【映像】バーンスタイン&バイエルン放送響/ワーグナー:『トリスタンとイゾルデ』


ご購入はこちら

バーンスタインが1981年バイエルン放送響と行った演奏会形式の『トリスタンとイゾルデ』
デジタルリマスターされ遂に映像商品化!日本語字幕付き


バーンスタイン生誕100周年を機に、遂に! ブルーレイとDVDで発売されることになった1981年バイエルン放送交響楽団との『トリスタンとイゾルデ』。この演奏は、1981年におよそ一年かけて一幕ずつ3回に分けて演奏会形式で上演され、PHILIPSレーベルから録音が発売されると、バーンスタイン晩年特有のテンポ感をあらわすような、全曲266分超という演奏時間の長さや、ただならぬバーンスタインの巨大なエネルギーに満ちた壮絶な演奏で大変な話題となりました。また、バーンスタインと対極をなす巨匠カール・ベームは、亡くなるその年に聴いたこの演奏について「ワーグナーが意図するままの演奏であった」と賛辞を述べたといい、今日でも決して色あせない深い感銘を与える演奏です。
 この演奏会はテレビ放映もされ、映像化も待ち望まれていましたが、この度デジタルリマスターされブルーレイとDVDで発売されることになりました。この演奏では、当時最高峰のワーグナー歌手たちが集結しています。トリスタンは、当時ヘルデンテノールとして絶頂期を迎えていたペーター・ホフマン。晩年は病と闘いながらの音楽活動でしたが、ここでは神々しく輝かしいホフマンの姿をみることができます。イゾルデは、『サロメ』でカラヤンに発掘され、この録音で一気に知名度をあげたソプラノ、ヒルデガルト・ベーレンス。まだ若々しさを感じる魅力的な歌声で聴かせてくれます。(輸入元情報)

【収録情報】
● ワーグナー:『トリスタンとイゾルデ』全曲(演奏会形式上演)


 ペーター・ホフマン(トリスタン)
 ヒルデガルト・ベーレンス(イゾルデ)
 イヴォンヌ・ミントン(ブランゲーネ)
 ベルント・ヴァイクル(クルヴェナール)
 ハンス・ゾーテン(マルケ王)
 ヘリベルト・シュタインバッハ(メロート)
 ハインツ・ツェドニク(牧童)
 トマス・モーザー(水夫)
 ライムント・グルムバッハ(舵手)
 マリリーズ・シュプバッハ(イングリッシュホルン)
 ゲティング・チャンドラー(ホルツトロンペーテ)
 バイエルン放送合唱団
 バイエルン放送交響楽団
 レナード・バーンスタイン(指揮)

 舞台装置・衣裳:ゲルト・クラウス
 映像監督:カールハインツ・フンドルフ

 収録時期:1981年1月13日、4月27日、11月10日
 収録場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール(ライヴ)

 収録時間:291分
 画面:カラー、4:3(デジタルリマスター)
 原語:ドイツ語
 字幕:独英仏西伊韓日
4件中 1-4件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて