ノヴォヴィウィスキ:マロヴァンキ、クロル・ヴィチロウ

ノヴォヴィウィスキ:マロヴァンキ、クロル・ヴィチロウ
セバスティアン・ペルロフスキ&シンフォニア・ヴァルソヴィア


フェリクス・ノヴォヴィエイスキは、音楽学校で作曲、ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、ホルン、オルガンを学び、1893年にオルシュティンとプロイセン連隊のオーケストラや、軍楽隊のために作曲してから多くの作曲を行いはじめ、数々の作曲賞を受賞。1909年よりクラクフ芸術協会の芸術監督を務め、第一次世界大戦中はベルリンで働き、1914年にポズナンに移り住みオーケストラと合唱団を結成し多くの作曲を行い、演奏を行いました。1946年の彼の葬式は国家的なものとなったそうです。しかしながらその後の作曲家(ラヴェルやストラヴィンスキーなど)の名前により、彼の古典的な音楽は全く演奏されなくなり、名前さえ忘れられてしまいます。彼の音楽の最も著名な研究者でさえ、彼のバレエ音楽は永遠に失われたと信じていました。しかしそのスコアは2014年に発見され、作曲家の息子、ヤン・ノヴォヴィエイスキのもとで慎重に復元され、再編集されました。(輸入元情報)
2件中 1-2件を表示
50件 100件 200件
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて