『東京喰種トーキョーグール』製作委員会

舞台『刀剣乱舞』 義伝 暁の独眼竜

東京・京都・福岡
6/1(木)〜7/14(金)

名だたる刀剣を擬人化した“刀剣男士”というキャラクターを育成するという、大人気刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」。女性を中心に刀剣ブームを巻き起こすなど、高い人気を博しているゲームを原作にした舞台版の最新作「義伝 暁の独眼竜」の上演が決定した! 前作「虚伝 燃ゆる本能寺」から三日月宗近(鈴木拡樹)、山姥切国広(荒牧慶彦)、燭台切光忠(東啓介)、鶴丸国永(健人)、小夜左文字(納谷健)が続投。そして今回は新たに、大倶利伽羅(猪野広樹)、太鼓鐘定宗(橋本祥平)、歌仙兼定(和田琢磨)の3振りが登場することから、伊達正宗にまつわるエピソードが描かれることになりそうだ。歴史好きも楽しめる舞台へぜひ!

©舞台『刀剣乱舞』製作委員会

アイ★チュウ ザ・ステージ 〜Stairway to Etoile〜

大阪・8/25(金)〜27(日)
東京・9/6(水)〜10(日)

アイドルの卵を育成する「エトワール・ヴィオスクール」に通う、アイドルになっていく途中の「アイチュウ」たち。その三期生のF∞F、Twinkle Bell、I?B、ArS、そして特別ゲストとして二期生の華房心が、会場のお客さんのリアル投票によってその順位が決まる、新人アイドルコンテストに参加することになる。優勝者にはオリジナル曲が贈られるという。仲間同士で競うのは嫌だと思う星夜だが、トップアイドルになるためには通らないといけない道だと自分を奮い立たせる。ところが、その新曲の手書きの楽譜が会場内で紛失!楽譜はどこへ?優勝は誰の手に?!どうなるこのコンテスト!!!

超体感ステージ『キャプテン翼』

東京・8/18(金)〜9/3(日)

サッカー漫画の名作が遂に舞台化決定!! 世界初を実現! 最先端のインタラクションテクノロジーが五感を刺激する舞台!

©高橋陽一/集英社©超体感ステージ「キャプテン翼」製作委員会

「錆色のアーマ」

東京・大阪
6/8(木)〜6/25(日)

戦乱の世を舞台に、天下統一を夢見た男たちが、企み、惹かれ合い、裏切り、葛藤するそれぞれの生き様を実際の史実に基づいた、完全オリジナルストーリーで描く本作。 銃の才と戦術に長けた南蛮の血を引く青き目の山の衆で、信長に才能を買われ侍従となる孫一(まごいち)役に、EXILE最年少パフォーマーとして活躍する傍ら、数々のドラマや映画、ミュージックビデオなどに出演し、高い演技力でも評価を得ている佐藤大樹、日本人であれば誰もが知る、冷静冷酷さで知られる戦国武将である織田信長役を、洋画・アニメ・ゲームを中心に声優としてその存在感を発揮し、俳優としても活躍している増田俊樹が務める。 それぞれの分野の第一線で目覚ましい活躍をみせている彼らが、初共演でW主演!異色のタッグで、新プロジェクトの幕開けに挑む!!

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“勝者と敗者”

東京・宮城・大阪・福岡・東京凱旋
3/24(金)〜5/7(日)

≪ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」とは≫ 集英社「週刊少年ジャンプ」にて絶賛連載中の大人気バレーボール漫画「ハイキュー!!」を舞台化した作品。 2015年11月に初演、2016年4月に再演 "頂の景色"、2016年10月に"烏野、復活!" を上演し、各地で熱狂を巻き起こした。 新作“勝者と敗者”はシリーズ3作目となる。 さらなる進化を遂げる演出で演劇の "頂" に挑み続ける!!

© 古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会

舞台「黒子のバスケ」OVER-DRIVE

東京・
6/22(木)〜7/17(月・祝)

《STORY》中学時代「キセキの世代」幻の6人目(シックスマン)と呼ばれた選手・黒子テツヤは、誠凛高校バスケ部に入部し、天賦の才能をもつ相棒・火神大我と出会う。ふたりの活躍により快進撃を続けた誠凛だが、予選決勝リーグで桐皇学園に惨敗し、インターハイへの挑戦を終えた。ウインターカップに向けて再始動した誠凛バスケ部に、怪我で休部していた木吉鉄平が復帰。 改めて打倒「キセキの世代」を誓い、夏合宿で個々の課題克服と実力アップに励んだ黒子たちは、インターハイ準決勝海常VS桐皇学園の試合を観戦しさらに奮起する。そして始まるウインターカップ都予選。秀徳との再戦。そして木吉たち2年生にとっては因縁の相手となる花宮 真率いる霧崎第一と激突する――!

©藤巻忠俊/集英社・舞台「黒子のバスケ」製作委員会

42件中 1-42件を表示
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて